スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の最後に明らかになったカープのリリーフ投手層の薄さとフロントのやる気なさ。変わらないカープの悲しき体質。

とうとう、カープは力尽きましたね。6回裏、2番手の戸田が福留に逆転3ランを打たれた場面が全てを象徴しています。先発の九里は制球が悪くなっていましたので交代させたことは間違っていません。

誤算は戸田が福留にまさかのホームランを打たれたことです。投げた球は決して悪くはありませんでしたが完全に読まれてましたし、今の戸田にはそこまでの球威もありません。

というか、今のカープにはこういう場面、早い回でのリードを守るリリーフ投手がいません。前半は中田廉がその役目を果たしていましたが今は完全に調子を落としています。

以前からカープは左投手が不足している、と言われ続けていました。この何年間もの間、その育成も補強も思うように行かなかった、いや正確には、してこなかった、と言うべきです。

果たしてカープの経営者及び在広マスコミは優勝を逃したという事実をどのように捉えるのでしょうか。恐らく松田元は何の性懲りもなく金儲けだけに熱中しマスコミはカープ経営者の顔色だけを窺い、「やれCSだ」とはしゃぎ回るのでしょう。


追記 カープがCSに進出したといって喜んでるテレビ局があるようですが、何が嬉しいのか分かりません。少なくとも今夜はお通夜でしょう。あそこのテレビ局は松田元が社外取締役で読売新聞が株主ですから(ついでに野村謙二郎の再就職先ですが)カープが優勝出来なくても悔しくないのでしょう。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。