スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「優勝」を目的としない邪道な球団に勝利の女神がほほ笑むわけがねえだろ、て話。

優勝逃して、ハイ2位確保に目標を切り替えましょうと言ったところで、簡単に出来るものではありません。ということをハッキリ証明した昨日の逆転負けでした。昨日の逆転敗けは単にミコライオのケガがどうの、中継ぎ陣の調子がどうの、という次元の問題ではありません。元々、カープの投手陣には1年間を戦い抜く力がないのです。これは先日の記事で書いた通りです。

(最後の最後に明らかになったカープのリリーフ投手層の薄さとフロントのやる気なさ。変わらないカープの悲しき体質。)

そもそも優勝する力があってこそ初めて上位を確保出来るわけです。カープは「優勝争いをする力」はあっても「優勝する力」はないことは証明されています。

元々、カープの経営者は優勝を目指していません。せいぜい「運が良ければ優勝争いに加わる」ことぐらいしか考えていません。これは三村敏之監督時代に証明済みです。三村監督時代は毎年のように優勝を争っていましたが投手力が弱いにもかかわらず球団はロクな投手補強を行わず、フロントとの間で確執が起きました。

あと新球場に移転して以来、売上が大幅に伸びているにもかかわらず試合経費が増えているという適当な理由を付けて
(嘘です)大した投資もしていません。

要するにカープの経営者は常に金儲け優先の姿勢ですので「優勝」ではなく「優勝争いに加わり2位を確保してCSを開催して金儲けすること」しか頭にありません。2位確保も難しい状態です。そういう邪道な態度では勝利の女神がそっぽを向くのは当然のことです。一度、痛い目に遭うか経営権を剥奪でもされない限り、松田元は考えを変えることはないでしょう。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 何度か書くでしょうが、この人の経営は「経営まあまあ、チーム力UPに対する投資なし」で、どうやって勝てというのでしょう。

 先代なら、ほとんどの利益を全部チーム強化に充て、設備も今に即したものにするでしょう(たぶん2軍の球場も近くで)。それをひっくり返せば、この問題になるでしょう。

 とにかく、ここの地方マスコミを当てにせず、他の地方マスコミをうまく使って、ここをCS開幕までにつぶす方向でやっていくべきでしょうね(何か意見するにしても)。

 また書きます。

 追伸  今年ドラフト等で捕手何人取ってくんでしょう?かなりここ数試合で外した方がいいのが多すぎて。(大社にも何人かいるし、野手・投手とのバランスで難しいとこですが)
プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。