スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カープのファン満足度セ・リーグ1位」記事の虚と実

昨日13日の「中国新聞」1面に次のような記事が載っていました。

カープ満足度 セ首位

20140713 002

この調査は以前にも幣ブログで紹介したことがあります。
「カープ女子」招待と普段のファンサービスの充実。
プロ野球のサービスの満足度調査

この慶応大学鈴木研究室が行なった「プロ野球のサービス満足度調査」ですが、よく見ると「中国新聞」が報道しているほど単純ではありません。例えばファンサービスに対する反応ですが決して数値は高いとは言えません。
『ファンサービス・地域貢献』を構成する項目における各チームの評価平均値とランキング

また選手やチームに対する評価ですが新聞が言うほど決して評価は高くはありません。
『チームの成績』、『チーム・選手』を構成する項目の各チームの評価平均値とランキング

例えば「近年、そのチームは優秀な成績をおさめている。」という問いには5位(前年9位)、「常に、そのチームの選手は全力で戦い迫力あるおもしろい野球をみせている。」という問いにも5位でした(前年8位)。

そして新聞が決して伝えないであろう項目があります。それは自由記述欄です。
自由記述回答:そのチームの試合において最も期待するシーンなど

これの18と19ページにカープに関する回答がありますがざっと見ますと、チームの現状に肯定的な回答よりも批判的回答が多いことが分かります。回答した120人中、「よくやっている」「応援しよう」といった類の記述は20名程度ですが半面、「打力充実を」「投手陣整備を」「監督交代」「オーナーをどうにかしろ」といった記述は数えると50人近くになります。

言い換えればカープファンの多くは現状に満足していない、ということになります。こういう点を伝えないあたり、さすがは「中国新聞」です。新聞社会長がカープの取締役ですからカープ球団の広報誌のような存在に成り下がってます。

更に不審な点を言いますと、この調査結果がインターネット上で公表されたのは今年3月29日のことです。何故、今の時期に1面記事に?と不思議な感じがします。

本音は交流戦以降の不調で首位から転落して首位とのゲーム差も拡大しているので、ファンの不満をそらすためではないか、と思われます。

大体、この調査はあくまで学術研究の一環として行われているものであり特定の球団をヨイショする目的などないことは言うまでもありません。このような形でマスコミが宣伝利用するのは学問の否定ではないでしょうか。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。