スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花巻東・大谷メジャー挑戦と優秀な人材を排除する日本プロ野球の“老害”

この秋のドラフトの目玉だった花巻東高校の大谷翔平投手が正式にメジャー挑戦を表明しました。

危機感募る日本球界 ロッテ、ソフトバンクなど1位候補見直しも(スポニチ)

これに関しては私は本人の判断だと思いますので何とも思いません。むしろメジャーでの経験を日本球界のために活かして欲しいと思います。

ただ今まで「ドラフト制度は職業選択の自由に反する」と言って反対して来た巨人が

巨人の桃井球団社長は「空洞化していく危険性は感じる。今のルールが機能しているのか、米国を目指す人たちに対して、日本のプロ野球がどう訴えていくのか議論するきっかけにすべきだ」と改革を訴える。

と危機感を表すのは滑稽ですね。こういうのを「二枚舌」と言います。ただ日本のアマ選手が直接、メジャーに挑戦して活躍した例はほとんどありません。やはり日米の実力差はまだまだ大きいのではないでしょうか。レッドソックスの田沢などはそこそこ活躍はしておるようですが。

やはりドラフトにも契約金制限や事前接触の制限など日米共通のルール作りが必要な気がします。まあ、やろうとしても出来ない「裏事情」があるのでしょうが。

それよりアホらしいのは楽天の星野監督のコメント。

楽天の星野監督は、現行の指名拒否選手への契約制限をより厳しくするべきだと主張する。大学生・社会人は2年間、高校生とは3年間契約しないとしているが「短いし、甘い。相当の覚悟がないと行けないようにしないと。それでも行くと言う選手は結果を出そうと必死になるはず」と話した。

メジャーに言ったやつは日本に帰って来るなと言わんばかりのコメントです。そんなことをしたら日本球界は貴重な人材を失うだけです。本当に今の日本のプロ野球は人材が足りてますか。スター選手がいなくなれば日本の野球人気は低下する一方です。

大体、もしWBCの時、どうやってチームを編成するつもりなんでしょうか。こんな仕打ちをすればメジャー所属の日本人選手は日本代表を拒否するでしょう。こういう“老害”が指導者をしている限り日本のプロ野球の未来は確実に真っ暗ですよ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。