スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故カープは波に乗れないか、良く分かる試合。

せっかく昨日は打線も集中打で効果的に点を奪い、投手陣もリリーフ陣が踏ん張って上手く逃げ切ったと思いきや、またもやいつものカープの弱点が出て逃げ切りに失敗してしまいましたね。

マエケンは6回1失点に抑えて降板しました。3回には打球を足に当てるというアクシデントもありましたが、最高球速は153キロを記録するなど、速球はかなり回復したようです。

今年初めに本人が語っていたことですが、やはり今年から採用の統一球が今一つ、馴染めなかったことが速球が走らず、不調の原因だったと思われます。なので今後は明るい兆しが見えたのではないでしょうか。ちょっと球数が多かった点は気になりますが(6回で98球)。

しかし相変わらず心配なのはリリーフ陣です。7回裏、青木→梅津の継投で逃げ切ろうとして失敗しました。

これについては継投ミスとは言えません。勝ってる場面では、好調の投手を投入して逃げ切るのは当然でしょうし、現在のリリーフ投手の状況を考えたら、シュルツはまだ不調なので、こういう継投にならざるを得ないでしょう。

しかし、それでもイマイチ、安定感に欠けるのは事実。ここのところ上野が安定しているとはいえ、いつまでも好調とは限らないし、先発投手が早いイニングで降板した場合に任せられる投手がいないのも事実。

7回8回を誰に任せるかは、今のうちに確立する必要があるのではないでしょうか。あるいは昨日好投した岩見あたりを大抜擢するか。

そして打線。連続二桁安打も5試合で途切れてしまいました。8回には無死満塁という願ってもないチャンスをつかみながら、自分から逃してしまいました。

相手投手が不調の時は集中打が出るが、こういう肝心な時には一本が中々出ない、というのが今のカープの弱点です。まあこれは何度も言うように、主軸に長打が出るようになるのを我慢して待つしかないかと。

それにしても今年は特別ルールのせいで、引き分けが多い年です。既にカープの引き分けは3試合です。1982年に中日が優勝した際に、19引分けというのがありましたがそれに追いつく勢いです。敢えて引き分けを狙うというのも必要な戦い方かもしれません(今日みたいに追いつかれるばかりでは困りますが)。

-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、 sakochiさん。

確かに、継投ミスとはいえないですが、こう毎日のように起用され続ければ、疲れが出て打たれるのも仕方に気もしますけどね・・・
抑えてくれたら良いですが・・・

まだ、シーズンが始まって1カ月くらいなのに、もう中継ぎはスクランブル態勢ですからね・・
いつまで、もつか心配ですよ・・・
プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。