スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖地・広島市民球場保存運動その4

今日放送のJステーションで聖地・市民球場の跡地利用計画問題を取り上げていたので、見た人も多いと思います。
そこで気になったことがあります。
市民107名にアンケートした結果、広島市の計画案に賛成47.7%、反対43.0%というものでした(計画案をよく知らないという意見も3割あったそうです)。

つまり市民球場解体に賛成する人が広島市民の半分を占めるということです。さらに反対意見のうち「集客施設として物足りないから」という意見もあり、解体そのものに賛成する意見は結構多いということが分かります。また折り鶴ホール建設についても賛成41.1%、反対37.7%という調査結果が出ています。

要するに保存を求める声はまだまだ少数派なので、今後はもっと文化財登録と保存を訴える声を荒らげてでも上げる必要があります。今、球場解体を強行した場合、今後数年間、最悪の場合は10年間は市内中心部に巨大な空き地が出来ることになります。

というのも広島市の跡地利用計画案によると球場解体費用だけで5.4億円、施設整備なども含めますと総額33.6億円かかるとしています(19ページ)。
http://www.city.hiroshima.jp/www/contents/1137054279371/html/common/other/498294ba004.pdf

この33.6億円というのも計画が決定した分だけであり、商工会議所ビルなど未決定分は含んでいません。決定というのもあくまで計画案であって具体的な予算案や工事主体などは決まっていません。つまり詳細が決まらなければいつまでも空き地が存在するだけなのです。

新球場建設の場合を振り返ってみましょう。JRの貨物ヤード跡地を買収したのは1998年ですが、球場の建設に着工したのは2007年11月、実に9年もかかっています。その間、ああでもないこうでもないの議論を繰り返して、広大な空き地だけが存在し続けました。新しい施設を作るというのは実は大変な労力を必要とするものなのです。

また、これまでも書いたとおり新球場ではおそらくカープ以外の団体は使用制限されるでしょうから、市民球場が突然なくなった場合は大混乱するのは目に見えています。古い物を壊して新しいものを作ればいいという安直な発想こそが実は非常に現実離れしたものです。

そして広島市計画案のページに保存が困難な理由として維持費が年間6~7千万、耐震補強工事に約10億円かかるという試算が出ていますが、これについては次回以降に譲らせていただきます。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 広島情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

呼びかけと署名のお願い:広島市民球場を「登録有形文化財」にし...

私はかつてから,現行広島市民球場の跡地利用の最善の方法は「広島市民球場」そのものであること,少なくとも広島市が強行に進める「折り鶴記念館」なるものはクズ以下の下の下であって,必ずや後世に禍根を残すものであって,そのようなプロジェクトが進められること自体...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。