スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドケチ」を一掃しない限りカープは死んでも優勝出来ない。

今日はカープの先発が比較的安定している九里で相手も相性がいいライオンズと来て、今日こそは勝てるかと思いましたが、ついに7連敗ですか。そして首位ジャイアンツとの差も気が付けば3ゲーム差まで拡大しました。だんだんとBクラスも見えてきましたね。

さて、ここに来てカープというチームの問題点が見えて来ました。昨日の記事でもコンディショニングコーチを一人も置いていない、という問題点を指摘しました。

コンディショニングコーチ不在のカープ~ケガ人続出の真の原因

カープは表向き「育成球団」を掲げています。松田元オーナーも
「愚直なまでに選手を育てて勝つ」
と言ってます。

カープ・松田元オーナーの?????な発言とカープ打線、いまだ眠りから覚めず

本気でそう思っているのでしょうか?育成なんて嘘っぱちです。昨日も紹介しましたが、では何故、コーチが少ないのでしょうか?カープは監督以下、コーチングスタッフは19人です。一方、パ・リーグ首位のバファローズは24人、2位ホークスは26人です。

しかもホークスは3軍も設置して試合もしています。一方のカープ。3軍はありますがあくまでこれはリハビリ機関で、選手の育成や試合をしているわけではありません。

育成を言うなら選手の競争や実戦経験を積ませる必要があるはず。現状では2軍ですら試合に出れない選手も多くいて、実戦経験を積ませることも出来ない、何より競争原理が働きません。よって、「育成球団」を名乗るならコーチ増員と3軍創設は必須のはずです。

しかも選手育成には質量ともに優秀なコーチを揃えなければならないはずです。しかしカープの場合、大半が指導者経験のない生え抜きOBコーチばかりです。これで「育成球団」とは笑止千万です。

今のカープは「育成球団」ではなく単なる「ドケチ」です。ドケチと育成は違うのです。育成を言うなら優秀なコーチを多数揃えるべきです。

「ドケチ」で優勝出来るほどプロ野球の世界は甘くありません。経営者がドケチ精神を根本から変えない限り(これも1000%無理ですが)カープは死んでも優勝など出来ません。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。