スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープ球団の問題の本質は決して書かずガス抜きに奔走する中国新聞

大本営こと中国新聞が「日本一の男たち~赤ヘル1979」と題する企画を開始しました。

20151105 001

記事によりますと企画意図は次の通りです。

(引用開始)
 広島は今年も優勝出来なかった。戦力が整ったように映り、前評判も高かっただけに、「24年ぶり」を信じた地域とファンの落胆は大きい。
毎年繰り返される、勝負どころでの弱さ。一体何が足りないのか。79年、2度目のリーグ優勝を果たし、初めて日本一を勝ち取ったメンバーの記憶をたどり、勝つための処方箋を探る。
(引用終了)



読んだ瞬間、4年前に載った「カープV逸20年~私の提言」という企画の二番煎じだと直感しました。あの企画も結局は球団経営という本質的問題に触れることのない「ガス抜き企画」でしたが、今回の企画もカープOBに聞きまくるだけでカープという球団の根本的問題に触れることはなさそうです。

では本質的問題とは何か。ズバリ経営者のやる気の問題です。何故、カープは戦力が揃っても優勝出来ないのか。簡単な話です。選手を使う人間がダメだからです。そしてそういう監督コーチを起用するのは経営者の判断です。つまり松田元の経営責任です。

カープは「育成球団」を標榜してます。他ならぬ松田元が2011年の開幕前、中国新聞で

カープは愚直なまでに選手を育てて勝つ

と力説しています。

カープ・松田元オーナーの?????な発言とカープ打線、いまだ眠りから覚めず(幣ブログ)


それなら何故、優秀なコーチを外部から呼んでこないのか。という疑問を、中国新聞が松田元に対してぶつけることは絶対にありません。指導者を外部から呼ばない本当の理由は「金が掛かるから」の一点につきますが、そういう本質的問題について中国新聞が書くことはありません。

更に言うと1979年と今のカープの決定的な差、それは「経営者の資質」です。松田耕平オーナーはカープを強くする為には投資を惜しみませんでした。直ぐには実を結びませんでしたが1972年には初の海外キャンプを断行、同年にはカープ初となる外国人選手の獲得、翌73年にはカープOBではない別当薫監督の就任など。
そして何より有名なのは初優勝の75年には日本球界初となるメジャーリーグ出身監督であるジョー・ルーツの就任です。他にも黄金期には毎年のようにトレードを敢行し、血の入れ替えに努めました。

では松田元はどうか?そんな投資をしようとする気などサラサラありません。あるならとっくの昔にやっています。松田耕平オーナーの最大の失敗は松田元を後継者にしたことですね。

そもそも中国新聞と松田一族は「利益共同体」もっと言えば談合組織です。カープが松田家の同族企業であることは常識中の常識ですが、2011年度から中国新聞の山本治朗会長がカープ球団の取締役に就任しています。つまりカープと中国新聞の経営は一体の物ということです。松田家支持のお花畑カープファンがいくら擁護しようと松田家が中国新聞を牛耳っているのは客観的事実です。こんな具合ですから中国新聞がカープの経営者の暗部について書くことはありません。

そして一言。こんな記事を載せるということは余程、カープ球団や中国新聞社に対してカープファンから苦情が殺到している証拠です。しかし、それらの声がそのまま報道されることは間違ってもありません。シーズンが終了しても相も変わらず広島のマスコミはカープ報道で溢れてますが、同じようなお花畑報道ばかりで見てても何が面白いのか理解出来ませんね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

金儲けの名人・松田元が「中国文化賞」を受賞。恐らく中国新聞によるご褒美。

・松田家に奉仕する地域づくり
・「中国地方金儲け名人大賞」の松田元氏(広島東洋カープオーナー)


今年のカープは史上最多となる211万人の観客を集めたがチームは4位という惨憺たる結果に終わった。松田オーナーは
「これだけたくさんの観客が来て優勝しなかったので年俸を上げる必要がないので儲かって嬉しいよ、ガハハ!」
と喜びを隠さない。今年は黒田博樹投手と新井貴浩選手が復帰し開幕前から優勝が期待された1年だった。
「黒田効果でチケットもグッズも大売れした。その上、優勝しなかったので黒田の年俸4億円分は簡単に回収出来た」
と笑みを浮かべる。オーナー就任以降、最も嬉しかったのは新球場オープンだという。
「旧市民球場時代に比べて球団売上げは2倍に増えた。我が家の金庫の中は金がたまる一方だ」
と得意気に語る。来季は前田健太投手をメジャーリーグに放出する予定だ。
「今の為替レートでマエケンを売りに出せば24億円入る。そして年俸3億円も浮くことになる」
と期待を込める。さらに前田投手のメジャー移籍の場合はグッズも在庫一掃セールをするという。
「成績は低下しても観客が増えたのは地元メディアが提灯持ち報道に努めてくれたから。来年以降も取材拒否をちらつかしてマスコミを統制していく」
と強気に語る。松田家に奉仕するための地域づくりが今後のカープの目標だ。
「来年以降も金の掛かる優勝を目指さず、CS地元開催可能な2位を目標とする」
勝敗よりも商売優先のチーム作りを目指す。会長がカープの役員を務める中国新聞としても全面的にバックアップして行く予定だ。



勿論、上の記事はフィクションです。今朝の中国新聞に松田元が中国新聞主催の「中国文化賞」を受賞したと出ていました。

20151103 002

20151103 001


そりゃあまあ、中国新聞的にはカープ記事を書いて儲けさせてもらってますから感謝のしるしみたいなものでしょう。如何にマツダ一族と中国新聞が密接な関係にあるかの証拠です。もっともどうせなら

中国地方金儲け名人大賞

と銘打った方が良かったのでは?何しろプロ野球12球団一お金儲けの上手い経営者ですので。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

笑止千万!風通しを良くするためのコーチ人事?

カープの来年度のコーチ人事が発表されましたが評判は散々のようです。今年、優勝を逃してBクラスに転落したにもかかわらずコーチ入替や外部の大物コーチの招へいなどは殆どありませんでしたから。特に投手コーチは畝が来年も続投です。お先真っ暗で絶望的な感情しか湧きません。

そして本日の「中国新聞」にはコーチ人事の意図について以下のように書いてあります。


DSC_0345.jpg

(引用開始)
〈解説〉 同世代集め 風通し良く
広島の新体制は「風通しの良さ」がテーマとなった。「首脳陣同士が遠慮せず、意見を言い合える関係が大事」と鈴木球団本部長。監督の同世代のコーチを多く集め、滑らかなサポート体制を整えた。
(引用終了)



もう笑止千万ですね。「風通し良く」「意見を言い合える関係」と言うのなら他球団のようにコーチ選任の権限を監督に渡せばいいのです。何故、それをしないのか。理由は簡単。金が掛かるからです。

そもそもカープが「風通しが悪い」元凶は他でもない松田元です。こういう記事を載せること自体、松田元がファンからの批判を恐れている証拠です。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

松田元がプロ野球から追放される可能性はあるのか?


NPB、広島カープのオーナーを永久追放 敗退行為の疑い(NHKオンライン)

NPB(日本野球機構)の熊﨑勝彦コミッショナーは、敗退行為を行なったと内部告発されていた広島東洋カープの松田元オーナーをプロ野球から永久追放すると発表しました。事の発端は広島カープの元球団職員が「松田オーナーが敗退行為を選手やコーチらに指示した」とNPBに告発したことにあります。

元球団職員のA氏は在職中だった2014年と2015年、松田オーナーが球団職員に対し「優勝なんかされたら選手年俸を上げないといけないのでワシらの儲けが減る。CSの地元開催が出来る2位を目指すよう選手やコーチにも厳しく言っておいた」と話しているのを聞きました。

その後、A氏は選手らに確認すると「オーナーからそういう指示があった」と聞きました。A氏は以前から球団の利益優先の経営姿勢に疑問を抱いていたということです。そしてカープが2年続けて優勝を逃すと地元ファンからの抗議電話が球団事務所に殺到するようになり職員は対応に追われ業務にも支障を来すようになりました。このことからA氏は球団を退職しオーナーの発言をNPBに告発することを決心した、ということです。

告発を受けたNPB事務局では調査委員会を結成し、調査を進めて来ました。その結果、多数の関係者の証言から松田オーナーの発言が事実であることを確認し、コミッショナーに報告しました。そして熊沢コミッショナーは本日、松田オーナーの発言は野球協約で定める「敗退行為」に該当すると認定し、野球界からの永久追放処分を決定しました。プロ野球界の憲法ともいうべき野球協約。この177条では関係者による敗退行為を禁止し、これがあった場合にはコミッショナーは実行者を永久追放処分にすること、と定めています。

では何故、このような事件が起こったのでしょうか。背景としてこの元球団職員は、カープは松田オーナーの一族が所有する同族企業であり、物を言えない体質があった、と語りました。また広島のマスコミ関係者への取材では、地元メディアがカープについて報道する時は全て松田オーナーが内容を事前チェックしておりオーナーの意にそぐわない報道をすると取材拒否に遭う危険性があった、とのことです。


勿論、上記の文章はフィクションですが、可能性が皆無とは言えません。何故なら、あくまで噂レベルですが松田元は野球協約が禁止する敗退行為を行なっている疑いがあるからです。

野球協約(2015年度版)

第18章 有害行為

第177条 (不正行為)

1 選手、監督、コーチ、又は球団、この組織の役職員その他この組織に属する個人が、次の不正行為をした場合、コミッショナーは、該当する者を永久失格処分とし、以後、この組織内のいかなる職務につくことも禁止される。
(1)所属球団のチームの試合において、故意に敗れ、又は敗れることを試み、あるいは勝つための最善の努力を怠る等の敗退行為をすること。
(2)前号の敗退行為を他の者と通謀すること。
(3)試合に勝つために果たした役割、又は果たしたと見做される役割に対する報酬として、他の球団の選手、監督、コーチに金品等を与えること、及び金品等を与えることを申し込むこと。
(4)試合に勝つための役割を果たした者又は果たしたと見做される者が、その役割に対する報酬として金品等を強要し、あるいはこれを受け取ること。
(5)作為的に試合の勝敗を左右する行動をした審判員、又は行動をしたと見做される審判員に対し、その報酬として金品等を与えること、又はこのような申し入れをすること。
(6)所属球団が直接関与する試合について賭をすること。

2 前項の規定により永久失格処分を受けた者であっても処分後15年を経過した者でその間善行を保持し、改悛の情顕著な者については、本人の申し出により、コミッショナーにおいて将来に向かってその処分を解くことができる。

3 前項の規定により処分を解かれた者が、選手として復帰を希望するときは、第76条所定の
手続によらなければならず、かつ、第78条第1項の規定に従うものとする。


広島では松田元が「優勝なんかされたら金がかかって困る」と発言したと盛んに噂されています。またカープの某OB選手も同様の証言をしています。もしこの発言が事実であるならば上記の敗退行為に該当します。そして球団職員や選手等の内部告発があれば野球界からの永久追放の可能性も有り得ます。

個人的には巨人の選手の賭博問題より、こちらの方が大問題かと思います。何しろこちらは経営者が先頭に立っての組織ぐるみの八百長行為ですから。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

今年のカープのドラフトは「まあまあ」で80点。

先週木曜日ですがプロ野球のドラフト会議がありました。カープは7巡目まで指名しました。結論から言うと補強ポイントは抑えていて「まあまあで80点」のドラフトだったのではないでしょうか。


プロ野球:ドラフト会議2015(スポーツナビ)



少なくとも今後のカープにとっては必要な補強ポイントの選手を獲得しています。

1・2巡目…大学及び社会人の即戦力投手。前田健と黒田の流出に対応。
3巡目…高卒左腕。カープに足りないサウスポー。
4巡目…社会人捕手。意外にもカープは若い捕手が不足。
5巡目…社会人内野手。菊池と田中のバックアップ要員。
6巡目…社会人左腕。これもカープに足りないリリーフ左腕。
7巡目…高卒内野手。これもカープに足りない大砲タイプ。

個人的には明治大の上原を獲って欲しかったですがやはり、現時点では1位指名するほどの選手ではなかった、という評価なのでしょう。

又は「貧打解消のため、もっと打者を獲るべきだった」という意見もあるようですが、カープに必要なのは大砲タイプの選手。しかしこの手の選手は育成までに時間がかかり、1年目から長打連発、ということは期待出来ません。大砲タイプの選手は来年ではなく数年後を見据えて指名すべきでしょうね。

なおドラフトというのはあくまで将来の為の「投資」であり「補強」ではないことを強調しておきます。本気で来年、優勝を狙うのであれば新外国人、FA、トレードなどの補強が必要です。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。