スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なぜ、カープは交流戦に弱いのか」を追及しない在広プレス

とまあ、カープは交流戦、悲惨なことになってます。とにかく打てないだけでなく、投壊を起こしてます。疲労もあるかもしれませんが、投げる球を相手打者に読まれてますね。去年はまだ2つの負け越しでしたから今年の方がひどいということです。4勝9敗とかとてもセ・リーグ首位のチームとは思えませんね。

どの試合もそうですが、打者が2順目に入ると突然、打たれ始めます。
これは相手が投球パターンを読みながら試合に臨んでいる証拠です。
つまり、相手は情報収集と分析をキチンとやっています。

反対にカープは投打とも相手に振り回されるばかりです。つまり対策がキチンと出来てないし、そもそもチームとしてやる気もないのではないでしょうか。

もっと問題なのは地元メディア、まったくこの問題を追及してません。例えば今日の中国新聞の「球炎」です。

DSC_0414.jpg

いつもそうですが、敗戦責任を選手個人に転嫁しています。しかし、ここまで酷い理由はチームとして交流戦対策をしてないからです。もっというなら球団が勝つ気がないからです。

例えばスコアラーを何人増員したんでしょうか。あるいは情報分析の専門家に分析を依頼しているんでしょうか。そこを追及するのがメディアの役割のはず。

結局のところ、広島のメディアはカープ球団の広報部に過ぎません。何故かというと球団がメディアを統制しているからです。例えば中国新聞会長はカープの取締役ですし、広島FMの筆頭株主はカープ、松田元オーナーは広島テレビ放送の取締役です。以上のことは会社名鑑を見ればすべて書いてあります。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。