スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民球場跡地でのイベント利用は違法?イベント開催の問題点を法的・経済的視点から考える。

現在、広島市民球場跡地はイベント広場として暫定利用されています。今後、市民球場跡地でのスタジアム建設を議論する場合には必ず、これとの関連が問題となってくることでしょう。では、あの場所でのイベント利用の問題点は何でしょうか。

①商業イベントを無償で開催しているのは違法の疑いがある。

②役所はイベントによる経済効果を調査公表していない。飲食イベント開催時は市内中心部の飲食店の売上が減少しているという話がある。

まず①から。平成25年9月以降、市民球場跡地はイベント広場として利用されており、条件を満たせば商業利用の場合も無償利用出来ることになっています。

中央公園(旧広島市民球場跡地を含む)におけるイベント利用について(広島市ホームページ)

<さらに球場跡地については、中央公園のなかでも特に交通利便性が高く、イベントが誘致し
易い立地条件にあることから、本格的な施設整備までの間、民間企業主催の物販中心のイベン
トを含め公園使用料を全額減免とし、同跡地でのイベント利用を促進します。>



別にあの場所をイベントを利用すること自体には問題はありません。それが広島市や広島市民にとって利益になっていれば良いことです。問題はこれが違法の疑いがあることです。まず地方自治法228条1項では以下のように規定しています。

【地方自治法】
第228条  分担金、使用料、加入金及び手数料に関する事項については、条例でこれを定めなければならない。(以下、略)



つまり公園使用料に関する事項は条例で規定しなければならない、ということです。次に広島市公園条例4条及び10条では以下のように規定しています。

【広島市公園条例】
(行為の制限)
第4条 公園において次の各号に掲げる行為をしようとする者は、市長の許可を受けなければならない。
(1) 行商、募金、出店その他これらに類する行為をすること。
(2) 業として写真又は映画を撮影すること。
(3) 興行を行なうこと。
(4) 競技会、展示会、集会その他これらに類する催しのために公園の全部又は一部を独占して利用すること。

(使用料)
第10条 次の各号に掲げる者は、当該各号に定める額(その額に1円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てた額)の使用料を納付しなければならない。
(1) 法第5条第1項、法第6条第1項若しくは第3項又は第4条第1項若しくは第3項の許可を受けた者 別表第5に掲げる額(公園施設を設ける場合及び公園を占用する場合(使用料の額が年を単位として定められているものに限る。)でそれらの使用期間が1か月未満のとき並びに公園施設を管理する場合の使用料にあつては、その額に100分の108を乗じて得た額。次項において同じ。)



このように広島市公園条例では「広島市管理の公園で商業活動を行う場合は使用料を納付しなければならない」と書いてあり、地方自治法では「使用料に関する事項は条例で定めなければならない」と規定されています。したがって市民球場跡地を無償使用させる場合は条例を改正するか、或いは条例上の根拠を明示しなければなりませんが、広島市のHPにはそれが一切、書かれていません。この時点で無償利用の措置は違法の疑いがあります。

念のため申しますと広島市公園条例11条及び広島市公園条例施行規則10条6項では市長判断で使用料を減免出来ることが書かれています。

【広島市公園条例】
(使用料の減免)
第11条 市長は、法第5条第1項、法第6条第1項、同条第3項、第4条第1項若しくは同条第3項の許可を受けた者又は大芝公園ゴーカートを利用する者の責めに帰することのできない理由によつてそれらの許可に係る行為又はその利用をすることができなくなつた場合その他市長が必要と認める場合においては、使用料を減免することができる。
(昭51条例37・平16条例62・平21条例39・平23条例16・一部改正)

【広島市公園条例施行規則】
(使用料の減免理由)
第10条 条例第11条に規定する市長が必要と認める場合は、次の各号のいずれかに該当する場合とする。
(1) 公の団体又は営利を目的としない団体が公益上の目的のために公園を利用するとき。
(2) 社会福祉施設に入所している者が引率されて大芝公園ゴーカートを利用するとき。
(3) 市の主催する行事に参加する者が大芝公園ゴーカートを利用するとき。
(4) 原爆障害者章、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は戦傷病者手帳の交付を受けている者が、当該原爆障害者章、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳又は戦傷病者手帳を提示して大芝公園ゴーカートを利用するとき。
(5) ガス事業法(昭和29年法律第51号)、電気事業法(昭和39年法律第170号)又は電気通信事業法(昭和59年法律第86号)の規定に基づき、公園に設置された公衆電話所又は市の管理する公園施設へ引き込むためのガス管又は電線(次条において「ガス管等」という。)を設けて公園を占用するとき。
(6) その他市長において減免を必要と認めるとき。
(昭51規則96・追加、昭54規則53・旧第7条繰下・一部改正、昭56規則37・昭57規則49・昭57規則61・昭58規則4・昭60規則104・昭61規則48・昭62規則23・一部改正、平5規則69・旧第8条繰下・一部改正、平7規則116・平11規則62・平19規則11・平20規則44・平21規則59・平23規則14・一部改正、平26規則6・旧第9条繰下



しかし前述のように条例のどの部分を根拠として使用料を免除しているのかどこにも書かれておらず全く不明で一般市民が確認することは不可能です。更に公園使用の許可要件には次のように書いてあります。

旧広島市民球場跡地でイベントを行う場合の公園使用許可について(広島市ホームページ)

3 プロ歌手の興業等公共団体の後援等が得られないイベント、イベントでの収益が開催経費を大きく上回るようなイベント、また、民間企業主催の概ね1か月を超えるような長期のイベントについては、使用を許可しない。

4 イベント主催者は、当該イベントの目的・内容が、本市等の公共団体の後援等を受けた公共性の高いものであること、営利を目的としたものではないことを条件に、公園内での開催許可及び使用料の減免という特別な措置を受けていることを認識し、イベント
開催に伴う後援名義の使用申請の際に公共団体に提出した予算書等の書類を、公園使用許可申請の際も提出し、改めて営利を目的とした内容ではないことについて、確認を受ける。

11 イベント終了後、イベント全体の収支決算書を提出し、イベントによる収益が開催経費を大幅に上回った場合には、その収益を、公共団体の後援等が認められた趣旨に沿った事業活動や、又はその他の福祉活動等に活用するよう努める。



このようにあくまで「営利を目的としないことを条件として」使用料を免除しています。したがって多額の収益が発生した場合は当然、使用料を徴収しなくてなりません。しかしながら許可要件の11では「その収益を、公共団体の後援等が認められた趣旨に沿っ
た事業活動や、又はその他の福祉活動等に活用するよう努める。」とあるだけで使用料を一方的に免除しています。これが違法の疑いがあります。地方自治法242条では次のようにあります。

【地方自治法】
第242条 普通地方公共団体の住民は、当該普通地方公共団体の長若しくは委員会若しくは委員又は当該普通地方公共団体の職員について、違法若しくは不当な公金の支出、財産の取得、管理若しくは処分、契約の締結若しくは履行若しくは債務その他の義務の負担がある(当該行為がなされることが相当の確実さをもつて予測される場合を含む。)と認めるとき、又は違法若しくは不当に公金の賦課若しくは徴収若しくは財産の管理を怠る事実(以下「怠る事実」という。)があると認めるときは、これらを証する書面を添え、監査委員に対し、監査を求め、当該行為を防止し、若しくは是正し、若しくは当該怠る事実を改め、又は当該行為若しくは怠る事実によつて当該普通地方公共団体のこうむつた損害を補填するために必要な措置を講ずべきことを請求することができる。



そもそも本来徴収すべき使用料を、条例上の根拠もなく広島市長の判断だけで免除していますから、これは「違法若しくは不当に公金の賦課若しくは徴収若しくは財産の管理を怠る事実」に該当し、住民監査請求も可能と言えます。また「営利を目的としないことを条件として」使用料を免除している以上、イベントの収益を把握するために収支決算書を提出させた上、公表することは当然の義務です。これを怠っているのも違法に公金の徴収を怠る行為に該当すると言えます。

次に市民球場跡地イベントの問題点を経済的側面から指摘します。市民球場跡地でのイベントは無償で行われており、年間使用日数は50~60日、観客動員数は50~60万人、つまり1日辺り平均1万人程度です。

旧広島市民球場跡地でのイベント開催実績(広島市ホームページより)



なお「島根ふるさとフェア」は元々、グリーンアリーナをメイン会場として開催されて来たものであり、市民球場跡地は2年前から会場の一部として使っているに過ぎず、しかも開催時には球場跡地への来場者は極めて少ない上に、別途人数調査もされていないことから同イベントの観客を含めることを不適切でありますので弊ブログでは除外して計算します。

無償で開催されていますので、いくらイベントを開いても広島市には1円も入りません。更に言いますとイベント開催をして、どの程度の経済効果があったのかも公表してません。2013年に開催された「ひろしま菓子博2013」の場合は、80万人が来場し152億円の経済効果があったと、県と市などで作る実行委員会は公表しています。

20131017.jpg

もっと問題なのは、市民球場跡地でのイベントには飲食系イベントが多く、平成26年度の場合は54日中34日が飲食系イベントですが、飲食系イベントを開く際は市内中心部の飲食店の売上が下がっているという話を聞きます。現実にお好み村にてそのような話を直接聞きましたしシャレオの飲食店もイベント時は売上が下がっているという話を聞きます。つまり無償で商業イベントを開いた上に市内中心部に経済的損失を与えている可能性大、ということです。更に言いますとシャレオは広島市の第三セクター会社ですが、売上が低下しているのが事実であれば広島市は全く矛盾した政策を行っていることになります。

更に次のようなデータもあります。シャレオの売上は平成23年度以降、毎年減少しているという事実です。しかも26年度は赤字に転落しています。

紙屋町シャレオ決算公告



イベント利用が本格化したのは平成25年9月以降ですが、売上減少とイベント開催の因果関係は不明です。念の為、シャレオの1日ごとの売上データの開示を広島市に請求しましたが、文書が存在しないとのことでしたので証明は出来ません。但しイベント開催が中心部の活性化につながっていないことは事実です。本来ならばイベント開催時にはシャレオの売上がどのように変化しているか、役所が調査すべきではないでしょうか。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。