スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島市長選挙では堂々と「市民球場跡地はどうあるべきなのか」を問え。

既にご承知の通り、先月17日、サンフレッチェ広島の小谷野薫社長が今年4月の広島市長選挙に立候補することを表明しました。これに対して市民球場跡地へのスタジアム建設を願うサポーター・市民有志からは歓迎と期待の声が上がってますが案の定、「中国新聞」あたりは「スタジアム問題だけを争点にするな」だの「土砂災害復旧はどうした」だの、選手や関係者は困惑しているだの早速、ネガティブキャンペーンを開始しています。特定の候補だけを攻撃するとか偏向報道以外の何物でもなく、もはや報道機関としての倫理を逸脱してしてます。大体、スタジアム建設よりももっと金がかかるアストラムの延伸については何も批判しない時点でいかがわしい。広島市政と癒着している疑いが濃厚です。

そして先週28日(水)には広島市が市民球場跡地を屋根付きのイベント広場として整備する案を発表しました。これを見る限り、松井市長や御用マスコミは市民球場跡地の問題を争点化されることに相当な焦りを感じており、早くこの問題を終わらたいのでしょう。そもそも、松井市長を支持して来た自民党広島市議団は分裂していること、それから小谷野氏が立候補する場合、サンフレッチェの筆頭株主であるエディオンを始めマツダ、広島銀行など主要株主が支援する可能性があり、広島財界も一枚岩で松井支持ということは望めません。

ではスタジアム推進派はどうすればいいのでしょうか。堂々と「市民球場跡地はどうするべきか」を争点化すればいいのです。反小谷野派は市民球場跡地の問題を争点にしたくないわけですから、逆にそこを突けばいいのです。

初代市民球場は戦後復興の象徴だった、スポーツを通じてにぎわいを創り出す場所だった、だからその歴史を継承するために、この場所は「複合スタジアム」であるべき、と率直に訴えればいいのです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。