スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済専門誌の取材により「新球場移転で人件費が増加」というカープ球団の弁明が嘘であることが判明。

これは先月の記事になりますが経済専門誌である東洋経済オンラインがプロ野球12球団の本拠地を取材しました。その第1回はカープの本拠地、マツダスタジアムでしたが非常に興味深い記述があります。

カープ女子聖地は「ドケチ経営」でできている 第1回 マツダスタジアム広島の魅力とは?(東洋経済オンライン)

【旧広島市民球場時代の年商は概ね60億円前後だったが、新球場移転後は90~100億円規模へと大幅に増えた。新球場は、球場自体の所有者は広島市だが、球団が指定管理者になり、チケットやグッズの収入だけでなく、場内の広告看板収入や飲食収入が全て球団の収益となるよう変わったからだ。】

【球場サービスにもそのドケチ精神は生きている。チケット販売がアナログなのでたぶんシステムコストが他球団に比べてかかっていない。通路ごとに立っているチケットチェック係兼案内係は年配の人も多く、とにかく球場内のことをよく知っているし、何を聞いても広島弁で親切に教えてくれる。この人たちがほぼ全員地元のボランティアだ。



何と、球場スタッフの多くはボランティアだそうです。つまり新球場に移転したため人件費が大幅に増えた、とするカープ球団の説明が真っ赤な嘘であることが判明しました。以下の資料がその当時の弁明です。

中国新聞2010年3月26日

平成21年度広島市民球場運営協議会 会議要旨 6ページ(広島市HPより)

【会長:
本編資料3ページの(2)のカープ球団の経営状況ですが、2009年は売り上げが117億という大きな額になっている一方で、当期純利益がそれほどでもない理由はどこにあるのでしょうか。

委員: 一つは警備コストや試合経費が相当かかっています。球団としては常に黒字体質を維持したいということです。今回、マツダスタジアムに投資した金額の一部を前倒しで償却しています。したがいまして現実の数値とは若干違った形になっています。】



念のため、「東洋経済オンライン」編集部に問い合わせたところ、球団に対してキチンと取材したとのことですので間違いありません。

そして以前、私がこの件について追及したところ、ある人物から
「松田オーナーは新球場の設備投資を前倒しで返済したと言っているではないか。」
「三井物産への支払いもあるではないか」

とクレームが来ました。これについて一言。本当に松田元が言う通り、新球場建設時の設備投資の借入金22億円の返済が、利益が少ない原因であれば、今頃は利益が20億円ほど増加しているはずです。しかし球団の利益は毎年2~3憶円程度に過ぎません。つまり設備投資云々の話は全く根拠がありません。

それから三井物産の話ですが、私が広島市から入手した資料によると年間の球場の維持管理費は2億3千万円です。この中には人件費、警備費用、業者への委託費用等、全て含まれています。三井物産云々も理由にはなりません。この件については以前に投稿しています。

「清貧球団カープ」の俗論を徹底検証する5~球団が試合経費を大幅に水増し報告

そもそもカープ球団の経営状況に疑問を投げかける一ファンにクレームを付けるのもおかしな話です。本来、新球場建設に際してはカープ球団の経営透明化が要求されていたのであり、球団側が市民とファンに対して経営情報を開示しなければならないはずです。

新球場建設促進会議最終とりまとめ(4ページ)

【カープは、これまで以上のファンサービスや地域との連携の強化を図り、市民・県民により愛される球団となるよう努めるとともに、多くの関係者の協力により、新球場が建設されることを踏まえ、球団経営の透明化にも努める必要がある。】



言うまでもなく新球場建設促進会議の委員には松田元もおります。つまりこれは球団が市民に対して経営透明化を約束したのであり、それをいつまでも実行しないのは市民とファンに対する背信行為です。クレームを付けるのであればファンではなく約束を実行しない松田元に対して言うべきです。

さらにこんな記事も出ております。

カープ女子で経営安定の広島 マツダとの連携強化なら常勝か(NEWSポストセブン)

【マツダへの威光がなくなった創業家ゆえに、球団経営は死守すべき大事な稼ぎ頭ともいえるわけだ。しかし、「市民球団を名乗っている以上、松田一族がいつまでも私物化するのはおかしい」(カープファン)との批判も根強い。】

【「カープは選手の年俸総額が12球団中最低の20億円程度。徹底的なコストカットで安定した収益を叩き出す経営スタイルは確立できたが、マエケン(前田健太投手)の大リーグ移籍問題をはじめ、有望なスター選手がどんどん他チームに流れれば、人気を維持するのは難しい。
カネをかければいいという問題でもないが、球団の黎明期に地元の電力・電鉄会社やマスコミなどがこぞって出資していたように、多くの企業にスポンサー支援を仰いだほうが広島経済全体の活性化にもつながる」(スポーツ紙記者)】



カープが注目を浴びれば浴びるほど、球団経営に対する疑問の声は高まっています。カープの経営実態が世間にさらされるのも時間の問題でしょう。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。