スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそもカープ球団は交流戦を廃止したいのではないか?

とうとうカープは交流戦4連敗です。
打てず守れず投げれず、ないない尽くしのカープ。試合を重ねるごとに内容も悪化しています。

交流戦になるとパ・リーグのチームが強いというのは有名な話ですが、何故かセ・リーグ、特にカープは交流戦が苦手です。

元々、セ・リーグは交流戦に消極的です。2005年の交流戦導入時は36試合でしたがセ・リーグ側の強い要求により2007年から24試合に削減されています。更に昨年以来、セ・リーグ側は18試合への削減を主張しています。

プロ野球:来季交流戦、4案を提示へ 事業推進委(毎日新聞)
セ、交流戦半減を要求=パは受け入れに難色か―プロ野球(時事通信)

パ・リーグは交流戦、特に人気チームに勝つことで露出度が増えます。一方、セ・リーグの経営者連中にとっては交流戦は客が入らないし儲からない、それよりも交流戦を廃止して人気球団との対戦カードを増やしたい、という本音が滲み出ています。

カープの経営者は交流戦を廃止したがっているわけですから本気で勝ちに行くはずがない。毎年毎年、交流戦に入ればチームは負け始める、こんなパターンが続けばファンからも交流戦廃止又は削減を唱える声が出るでしょう。実際、カープファンからはそんな声が聞こえてきます。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

初めて投稿させてもらいます

ズムスタの交流戦の過去の動員の傾向を見ると、リーグ戦より減った年は雨で予備日に組まれた試合が多い年、天候に恵まれた年はプラス。そして、この両方を平均すると、カープも実は巨人、阪神同様にリーグ戦より僅かですが交流戦のほうが人の入りがいいんです。おそらく、広島に住むカープファンにとって年二回しか見れない貴重なカードだからホームファンの比率が上がるため、巨人、阪神のビジター動員のマイナスを僅かながら補った結果なのかもしれません。とするならば、興業面だけならカープにとっても続けたほうがいいということになります。ただ、別の観点からの問題として、広島空港の札幌、仙台便が一日一便しかないため移動に苦労してしまう点があります。カープが交流戦を嫌がる一番の理由はここじゃないでしょうか。

パ・リーグ主義様

コメントありがとうございます。
返事が遅れまして申し訳ございません。

パ・リーグとの交流戦の方が観客が多いというのはデータが示しています。1年に1回しかないという点もありますが、やはりカープファンの多くはパ・リーグとのハイレベルな戦いを見たいと願っています。

遠征の問題もありますが、逆に仙台や札幌でもカープファンが増えるのでカープ球団にとっては長期的に見れば歓迎すべきことではないでしょうか。

No title

初めまして。仙台在住のカープファンです。
40年近く応援しています。

交流戦が始まった時は歓喜でした(笑)
地元でカープが見れると思っていませんでしたから。

東京ではカープ女子とやらが人気だそうですが、
仙台でも新たなファンが増えています。
交流戦の成果なのかわかりませんが、
この新たなファンのためにも続けて欲しいですね。

仙台でのカープ戦はお祭りですよ。
東北のカープファンが集結しますし、
土日の場合は旅行がてら遠征に来るファンも多いです。
広島から来る方もいらっしゃいます。
特に今年は過去最高のカープファン率だったのでは。

逆に、ズムスタの試合に行く楽天ファンも多いですよ。
周辺にもたらす経済効果は小さくないと思っています。

最後に、いくら交流戦に弱いとはいえ、
今年の負けっぷりは想定外でした(笑)

仙台人様

コメントありがとうございます。
そうですか、仙台でもカープファンが増え、球場は大盛況ですか。
やはり、交流戦をやったおかげでカープファンは増えてますね。いい影響を与えています。
それにしてもあの負け方はひどすぎますね…
プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。