スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堂林の起用法とカープの得点源とマエケンの今後と投手陣再編

昨日はカープが中日相手に5-0で快勝し、巨人は阪神相手に0-9と大敗。その結果、カープは単独首位に躍り出ました。
夜にはサンフレッチェはFC東京相手に千葉のヘディングで1-0で勝利して、こちらも単独首位に。この結果、カープとサンフレッチェが同時単独首位という快挙(?)を達成しました。

さて昨日のカープの試合ポイントをいくつか。まず堂林が初めてライトで出場しました。1回表には早速、ライトに大きなフライが飛びましたが追い付いて獲りました。あれを見てやはり堂林は外野向きだろうと思われます。それだけではないでしょうが、堂林の打撃が安定しない理由の一つは3塁守備の負担も大きいでしょう。

今後のカープには長打力のある選手が必要なのは間違いないのでライト堂林、サード松山、或いはライトを松山と堂林を競争させるという使い方をすべきでしょう。

昨日の攻撃陣ですが非常に画期的な点がありました。両外国人が打たないのに勝ったという点です。キラは相手が左腕の大野ということで休養、エルドレッドは3三振とサッパリだったにもかかわらず、それ以外の選手の活躍(廣瀬と石原)で得点しました。これまでほとんど両外国人頼みだったので大きいですね。ただ、今後もこれが出来るかどうかが課題です。やはり常にクリーンアップを打てる選手の登場が必要となります。

そしてマエケンにアクシデントが発生しました。右腕に痛みがあるということです。現時点では無理をするべきではないです。場合によっては登録抹消も致し方ないでしょう。

その場合の先発投手陣の編成ですが、やはり今後のことを考えてキッチリ中6日ローテーションを守るべき。恐らく代わりの先発投手を2軍から上げることとなりますが、その場合は何試合かは我慢して使うべき。昨年までのように強力打線の巨人戦に若手投手をぶつけて四球を出したら即交代2軍落ち、というような使い方は絶対にやめるべきです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。