スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと形になってきた先週のカープ

先週のカープは地元6連戦で5勝1敗。ようやく、地元初勝利をサヨナラ勝ちで飾ったと思ったら、重しが取れたように勝ち続けました。特に昨年13連敗を食らったドラゴンズ相手に3タテとはまさしく留飲を下げましたね、快感です。

ちなみに先週のデータはこうです。

・6試合 5勝1敗
・総得点数 26点(1試合平均4.3点)
・総失点  19点(1試合平均3.1点)
・本塁打数 4本
・盗塁数  14回企画して10回成功
・逆転勝利 3回



勝った要因は先発陣の踏ん張り、特に青木高の好投が大きいです。なにしろ中4日登板しましたから。唯一崩れたのは長谷川ですが、あれは相変わらずですので。

それより目立つのは攻撃陣です。久しぶりに二桁安打を記録したり17日の試合は6点差をひっくり返したりしましたが、先週のカープはよく走りましたね。計算したら10個も盗塁してました。特に17日の試合は4回盗塁してそれがほとんど点に結び付いています。出来過ぎかもしれませんが機動力野球がようやく身に付いたというか、気持ちいいです。

これは1,2,3番が好調というのも大きいですね。特に梵が好調でしたが、3番に入った末永も得点圏ではあまり打ちませんが、出塁率は高いです。

今週大活躍したのは赤松ですが、得点圏打率は何と10割です。昨年もそうでしたが赤松は本来はチャンスメーカーですが、どうもポイントゲッターという感じがします。左投手の時は5番にしたら面白いでしょう。

あと長谷川ですね。見るからにもともと先発適性がありません。今は先発投手が足りない状況だから仕方なく先発させたのですが、先発だと集中力がありません。しかしリリーフだといい投球をします。ちなみにジオや宮崎も同じようなタイプです。後半戦になると必ず投手陣に疲れが出てリリーフ投手が必要になりますから長谷川やジオはリリーフ専任にするべきでしょう。

あと永川勝は足を痛めてファーム落ちしましたが、この際、2軍でコントロールが良くなるまで徹底的に鍛えたほうがいいでしょう。

先週のウエスタンでは今井が3回無失点に抑えました。昨日は新外国人のスタルツが5回1失点の好投、ベイルも1回無失点と抑えました。ようやく投手陣は駒がそろってきました。あとは大竹だけです。外国人選手の競争も激しくなってきました。

梵は幸い、頭部には異常はないそうですが、右手に打撲ということで何試合かは休養するかもしれません。そうするとショートにはようやく打ち始めた小窪が入り、サードには栗原、ファーストには野村監督お気に入りだったヒューバーが入るでしょう。

今のチーム状態見たら、外国人打者はヒューバー1人で十分であとは投手でしょう。ヒューバーは結構、ランナーなしの場面で一発を打ったりするので、今のような使い方でいいでしょう。

クリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 広島情報へ
にほんブログ村

現行広島市民球場を「登録有形文化財」として保存しよう!(ネット署名運動中)
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。