スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

球団存続のためにはカープ球団は広島経済界による共有とするべし。

さて数回にわたってカープ球団の経営の問題点、特に松田家による所有と経営の問題について書いて来ました。

もちろん、問題があるからと言って直ちにカープの経営者を変えることはプロ野球のルール上、出来ません。

しかし、松田家単独によるカープ所有は危機管理と言う視点から問題が大きいと見えます。

普通、プロ野球のオーナーと言うのはあくまで球団所有者なんです。経営者ではありません。
一般の株式会社でも株主と経営陣は違いますね。

しかしカープの場合、松田オーナーが株主と社長を兼ねています。つまり所有者と経営者が一緒になっています。これが危険です。何故かと言いますと、これだとオーナー一族がこけると、カープ球団全体がこけることになります。

何より、今のご時世、一企業でプロ野球を持つ方が危険です。これだと親会社が倒れたり、あるいは何か問題を起こすと、球団の経営あるいはチームのイメージに関わります。現に数年前、西武ライオンズはオーナーが逮捕されたりして大問題になりました。

じゃあカープはどうするべきか?プロ野球協約上、所有者は松田オーナー一族でないといけません。しかし経営者あるいは出資者は広島の経済界全体で支えたらいい。これならルール上も問題はないし、安全です。カープの球団経営も安定します。経営陣は各企業から出せばいい。現にサンフレッチェはそうしてます。

プロ野球が生き残るためには、昔のように一企業の宣伝広告塔で終わっていたら、逆に危険です。地元の企業や自治体全体で共有していくしか生き残り策はありません。

カープもそうするしか道はありません。これは待ったなしの選択です。


-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

広島連合

 オーナーとは確かに所有者や持ち主の意味ですね。 車だって持ち主は一応オーナーと呼ぶみたいです。 ドライバーとは別ですからね。


 横浜の売却問題は今週中に動くみたいですけど京急などによる”横浜連合”は理想的な売却相手だと思いますしちゃんと両方を呼んで審議するべきだと思います。


 マツダや中電、デオデオなど広島の企業、カルビーなど広島ゆかりの企業など多くありますから親会社が必要だと言う今のプロ野球の仕組みを変えるべきですよね。 そうすれば新潟や岡山などの街にもプロ野球を持つ夢を描けますし。

 サッカーの真似とか言われたとしても、胸や背中、帽子の横などにそれらの企業ロゴを入れるのを承認してもらえると言いのですけど。 ホーム用とビジター用、練習用などで10社近くの広告を入れられるはずですし。

マツダのオーナー

マツダ一族のことなどよんでます が、 昔は松田恒次氏でしたような。

あの頃はたしか広島財界が寄り集まりカープを応援した時代ですね。

たしか、白石勝巳監督でした。 あのクーペに白石監督が乗ってましたよ、

マツダオーナーの一本になったのが不味かったのでしょうか?

オーナー

>風早徹さん
モバゲーも北信越BCリーグのスポンサーするぐらいですから、悪くはないんですが、やはりプロ野球も地元の企業が複数で所有するのがいいだろうとは思いますよ。

カープのオーナー

>嵐天さん

昔はカープの運営会社は地元財界の寄り集まりでした。昭和43年に東洋工業(マツダ)と創業者である松田家がカープを買収してオーナーになります。

元々は、「カープのために金を出す」という「大義名分」があったんですが、今となっては…(笑)
プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。