スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「WBC不参加でも日本野球は孤立せず」及び「マスコミは真意を説明せよ」

第3回WBC(ワールドベースボールクラシック)参加問題に揺れる日本野球界ですが、マスコミ報道からは決まって

①このままでは日本は世界の野球から孤立する
②日本の野球人気低下につながる


という恐怖アピールがなされます。いずれも誤りです。

先ず①について言いますと、そもそも世界の野球界は国ごと地域ごとにバラバラなのです。これがサッカーはじめ他のスポーツとは違う点です。

サッカーだと頂点にFIFAがあり下に各大陸ごとのサッカー連盟があります。そして日本サッカー協会があり、その下にJリーグやなでしこリーグがあり、各都道府県別サッカー協会が存在します。

しかし野球界というのは日本国内ですらプロ野球とアマチュア野球は別々の組織です。プロ野球にしてもセ・リーグとパ・リーグに分かれていますしアマチュア野球も学生野球と社会人野球に分かれています。

要するに世界の野球界及び各大陸ごとの野球界を統括する組織は存在しません。「WBCに参加しないと日本は世界の野球から孤立する」と恐怖キャンペーンを行なうマスコミ人は、野球の実態を理解していないかMLB=世界の野球だと錯覚しているだけのことです。

次に②の問題について述べましょう。確かに次回の大会を日本がボイコットしたら一時的には、日本国内の野球人気低下につながることでしょう。

しかしながら、現在のWBCが本当に日本を始め世界の野球人気向上につながるかどうかは全く不透明です。結論から言いますと中長期的に見たら野球人気向上にはつながりません。

MLBは儲からなくなったらWBCを必ず廃止します。これは五輪での野球・ソフトボール存続問題への米国の対応を見れば明白です。米国は野球の祖国と言いながら五輪の野球参加及び競技存続には消極的且つ冷淡な態度を取り続けて来ました。

理由はMLBにとって五輪など利益にならないからです。MLBは自分たちの利益にならない組織や大会には全く興味がないということが証明されています。

言い換えればMLBは「マネー」に興味あっても「世界の野球人気向上」といった「理念」など持ちません。現在はWBCがマネー及び日本市場の開拓という「おいしい収入源」です。しかし儲からなくなったら廃止することが目に見えています。

そして幣ブログで再三、指摘して来たことですが、マスコミは選手会を悪者にしたキャンペーンを続けていますが実際のファンの反応は「不参加支持」つまり「選手会支持」が多数を占めています。

緊急アンケート 7割がWBC不参加支持(日刊スポーツ)
緊急アンケート「支持する」54%(デイリースポーツ)
「WBC不参加、納得できる」 ファンは選手会支持多く(J-CASTニュース)

もしマスコミが公正な報道に努めていたならば、選手会支持の意見はもっと上昇したはずです。このことをマスコミは重く受け止めるべきでしょう。

繰り返しになりますが世界の野球人気向上のためには公正なルールに基づく国際大会及び国際組織は必要です。しかしながら現在のWBC及びWBCI(WBC運営会社)は公正ではありません。

何故にWBCIの運営の問題点を指摘せずにMLBに追随し選手会攻撃を繰り返すのか、マスコミは野球ファンにきちんと説明するべきです。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。