スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FA資格の取得要件緩和で移籍を増やし出番のない選手に活躍の機会を。

今シーズン終了後、ジャイアンツの隠善智也が戦力外となり結局、そのまま引退となりましたが、それについて詳しい記事がありました。


“打率10割”で現役生活に幕 巨人・隠善、かなわなかった高橋由の“後釜”(フルカウント)

(引用開始)
引退を惜しむ声は多くあった。しかし、巨人を戦力外となった隠善智也外野手は決断した。

 2006年の育成ドラフト4巡目で入団し、2008年に支配下登録。高い打撃センスの持ち主で、将来を嘱望された。しかし、巨人の選手層は厚く、思うように出番をつかめなかった。他球団から獲得のオファーがあっても成立することなく、今年、31歳を迎えていた。

 体が万全だったなら、他球団での現役続行もあっただろう。確かに隠善は肩を痛めていた。それでもクライマックス・シリーズはバックアップメンバーとして、本拠地の東京ドームで練習していたほど。突然ともいえる戦力外通告だった。

「複雑な気持ちではいましたが、僕も新しいスタートを切らないといけないと思いました。次の人生へいいスタートを切りたい。現役にこだわりたいという思いもあり、悩みましたが、家族と話をして決めました」

 隠善には妻ともうすぐ3歳になる長女がいる。そのためにも早い決断が必要だった。球団職員のポストをもらったことで、自分への踏ん切りがついた。

「僕みたいな選手がドラフトにかかったことが驚きだった。(出身の)広島で決して高いレベルでやっていたわけではないですから。僕はプロで9年間はすごい経験をさせていただいた。感謝しています」

 とにかくバッティングがうまい打者だった。技術はチームトップクラス。どのようなコース、球種がきても崩されずに対応した。打撃練習を視察した長嶋茂雄巨人終身名誉監督がセンスに惚れ込んだこともあった。

しかし、なかなかチャンスがやってこなかった。2軍で打率4割近い成績を残しても、外野の枠の問題や強力なメンバーの存在で、隠善の出場機会は少なかった。やっと昇格しても代打からのスタート。2、3打席凡退してしまえば、チャンスはしばらくやってこない。ヒットを放っても長くチャンスはもらえなかった。ケガで離脱してしまうことも多かった。
(引用終了)



隠善の場合、ケガの多さもありましたが、記事にあるように選手層の厚さのため出場機会に恵まれなかった、という不運な面もありました。特にジャイアンツやホークスといった選手層の厚いチームの場合、若手選手が中々、出場のチャンスを得られない、ということもあります。。

そこで、もっとFA制度の要件を緩和してはどうかと思います。現在の制度では国内移籍の場合、年間の1軍登録日数が150日以上の年が高卒選手は8年、大卒・社会人は7年でFA資格を得られます。しかし、これでは2軍暮らしが長い選手は引退するまでFA資格を取得出来ません。以前より緩和されたとはいえ、事実上、FA制度は一流選手だけの特権と化しています。

高卒選手は8年、大卒・社会人は7年在籍すれば自動的にFA資格を得られて自由に移籍出来るようにすれば、出場機会のない選手が他球団へ移籍して出場機会を得ることも出来ます。実際、カープの一岡竜司はジャイアンツ時代は殆どが2軍の投手でした。しかし大竹の補償選手としてカープに来ることでカープではセットアッパーとして活躍しています。

カープファンにはカープがFAで選手を次々と獲られたという「被害妄想」と、松田元が儲け優先のため、FA選手獲得を拒否しているためFA制度の否定的な人が多いようです。しかし移籍が自由になればカープのように選手層の薄いチームはむしろ得するはずです。それはカープだけではなく球界全体の活性化につながります。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。