スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観客動員数は史上最高でも優勝どころか3位がやっと。2014年の広島マツダ商店の見事な成果。

地元最終戦、勝てば2位確定で初の地元CS開催という対ジャイアンツ戦。平日夜にもかかわらず3万人の大観衆を集めながらエースのマエケンが打ち込まれて打線は沈黙と試合はサッパリいいところがなく1-4で完敗。

2014年シーズンの広島マツダ商店もとい広島東洋カープは球団史上最高となる190万人の観客を集めました。が優勝はおろか、去年と同じ3位確保がやっとです。これが今シーズンの見事な成果です。

やはり過去数年と同じパターンになって来ました。野村謙二郎が監督に就任した際、「優勝を目指す」と言いました。しかし実際は毎年、CS進出が目標になっていました。昨年ようやく、CS制度創設以来、実に7年目にしてCSに進出しました(それも負け越しというおまけ付き)。恐らく来年からは「2位になって地元でCSを開催する」が目標になるのでしょう。

そもそもノムケンが監督に就任して5年が経過しましたが3位が精いっぱいだということがもはや明白になりました。果たして松田元はノムケンに責任を取らせるのでしょうか。何しろ地元CS開催という収入源をドブに捨てたわけですから今年はお咎めなしというわけにはいかないでしょう(もっともそんな人間を監督に据え続けたのは松田元です)。

今年の成績で恐らく多くのカープファンそして広島市民は気が付いたはずです。即ちカープという野球会社はいくら観客が増えても決して優勝しません。新球場オープン以来、過去数年がそうでしたし、今年などは球団史上最高の観客を集めながら結局は順位は去年と同じでした。

今年は観客動員数やグッズ売り上げの大幅増でカープは20億円以上の売り上げ増でしょう。しかしシーズンオフにはロクな補強はありませんし監督以下コーチングスタッフの入れ替えもほとんどないでしょう。つまり今年とほとんど同じです。この球団の経営者は勝つことに対する情熱など持っていません。いずれ多くの人が気が付くはずです。マスコミによる煽りカープブームもCSで終わります。

そして本日の野村謙二郎の挨拶の模様を紹介します。この模様を恐らく広島のマスコミは報道しません。



最後になりますが、このようなやる気のない経営者と無能な指揮官の下にいながらカープの選手は最後までよく戦い抜きました。せめて来年以降はまともな指導者と経営者の下で試合をさせてあげたいと心から願います。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。