スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球16球団制…鍵はファンと地元民の支持

自民党が「地域経済活性化のためプロ野球を16球団に」と提言を出しています。

プロ野球16球団に拡大を 自民提言、地域活性化狙う

念のため言いますと、ここで候補に挙がっている地域はいずれも以前からプロ野球誘致運動がある場所、または試合誘致に熱心な都市ばかりです。

新潟
静岡
松山
沖縄

また日本プロ野球選手会も以前から球団増加を主張しています。
プロ野球構造改革案

また今回の提言はあくまで「自民党日本経済再生本部」の提言でありNPB(日本野球機構)の主張ではないということを言っておきます。結構、ネット上の書き込みを見ると以上の点を誤解している人が多いようです。

幣ブログは球団増加に賛成です。
理由は「競争促進と変化と刺激を与えるため」です。

プロ野球が2リーグ制になってから64年が経過してますが、球団数も増えてないし入れ替えもありません。逆にリーグ結成当初よりも球団数が減っています。こういうプロスポーツは日本プロ野球ぐらいです。MLBは勿論、韓国プロ野球ですら球団を増加しています。Jリーグはクラブ数を増加するだけでなく入替制を導入しています。

変化がなければいずれは競争も刺激もなくマンネリ化します。実際、プロ野球の観客動員数は2009年を境に減り続けています(但し2013年は上昇)。
日本野球機構

まだパ・リーグは球団売却が多いため、次々と新球団や新企業が参入して競争があります。その結果、毎年のように優勝チームが変わるなど変化がありますし、交流戦でも日本シリーズでもパ・リーグが勝つなど、実力面でもセ・リーグを圧倒しています。

半面、セ・リーグはほとんど変化がありません。新球団の参入もほとんどなくこの10年間、上位3球団言い換えれば優勝争いは人気の3球団が独占しています。最近、「カープ女子」なるものが話題ですが、裏を返せばセ・リーグがマンネリ化していてファンが飽きてることの証明です。

またCS(クライマックス)制度の問題点は、確かに観客は増えたかもしれませんが、優勝の価値が下がっています。これも球団数の増加を拒否してきた弊害です。MLBのように球団数を増加して地区制を導入すれば、CSのような中途半端な制度は必要ありません。

カープファンの意見を聞くと「球団数増やすなら入替制を」という声を聞きます。まあ、これは今の球団経営者に批判的なファンが多いためです。将来的には26~28球団に増やして入替制が望ましいです。また新球団増やすなら岡山も検討していただきたいです。岡山は人口もそこそこありますし倉敷マスカットスタジアムという立派な球場もあります。

新球団は実力的には劣るので当面は下位球団は固定されるでしょう。しかし長期的には競争強化と市場拡大につながるはず。常に地区優勝を狙わなくてはいけないので、昨年までのカープのように3位狙いということではファンは球場に足を運びません。

新球団が創設できるかどうかは、地元の自治体、経済界がいくら金を出す気があるかにかかっています。広島のように街中に球場があり尚且つ、売店や広告設置を自由に出来るなどの配慮があれば何とか経営は出来るでしょう。自民党が提言したということで批判的意見もありますが、MLBを見てもプロスポーツの経営には政治的配慮が必須です。カープの場合も自前の球場を持てるのは政治的配慮です。

何より大事なのはファンが何を望んでいるか、そして今回、候補に挙がった地域の住民が支持しているかどうかです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。