スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マエケンのメジャー移籍濃厚な来季…投手の補強が必要ではないのか?

今年のカープは支配下登録選手中、14人が退団しました。FA宣言した木村昇吾も退団濃厚ですので合計15人が退団することになります。一方、ドラフトでは7人を指名し新外国人のプライディーも獲得、更には育成枠の辻、久本、中村亘佑が来季は支配下登録されますので11名が加わることになります。それでも4名は余裕があります。

現時点でカープの保有選手は54人。これに来年度加入する11名を足しても65人。まだ支配下選手枠70人には5人の余裕があります。現時点で球団は三塁手とクローザータイプの2人の外国人選手を探しているようですが、それでも3人の余裕があります。

来季のチーム編成で最大の問題は何と言っても前田健太のメジャー移籍です。報道によりますと球団はポスティング移籍を容認する方針のようですから移籍は濃厚です。そして場合によっては黒田の引退も有り得ます。それを考えると何と言っても投手の補強が必要なはずです。

しかしカープの経営者はそのような危機感は希薄なようです。何しろあれほど「サウスポーがいない」と言われて来たにもかかわらず、ドラゴンズからFA宣言した高橋聡史に対して獲得表明すらしませんでしたから。しかも高橋は今季年俸が3000万円、年俸順位もCランクですので補償金不必要の選手です。

マエケンそして黒田の穴埋めをしようと思えば何が何でも投手の大量補強が必要なはず。戦力外でもロートル選手でも何でもいいしトレードでもすればいい。1試合でも抑えてくれる投手ですら欲しいところです。しかしカープの経営者にはそんな危機意識は無いようです。何しろ大竹がFAでジャイアンツに移籍した時も新人の大瀬良で穴埋めしたぐらいですから(結果的には成功しましたが、いつも上手く行くとは限りません)。

恐らく今回もドラフトで大卒と社会人投手を獲得出来たのでそれでマエケンと黒田の穴埋めをしようと考えているようです。松田元というのはカープの優勝よりもそろばん勘定の方が大事なようです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近のカープもファン不在・金満球団になりつつあるようですi-231

黒田に6億円?なにそれi-230
プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。