スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野村謙二郎が監督を続ける限り絶対に投手は育たない。

本日の千葉ロッテマリーンズとの練習試合、カープは1-10で大敗したそうです。そして先発の福井は3回5失点と大炎上。これについて野村謙二郎は相も変わらず評論家気取りのコメントをしてます。

広島・福井乱調5失点 野村監督「新人じゃないんだから」(スポーツニッポン)
<広島・福井がロッテとの練習試合に先発し、3回5失点と散々だった。一回2死から井口、今江に連続本塁打を浴び、3回も2死から今江に適時打、ブラゼルに2ランと詰めの甘さを露呈した。

 新人だった2011年に8勝してからは伸び悩む。大竹(巨人)の移籍でチャンスが増えた中でもアピールを欠く右腕に、野村監督はほかの乱調の投手とともに「新人じゃないんだから」と突き放した。>

4年も監督やって一度も勝ち越し経験のない監督がよく言えたもんだと思います。謙二郎がカープの監督やってる限り、投手は育ちません。育つとしたら野村裕輔のような技巧派投手ぐらいです。福井や篠田や中村恭平のように元々、細かい制球力がなく力任せの速球派タイプの投手は野村謙二郎の元では成長することはないでしょう。

大体、速球派投手というのは若い頃の黒田みたいに制球力が劣るのが普通なんです。昔のカープの大野や川口、津田にしても制球力は決して高い方ではありませんでした。それでも当時の古葉監督は我慢して使い続けました。これが野村謙二郎だったら即交代、2,3試合で2軍行きで独り立ちすることはなかったでしょう。

何しろボール球と四球の数だけで投手を判断するわけですから、投げる方は委縮するのが当然です。実際、福井などは2軍戦では制球がいいのに、1軍の試合では全然、腕が振れてません。これはどう見ても野村謙二郎の目を過剰に意識してます。若手選手の粗探しばかりに勤しむ野村采配の見事な成果です。実際、ノムケンが監督になって以来、育った投手なんかいやしません。

前半戦こそは投手陣はそれなりに善戦はするでしょうが、夏場以降は投壊は必至でしょう。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。