スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂にボロを出した松井市長の「八百長発言」とアンチスタジアム派

既に知られているように松井一實・広島市長がマスコミ関係者との懇談会の席上、
「サンフレッチェが優勝するとスタジアム問題で土俵際に追い込まれるので2位でいい」

と発言しました。これは立派な「八百長行為」です。
何故ならば広島市はサンフレッチェ広島の株主の一人でありスタジアムの所有者でもあります。これは八百長行為以外の何物でもありません。

因みに日本ではスポーツの八百長自体は犯罪にはなりませんが国によっては、犯罪になるケースもあります。そもそもJリーグはtotoの対象となっていますから、今回の発言は冗談で済まされる問題ではなく極めて悪質です。

ところで今回の発言で改めて明らかになったのは松井市長は広島の「アンチスタジアム派」の傀儡政権だということです。今年3月、旧市民球場跡地活用案を発表しましたが、市民の中では複合スタジアムを支持する意見が一番多く、尚且つ必要性もあるのにわざわざ、「緑地広場+文化施設」を出し、スタジアムはサッカースタジアム検討協議会で球場跡地案を採用した際に再検討すると、判断から逃げました。

今年に入ってから、特にサンフレ、県サッカー協会、サンフレ後援会の3団体が「球場跡地を複合スタジアムに」と主張し始めてからの「反スタジアム派」の言動というのは完全に暴走していて完全なネガティブキャンペーンになっています。

例えば広島の経済専門誌『ビジネス界』9月号は「片腹痛い!球場跡地スタジアム案」と題する記事を載せましたが、そこにはカープファンやサンフレサポーターを「キチガイ」呼ばわりする文言まであります。

また中国新聞には同一人物による「球場跡地は平和の場所に」という投書が3回も載りましたが、これが何と元広島テレビの制作局長というマスコミ関係者の投書でした。このように見え透いた情報操作まで行なって何が何でもスタジアムを阻止したいようです。

それならスタジアムは財政的に厳しい、それよりも常時イベントを誘致したり文化施設を建て方が効率がいいとか、いくらでもマシな言い訳があるでしょう(実際はイベント誘致はほぼ無理ですが)。

松井市長だけでなく反スタジアム派はアンチスタジアムに狂う余り、自ら墓穴を掘った、というべきでしょう。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ

スポンサーサイト

テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。