スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カープの交流戦観客増加率は12球団一、しかし交流戦最下位

昨日からリーグ戦が再開になりました。カープはベイスターズ相手に6-0で勝利しました。中国新聞始めマスコミは大はしゃぎですが、普通でしょ、というのが私の感想です。

交流戦見ても分かりますがカープは強いチームには弱く、弱いチームには非常に強いです(ホークスとバファローズには4戦全敗、反対に交流戦10位のイーグルスには3勝1敗)。

私は今年の交流戦、2試合見に行きました。6/7のホークス戦及び6/22のファイターズ戦です。6/7の方は5-16で大敗した試合です。6/22の方は7-4でサヨナラ勝ちしました。

因みに21、22日の連勝はラッキーです。21日の試合は8-4とリードしたところでコールドゲームとなりました。おかげで逃げ切っただけでなく、リリーフ投手を温存することが出来ました。22日の試合はリリーフ投手をつぎ込んでファイターズ打線を抑え、最後はロサリオのホームランでサヨナラ勝ち。

しかも現在、ファイターズ打線はケガ人続出で中田翔以外、ベストメンバーを組めない状態です。これじゃあ抑えて当然でしょう。交流戦最後の5連勝は運の良さに恵まれた勝ち方です。

昨日の相手はセ・リーグ最下位のベイスターズですから勝ったからといって大はしゃぎすることではありません。むしろ、カープは昨年来、弱いチームにエース級投手ぶつけて白星を稼ぐ、という戦法を取ってますから普通のことです。

更に言うと、カープは日曜日に交流戦を終了して4日間の休養がありましたが、ベイスターズは雨で試合中止が多かったため、前日まで交流戦を戦うなど、休養期間もありませんでした。昨日は黒羽根を始め5失策を記録しましたが、こういうところに影響が出ています。

なお、「カープは巨人など強いチームとの勝負を避け、弱いチームにエースをぶつけて白星を稼いでいる」という指摘は何もネット上だけではなく小関順二氏の「2014年度版プロ野球問題だらけの12球団」でもキチンと指摘されてます。要するに鋭い人はチャンと見抜いているということです。

さて最近数か月ですが、どうもカープ球団の関係者はインターネット上での球団への批判書込みを監視しているようです。実際、私の知り合いがFacebookでの投稿について球団関係者からあれこれ言われたそうです。

こういうことをするのは余程、球団への批判、特に金に関する問題に神経を尖らせている証拠です。しかし何故、球団に対する批判が起きるかと言いますと、カープの経営陣はファンからの批判に耳を傾けることなく、逆に力で押さえつけようとするからです(当事者から証言あり)。

こういうことをすればするほど、かえってファンからの反発を招くだけだということを忠告しておきます。

さて本日の中国新聞、交流戦での12球団の観客増加率の記事が出ています。

DSC_0497.jpg

カープの観客増加率は21.8%で12球団一番でした。しかし成績は9勝15敗で最下位です。何度か幣ブログでも指摘しましたが(客が増えると負け始めるカープというチーム)改めて

カープというチームは観客増加がチーム成績向上に全く結びつかない

ということが明らかになりました。よく「交流戦はカープにとって鬼門」と言われます。ではこれはどうでしょうか。


セ・パ交流戦順位表(日本生命セ・パ交流戦公式サイトより)
2013年以前のセ・パ交流戦順位表(日本生命セ・パ交流戦公式サイトより)

カープの交流戦成績

2012年 10勝11敗3分け 6位
2013年 11勝13敗     8位
2014年 9勝15敗      12位 



これ見ると交流戦が鬼門というより、単にカープが年々、劣化しているだけなんですね。で、こういうカープの問題点を中国新聞を始め、メディアはこういうことを指摘しません。いや、出来ないというのが正解か。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。