スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒田博樹はカープに復帰するか?

昨日のマエケンに続き、今日はソリアーノがプロ初勝利を完封で飾るという快挙を達成しました。意地悪い見方をしたら、阪神打線は優勝が絶望的な状態になって、モチベーションが下がっているのかもしれません。

それにしても、ソリアーノの調子は良かったです。バットをへし折ったこともありましたしね。球速以上に球が走っていたようです。

ところで、ロサンジェルス・ドジャースの黒田博樹投手の去就が注目されているようですね。今年で3年契約が切れます。

結論から言うと、私はカープ復帰は来年はないし、すべきでもないと思います。理由は、今年11勝、メジャー3年間で28勝した投手をメジャーリーグが簡単に手放すはずがないし、第一、今のカープでは金の話の前に、優勝争いはほぼ不可能だからです。

そもそも黒田が何でカープを出たか、優勝争いできるチームに行きたかったからです。しかし、「自分が広島市民球場でカープとカープファン相手に投げる姿は想像できない」と言った手前、日本の球団に行くことは出来ません。だからメジャー、それも名門で優勝争いできるドジャースという結論になりました。

もし来年、黒田が復帰してもカープの優勝争いはほぼ不可能です。

今年のセ・リーグは中日ドラゴンズの優勝で終わりましたが、143試合で中日は79勝しました。単純に優勝ラインは80勝とします。一方、カープの勝利数は10月1日現在、57勝です。もしカープが優勝を狙うためには23勝の上積みが必要なのです。

黒田が日本で一番勝った時が15勝です。それ以外はほぼ年間12~3勝です。つまり黒田がカープに復帰しても優勝ラインには届かないわけです。

今年のカープ投手陣の崩壊の原因は故障者が多かったせいだと言われてますが、原因はそれだけではありません。もともと、ルイスがいて大竹も永川もシュルツもいてもAクラス入りできなかったわけです。もともと、上位チームと比べたら投手の層が薄いわけです。毎年7月ぐらいになると決まって大型連敗を繰り返して下位に転落していく原因はそのためです。

さらにいうとリリーフ陣にはシュルツにしろ横山にしろ梅津にしろ故障の不安を抱えている投手が多いです。リリーフ陣の不安は解消されていません。上位チームと比べると投手の質量の差は明白です。

そもそも今年の故障者続出の責任はコーチングスタッフにあります。故障が一人二人出るというのはどこのチームにもある話です。しかし、一挙に5、6人出るというのは異常です。

カープ投手陣は山本浩二監督時代には防御率4・8ぐらいあったわけですが、ブラウンの時に4年かかってそれを3.59まで持って行ったわけです。それを今年のカープは僅か1ヶ月で壊したわけです。4年間の努力を全てパーにしたわけです。

コーチングスタッフを大幅に入れ替えるなら話は別ですが、どうもそういう話はまだ出てきません。残念ながらこのままでいく来年も性懲りなく同じことを繰り返す可能性が大です。地元放送局の評論家はカープOBが多いためスタッフを批判することがほとんどないし、球団もスタッフの責任を問わないからです。

黒田はどうも今がプロ入りしてピークの時のようです。そんな投手をメジャーが黙って見ているでしょうか。

もし来年、黒田がカープに戻ってくるためには最低限、次のような戦力補強が必要です。

1.黒田以外に10勝級投手を1人。
2.140キロ台後半を出せるリリーフ投手を2人。
3.長打力のある3塁手の助っ人1名。

巨人にしろ中日にしろ阪神にしろ強いチームのリリーフ投手は誰が出てきても常時、140キロ台後半の球速を出します。しかし、カープの場合、そういう投手は岸本ぐらいです。後は大島ぐらいでしょうか。その岸本も投げ過ぎで右ひざを痛めました。どう贔屓目に見てもカープのリリーフ投手は人が足りません。

そしてこれはここ数年の課題ですが、とにかく長打が打てる選手がいない。2005年の新井以来、30本以上打った選手は出ていません。今年は20本塁打以上打った選手が出ない様子です。これは実に1992年以来、18年ぶりの現象です。

新球場になってからホームランは減るだろうというのが圧倒的な予想でした。しかし現実はカープの選手の打球はスタンドまでと届かないが巨人や中日の選手の打球は簡単にスタンドまで届くという場面も何度も見せられました。

中日相手に昨年は13連敗、今年は11連敗食らった原因は、長打力の差にカープの投手も打者も圧倒されていることが大きいでしょう。この辺をどうにかしないとカープは強くなれません。そして黒田も帰ってきません。

-----------------------------------------------------
私たちは市民球場の性急な解体反対と、広島市と市民の話し合いの場を設置するための運動を始めました。

(旧)広島市民球場フォーラム
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。