スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なんとか勝たせてもらえた」感のある開幕戦

昨日の開幕戦、延長戦の末、カープは3-2で勝ちました。
今朝の「中国新聞」などは早速、今年のカープは違うなどと「球炎」で書いてます。

DSC_0256.jpg

しかし昨日の試合、決して褒められたものではありません。

まず打線。中日先発の川上は確かに制球は良かったですが球威は全盛期の力はありません。その相手に三振の山ですから(特に石原と堂林)、打線は褒められたものではありません。結局、今年もキラとブラッドの一発頼みということでしょう。

堂林もエラーにこそなりませんでしたが相変わらずスローイングが悪いですね。あれではサードは難しいです。何のために外野練習させたんでしょうか。

次に投手陣。マエケンは良く抑えました。そしてリリーフ陣は無失点で抑えましたが、ここが注意です。中田、永川そしてミコライオを出しましたが、現時点で一番いい投手ばっかりなんですね。逆に言うとそれ以外の投手を出した場合、例えば一岡や西原などを出した場合、こういくかどうかが注意点です。

いつもこういう試合パターンばかりではないですし、毎日毎日、いい投手を投げさせるわけにはいきませんからね。むしろ中日のリリーフ陣の方が手ごわいです。岩瀬は打たれはしましたが、それ以外の投手は抑えました。しかも今の中日には浅尾がいませんからね。それでリリーフ陣は岩瀬以外、無失点ですから悪いとは言えません。むしろカープより上ではないでしょうか。

そして「今年のカープは違う」と書いてますが、この数年間のカープは交流戦まではいい試合をしてるんですね。そして交流戦に入ってから貧打⇒投壊、そして大型連敗、というパターンを繰り返してます。なので手放しで喜ぶのは危険です。

因みにカープというチームは私が褒めると負け始めます。なので今年は去年以上に辛口批評します。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。