スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球の「親会社」は悪者か?

以前の記事でも書きましたが自民党からプロ野球16球団制の提案が出て以来、結構うるさいことになってます。

プロ野球16球団制…鍵はファンと地元民の支持

プロ野球の経営の問題となると必ず出てくるのは「親会社」の問題です。日本プロ野球(NPB)は広島カープを除くと全て企業が所有し親会社の子会社という経営形態をとっています。これに対しては専門家やスポーツジャーナリストからは批判的意見が多数のようです。

「日本のプロ野球は『興業』であって『スポーツビジネス』ではない」
「親会社依存の経営がスポーツビジネスの発展を妨害してきた」

これに対する幣ブログの見解は「親会社は必要」です。ついでに言うとカープの経営者は「必要悪」だと思います。

そもそも、こういう問題を論ずる場合は、単にその球団やその組織の経営の在り方だけを取り上げるのではなく、そのスポーツや組織が成立した歴史的・社会的背景まで含めて議論すべきなんです。

例えばアメリカのメジャーリーグ(MLB)ですが成立した背景として19世紀後半のアメリカの大都市では、実業家が野球チームに投資することが金儲けになり、チームを応援することが政治家の票につながるという「利権構造」が出来上がっていた、ということがあります。

一方、日本では元々、スポーツを商売とすることが否定的に捉えられてきた、という歴史的背景があります。
日本では大正時代から大学野球や高校野球(当時は中等学校野球)は非常に人気がありました。半面、職業野球と呼ばれたプロ野球は全く人気ありませんでした。これは「野球を金儲けの手段にするとは何事か」という風潮が強かったためです。日本でスポーツビジネスというのが肯定されるようになったのはごく最近のことです。

あと日本はアメリカのような大富豪が存在せず、そして大企業以外に金を出してくれる組織も個人もいません。例えば、カープが球団結成当初、資金難に陥り、市民の募金で救った、という話は繰り返し語られていますが、何故そんなことになったかと言えば、当時の広島県や広島市などが議会の反対に遭って、十分な資金を出してくれなかったためです。こういう事情がありますからプロ野球が大企業の資金援助に依存するようになるのはやむを得ないことです。

あとNPB場合、税制上の優遇措置ということが言われますが、そもそもMLBも国や自治体から政治的な特権をいくつか受けています。例えば、球場の建設費は基本的に自治体負担(最近は変化しつつあるようですが)であり、事業収入は全て球団に入り、格安な使用料で長期間リースされます。

他方、NPBの場合、親会社が球場を所有又は購入したり、楽天のように球団負担で球場を改修しているケースがいくつかあります。

またMLBはテレビ独占中継により巨額の放映権料を得ています。これは独占禁止法の適用除外になっています。これを見れば分かるように決してMLBは純粋な企業努力だけで成り立っているわけではありません。

以上のように、「アメリカは進んでいる。日本は遅れている」というのは参考にはなり得ません。

プロ野球は巨額の経費を必要とします。例えば売上原価はカープの場合で40億円です。Jリーグの場合、J1クラブの平均は20億円ですから如何に金がかかるか分かります。銀行から金を借りる場合でも大企業でなければ信用保証がなく融資が受けられません。

カープは今でこそ黒字ですが球団結成以来、25年赤字でした。要するにプロ野球というのは安定経営が難しい業界だということが分かりますね。

「カープの経営者は必要悪だ」と言いましたが、プロ野球というのは大金を出してくれる人や企業がいなければ存在しえません。また安定経営の為にはアクセスのいい街中に球場を作る必要がありますが、これには政治力が必要となります。

要するにプロ野球を経営するには相当な金と権力を持った人間でないと務まりません。今の日本では個人でそれが可能なのはカープの経営者である松田家ぐらいでしょうから、日本でMLB式の経営をやれというのは難しいでしょう。

因みに「カープも親会社が必要」という意見を耳にしますが私は否定的です。まず親会社となると巨額の資金援助をしなくてはならず万が一の場合、赤字補填もしなくてはなりません。マツダがカープの親会社にならないのはこのためです。何よりカープというチームのブランドイメージが傷つきます。それよりは株主やスポンサーを増やす方が現実的だと思われます。

NPBに対して批判や提案をするのは結構なことですが、それにはまず、そのスポーツが成立した歴史的・社会的背景を踏まえた上で、日本の実情に合った現実的な提案をすべきです。親会社を批判するのであれば、では誰が金を出すのか、どこから金を持ってくるのか、という対案は必須です。現実的な対案なしに批判・否定ばかり行っても経営者や組織は聞く耳を持ちません。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。