スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神電鉄は村上世彰に買収されるべきだった

今日のニュースで久々に村上世彰の名前を聞いた。
村上ファンド元代表の村上世彰に東京高裁で懲役2年、執行猶予3年の判決が出たとのことだ。
村上世彰被告に執行猶予付き判決、東京高裁「実刑重すぎる」(読売新聞)
村上被告に猶予付き判決 インサイダー事件で一審破棄(朝日新聞)

さて、村上世彰といえば、野球ファンにとっては2005年に阪神タイガースの親会社である阪神電鉄の買収を図ったことであまりに有名である。結果は阪神ファンを敵に回したことで関西系マスコミのバッシングにあい、とん挫した。

というより、野球協約上、オーナー会議の承認のない者は球団を保有してオーナーになることは不可能であるから、阪神電鉄株を買い占めたところで何も出来るわけではない。

私は村上やホリエモンのようなマネーゲーム信者を支持するつもりはない。が、プロ野球界の以上に体質に風穴を開けるという意味では、阪神は村上に買収されたほうが良かったと思う。いや、買収すべきであった。

プロ野球に人気球団のもっとも傲慢な点は、自分たちが他人を買収するのはいいが、自分らがされるには嫌だと、こんな厚顔無恥なことを公然という点にある。特に、阪神という球団は、その傾向が強い。表向きは巨人の金満野球や村上のようなファンドを批判するが、現実にはわが広島カープのような地方球団を食い物にし、ファン自体がそういうことを堂々と肯定しているなど、欺瞞に満ちた体質を持っている。

こんなことをいうと、身内であるカープファンからも「いつまで昔のことを言うのか」という人がいるが、認識が甘い。今の野球界というのは人気球団が勝てさえすればメディアは儲かるのであり、広島のような地方球団は蔑にされているという事実に気が付くべきだろう。

プロ野球界の異常な体質を明らかにするという意味では、阪神電鉄は村上ファンドに買収されたほうがよかったのである。いや、これからでも買収されたほうがいい。

にほんブログ村 トラコミュ 広島東洋カープへ
広島東洋カープ
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 野球ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。