スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンフレッチェ「本当に優勝したんですね」

24日の試合、広島ビッグアーチでサンフレッチェ優勝そして日本一の瞬間を見ました。

P1070433.jpg

(写真は試合後に場内を1周する選手)

そして以下はYouTubeにアップロードした動画です。

サンフレッチェ広島、初優勝の瞬間
2012年11月24日、サンフレッチェ高萩洋次郎のゴール
2012年11月24日サンフレッチェ、青山敏弘のゴール
2012年11月24日、サンフレッチェ、佐藤寿人のゴール
サンフレッチェ広島、優勝後の場内1周

実は私、あらゆるプロスポーツで優勝決定の瞬間を現地で見るのは初めてです。それだけに、

「本当に、優勝したんですね」
「優勝っていいものだな」

という気持ちでいっぱいでした。
ちなみに上側の言葉は1975年の広島カープ初優勝の時、後楽園球場で胴上げした後、広島市民球場に戻って来た時にファンの前で当時の古葉竹識監督が満員のファンの前でしゃべった有名な台詞です。

優勝を決めた試合、自分なりに一言で表現するなら
「奇跡とは自分の力で起こすものです」

地元優勝するにはサンフレッチェが勝ち、尚且つベガルタ仙台が負ける事でした。が本当にサンフレは前半であっという間に3点を先取して4-1で圧勝、反対にベガルタは地元で満員のファンの前で重圧に押し潰され1-0で負けました。

これは「奇跡を起こした」というべきでしょう。前週の浦和レッズ戦では重圧に負けて2-0で完敗。更に千葉とミキッチも出場停止という事態に追い込まれました。

それを反省してか、開き直ったのか、24日のセレッソ戦では試合開始直後から攻めまくりましたね。試合後半になってもラインを常に上げて守りに入るという姿勢はありませんでした。

私は元々、カープファンなので野球と比較しますが、強かった時代のカープというのは、優勝するときには常に「奇跡を起こしました」。

J1は18チームあるので単純計算なら18年に1度は優勝のチャンスが巡ってくるはずですがサンフレッチェは奇しくもJリーグ発足及びクラブ創設20周年記念の年に優勝しました。

実は地方のJクラブが優勝というのもリーグ創設以来、初の快挙です。大都市の名門クラブに代わって広島と仙台という地方のクラブが優勝争いを演じたというのも何かの象徴でしょうか。

そして広島でもマスコミは今やサンフレッチェ一色ですよ。例えば翌25日の中国新聞一面ですけど。

20121126 001

テレビ見ても連日、サンフレッチェの選手らが引っ張りだこです。今まで広島におけるスポーツの王者は何と言ってもカープでした。今回、サンフレッチェが日本一になったことで広島のスポーツ王者も変わりつつあるのかもしれませんね。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
スポンサーサイト

テーマ : Jリーグ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。