スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープの3位転落で地元に9億円の損失。結局オーナー一族だけが利益を吸い上げる。

カープの経営者がインターネット上の書込みを監視しているというのは公然の秘密ですが、ここ数日、幣ブログを始めとして球団批判のブログには妨害の落書きが相次いでいるようです。そのような悪さをすること自体、世間の批判に怯えている証拠です。

さて一月前まではあれほど優勝だと騒ぎ、優勝逃した後も2位確保で地元CS開催だ、と言っていたら最後の2試合のカープは超満員の観衆の中、打てず守れずで力尽きました。

ところで、CSを地元開催した場合、広島に約9億円の経済効果があるというニュースが流れました。今週月曜夕方放送の広島ホームテレビのJステーションです。念のため申しますとこの番組、夕方6時15分からの放送なので放送時点ではカープの3位転落は判明しておりません。

20141006 001
20141006 002
20141006 003
20141006 004


さて、カープが3位に転落した結果、CS地元開催は無くなりました。遠方からの客もありません。本来、あるはずだった9億円の経済波及効果も消えました。つまりカープ球団は、

広島に9億円の損害を与えた

のです。実際、関東方面からの情報では広島行きのキャンセルが相次いだそうです。例のホテル・ヴィアイン広島は11日と12日は満室だったそうですが当然、大半がキャンセルでしょう。

あれほど優勝だ、CSだと煽りまくり球団史上最高となる190万人の観客を動員しながら、地元にはほとんど利益をもたらさず、儲かったのは松田元を筆頭とするオーナー一族だけでした。結局、広島市民はバカを見たことになります。地元の宿泊業者はカープ球団に損害賠償請求してもいいぐらいです。

ところで余りに突然の野村謙二郎「辞任表明」の真意について疑問を投げかける記事も登場しました。

野村監督今季限り 5年目「けじめつけた」(東京新聞)
(引用開始)
CSファーストステージの本拠地開催が懸かった6日のレギュラーシーズン最終戦(マツダ)で巨人に逆転負け。広島の野村監督は、表情をこわばらせて試合後のセレモニーに臨んでいた。この時、今季限りでの退任を覚悟したに違いない。
 球団にとって、数億円の収入が見込めるCSの本拠地開催は絶対に実現させなければならなかった。5日の試合が中止になると、先発が予告されていたエースの前田を翌日にも予告。CSファーストステージ第1戦が中4日の登板になることもいとわなかったほどだ。CS直前の退任発表は球団の怒りだった。

 松田オーナーの考えは、勝率5割が達成可能なチームを開幕時点で編成し、監督に託すというもの。16年ぶりにAクラス入りし、初めてCSに進んだ昨季も勝率は4割8分9厘でフロントの評価はそれほど高くなかった。

 「カープ女子」が話題になるなど、チームの人気が予想以上に高まったこともあり今季も続投。13年ぶりに勝ち越したものの、9月上旬の巨人戦で3連敗し、優勝争いから後退したことで評価は失墜した。

 選手やコーチとの関係は決して良好ではなかった。一部のコーチ以外、ほとんど会話はなし。数年前には投手コーチと相談せずに投手交代を球審に告げたため、準備をしていない投手が急きょ登板したことが何度もあった。ある主力選手は「采配ミスをしても絶対に謝らない。あの監督のために頑張ろうという気にはならない」と話していた。

 現役時代からチームの「顔」だという意識が強かった野村監督を、いさめるコーチがいなかったことも独善に拍車を掛けた。チーフ格のコーチは昨季が1学年下の高コーチで、今季は2学年下の緒方コーチ。まるで、「裸の王様」のような監督だった。 (堤誠人)
(引用終了)



「東京新聞」というのは広島のメディアではありませんから、しがらみがありません。だからこそ真相を書けるのでしょう。やはり今回の「辞任」騒動、CS地元開催を逃したうえ、広島に経済的損失まで与えたことから示しがつかなくなった松田元がノムケンに責任転嫁して解任したというのが真相ではないでしょうか。本来ならば経営者が責任を負うべきところですが、カープ球団は上から下まで責任転嫁がお好きな組織のようです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。
またまた失礼します。

この記事面白いですね。まあどこまで取材したのかは置いといても、昔から火のないところに何とやら…ですから(笑)
大野さんとの確執なんかは公然の事実ですしね。
あれも大野さんを一方的に見下してコーチらしいこと何もさせず投壊を招いたのは心あるファンなら誰でも知ってます。
それにしてもカープ報道における地元メディアの置かれている現状を思うとうすら寒ささえ感じますよ。
手足をもがれて書きたいことも書けない、書けば地元にいられない、ですか?
本当にあの一族には困ったものです。
普通に考えれば野球が好きなら勝ちたいですよ。負けたら腹が立つはずなんですけど(笑)
それがまず第一に小銭儲けが最初に来てますからねアノ方は。
だからオーナーとして尊敬されないんですよ。
金儲けは決して悪いことじゃない。勝って儲ける方法はいくらでもあると思うんですけどね。
メジャー志向の選手は立派に育ててどんどん出せばいいし、FAでビジネスするのもいいじゃないですか。
それで次々若い選手が活躍する場ができればファンだって納得するお思うんですがね。

どうも長々と失礼いたしました。
更なるご活躍を期待しております。

カープ球団がネットを監視しているというのは薄々感じていましたが、やはりそうでしたか。鯉速とかにオーナー批判、選手批判、監督批判を書き込むと袋叩き、数分後に削除されたのが数回。もう見ていませんが。鯉速はこれで金儲けをしているブログ屋なので仕方ないですが。
東京新聞の記事、納得です。朝日新聞を職業がら仕方なく取っていますが、前から止められたら東京新聞を取ろうかと思っていました。
カープファンと称する人達のブログはオーナー、球団、監督、選手、ファンにたいする「おべんちゃら」ばかりで辟易していました貴兄のブログ、しっくりきます。ブックマークさせていただきました。今後もよろしくお願いいたします。

黄金時代を知る者様

ご存知かもしれませんがカープには「監督任期は日本人5年、外国人3年」という不文律があります。唯一の例外は達川です。
なのでノムケンが今年で任期満了というのは驚くことではありません。
何よりCSの直前に監督辞任発表というタイミングを見ますと、やはり松田元の怒りを買ったのではないか、と思います。

私も育成重視のチーム作りはいいことだと思っています。しかしそれならもっと優秀な指導者を呼ぶべきです。金がないから育成するというのは嘘であり育成にはそれなりの投資が必要です。

松田元は何かといえば「カープは親会社がないから金がない」とマスコミを使ってプロパガンダをしますが「金がないから勝てない」という都合の良い言い訳が通用してしまうところにカープの悲劇があります。それならまず、球団経営を透明化するべきですし、ファンも関心を持つべきだと思います。

通りすがりの方へ

やはりネットは監視されているのですね。
コメントありがとうございました。


ところで以下のような記事がありました。
【広島、野村監督電撃辞任の不可解 数億円見込める2位逃しで松田オーナーが見切り?】(夕刊フジ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00000010-ykf-spo

【広島は8日、夕刊フジ既報通り、就任5年目の野村謙二郎監督(48)が今季限りで辞任すると発表。11日から敵地・甲子園で阪神とのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージに臨む直前の電撃辞任に、チーム内には衝撃が走った。ポストシーズンを勝ち抜けば日本一に輝く可能性が残っていながら、指揮官は「5年目だからけじめをつけようと思っていた」と語ったが、なぜ今季終了を待たず、CSに挑むナインの士気に悪影響を与えかねない時期での発表に踏み切ったのかなど、不可解な点が満載。舞台裏で何が起こっていたのか。

 野村監督は就任初年度の2010年に勝率・408で5位に沈んだが、年々勝率と順位を上げ、着実にチーム力をアップさせているように見えた。

 「カープ女子」ブームを巻き起こし、今季観客動員は昨季比21・7%の大幅増で球団史上最多の190万4781人をマーク。球団の懐を潤すことにも貢献した。

 しかし、地元広島の球界関係者は「今季限りの退任は1年前に決まっていた」と断言する。

 野村監督は昨季、16年ぶりのAクラス入りと初のCS出場を果たしたものの、体調不良を理由に松田元(はじめ)オーナー(63)に辞任を申し入れ、その際に慰留されて1年契約で落ち着いた経緯がある。実際、野村監督はたびたび周囲に「夜眠れない」とこぼしていたという。

 松田オーナーは「去年もくたくただったのを無理矢理やれと言った。今回は無理は言えんと了承した。立派にやり遂げてくれた」と手向けのコメントを送った。しかし、一方で「松田オーナーは周囲に『わしは毎年最低でも勝率5割は達成できるだけの戦力を整えて現場に渡している』と胸を張ってきた。昨季まで4年間で1度も勝率5割をクリアしていない野村監督に対する評価は決して高くなかった」(前出関係者)といわれている。

 それでも野村監督の任期が1年伸びたのは「勝率はともかく悲願のCS進出は果たした。あのタイミングで退団させたら、ファンの反発をまねき球団側が悪者になるおそれがあったから」(同)ともいわれている。

 勝率に関していえば、今季は5割を軽くクリア。しかし、23年ぶりのリーグ優勝が現実味を帯びた9月2日から、首位・巨人とわずか1ゲーム差で直接対決3連戦(長野、前橋、宇都宮)に臨んだが、よりによって3連敗。どちらかに勝つか引き分ければ19年ぶりの2位が決まるはずだった今月1日の阪神戦、6日の巨人戦(いずれもマツダ)でも連敗を喫し、勝負弱さを露呈した。

 「特に、CSファーストステージを主催できる2位を逃し、数億円が見込まれた収入が夢と消えたことに対する、オーナーと球団首脳の落胆は激しかったようです」(球団関係者)

 球団は現在、15-16億円をかけてマツダスタジアムの隣接地に念願の室内練習場を建設中で、来年2月にオープン予定。最近は、かつて新球場建設のために地元マスコミなどが市民に「たる基金」を呼びかけていた時代とは隔世の感の先行投資を行っているから、怒りはなおさらだろう。2位を逃した時点で指揮官と球団の関係はぷっつりと切れ「タイミングが悪いのは重々承知」(野村監督)で辞任発表に至ったということか。

 いずれにせよ、今季限りの退任が明らかになった野村監督の指揮の下で、CSを戦う選手たちの心境は複雑だろう。】
プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。