スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年前から減り続けている選手年俸と球界の「広島化」

昨日28日、毎年恒例の日本プロ野球選手会による選手会所属選手の年俸総額が発表されました。それによりますと今年の12球団の選手年俸総額は267億7303万円で3年連続ダウンとなっています。

中国新聞20140429
しかしながらこれはこの2、3年の話ではありません。実は10年前から減り続けています。以下は毎年、新聞紙上に発表される選手年俸額を基に管理人が集計したものです。
(注:2009年は『週刊ベースボール』編集部の集計。1985年~1988年及び1993年は『週刊ベースボール』選手名鑑より管理人が独自集計)。

12球団選手年俸推移

これを見ますと2004年までは一貫して年俸額は増加し続けていました。FA制度導入前の1993年から2004年にかけては148億7900万円から285億7千万円と約2倍に増えています。ところが所謂、球界再編問題が2004年に発生して以降、減少に転じ2007年には過去最低の264億円3千万円まで減少します。その後、上昇に転じ2011年には過去最高の288億円5千万円まで増えますが翌年から再び減り始めます。

念のため言いますと選手会は1人当たりの平均年俸を重視しますが管理人は年俸総額を基準にしてます。

次に下はセパ両リーグの各球団の選手年俸総額の推移です。

セ・リーグ選手年俸推移

パ・リーグ選手年俸額推移

これを見ますとやはり2004年を境に各球団とも減少または現状維持に転じていることが分かります。巨人ですら年によっては大幅削減しています。阪神とソフトバンクは2004年以降も増やしてましたがやはり年によって増減しています。言い換えればどの球団も年俸抑制⇒黒字優先に舵を切っているということです。因みにカープは2002年以降は全く増えていません。

何故こうなったのでしょうか。よくプロ野球の経営は「親会社が赤字を補填する」と言われてきました。ところが2000年に企業には連結会計(連結決算)が導入されました。これにより連結会社つまり子会社の収支も親会社と一体化して処理することになりました。この結果、子会社であるプロ野球の赤字が出るとモロに数字に出ることになったのです。

更に親会社自体が儲からなくなってます。球団を消滅させた近鉄は勿論、ダイエーがいい例です。この結果、各親会社とも球団の赤字を広告宣伝費として処理するメリットが殆んど無くなり、黒字経営優先の「広島カープ化」が進行していることが年俸額から裏付けれられています。

下はプロ野球10球団の決算公告です。

プロ野球10球団賃借対照表

これによると半分の球団(広島、阪神、ソフトバンク、西武、日本ハム)は単年度黒字、残りの球団も横浜の1億2千万円が最高で残りは数千万円程度の赤字に止まっています。楽天などは僅か54万円の赤字ですから今年はマー君(田中将大投手)のMLB移籍に伴う移籍金20億円が入る予定なので黒字に転換することでしょう。

よく「カープは親会社がないから赤字は出せない」と言われますが、それも昔の話で多くの親会社は赤字補填するメリットはほとんど無くなっています。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

カープの強さはどこまで本物か?

現在、カープは13勝6敗で首位と好調です。

セ・リーグ順位表(スポーツナビ)

好調の要因は投手陣、リーグ1位の防御率を記録してます。そして打線はチーム打率、得点数ともリーグ最下位ですが1試合平均得点は4点以上、ホームラン数も2位と昨年までの貧打は解消されたかに見えます。

「今年のカープは優勝する」という声も結構、聞こえます。果たしてカープの強さは本物なのか。私は慎重論です。

というのは過去にもこういうパターンは何度かあったからです。即ち、春先から交流戦開始までは好調というパターンです。2011年がいい例です。あの時も5月中旬まではヤクルトと首位争いをしてました。

ところが交流戦に入った途端、貧打に陥り大型連敗が始まります。ついには投手陣も崩壊するという悪循環に陥ります。何故かというとセ・リーグの野球はパ・リーグに比べて低レベルだからです。交流戦が始まって10年目になりますが、セ・リーグの優勝は1回のみ、そして日本シリーズ優勝もセは2回のみで、どう見てもパが実力的に上回ってます。

カープというチームの悪運の強いところは、交流戦になると他のセ・リーグのチームも負け始めるところにあります。2011年がそうでした。10連敗もしながら順位はほとんど下がりませんでした。このため「カープは弱くないのだ」という錯覚が生まれます。

しかし秋になると実力差が出ます。実際、この年を始めとして毎年9月以降になると貧打から失速、というパターンを繰り返しています。

まずは交流戦の成績を見てみないとカープは強いのかどうかは判断できません。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

やはりマエケンの先発は不必要だった。

本日の試合、カープ先発の前田健太は5イニング4失点とヘロヘロでした。

本日のスコア(スポーツナビ)

先日の記事で予言したとおりです。やはり腕を痛めたマエケンを現時点で無理して投げさせる必要は全くありません。いま、カープは首位。しかもまだ4月です。2軍では福井、今井、武内が先発で好投しています。

本気で優勝を狙うのであれば一旦、登録抹消して25日からの巨人3連戦の初戦で投げさせるべきでした。優勝争いの相手は巨人ですから巨人を叩くのは当然です。

こういうあたり、去年前半同様、巨人に勝ちたくないとしか思えません。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

栗原がファームで好調。サードで起用すべき。

栗原がファームで好調のようです。記事は昨日の中国新聞。

DSC_0284.jpg

栗原の特徴から言って本格的に調子を上げるのは交流戦以降でしょうが、もしかすると交流戦に間に合うかもしれません。
そうすると問題なのは守備位置。ファーストにはキラがいます。

栗原はキャンプからサード練習をしていたようですが今後のことを考えたら今から2軍戦でもサードで使いべきではないでしょうか。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

堂林の起用法とカープの得点源とマエケンの今後と投手陣再編

昨日はカープが中日相手に5-0で快勝し、巨人は阪神相手に0-9と大敗。その結果、カープは単独首位に躍り出ました。
夜にはサンフレッチェはFC東京相手に千葉のヘディングで1-0で勝利して、こちらも単独首位に。この結果、カープとサンフレッチェが同時単独首位という快挙(?)を達成しました。

さて昨日のカープの試合ポイントをいくつか。まず堂林が初めてライトで出場しました。1回表には早速、ライトに大きなフライが飛びましたが追い付いて獲りました。あれを見てやはり堂林は外野向きだろうと思われます。それだけではないでしょうが、堂林の打撃が安定しない理由の一つは3塁守備の負担も大きいでしょう。

今後のカープには長打力のある選手が必要なのは間違いないのでライト堂林、サード松山、或いはライトを松山と堂林を競争させるという使い方をすべきでしょう。

昨日の攻撃陣ですが非常に画期的な点がありました。両外国人が打たないのに勝ったという点です。キラは相手が左腕の大野ということで休養、エルドレッドは3三振とサッパリだったにもかかわらず、それ以外の選手の活躍(廣瀬と石原)で得点しました。これまでほとんど両外国人頼みだったので大きいですね。ただ、今後もこれが出来るかどうかが課題です。やはり常にクリーンアップを打てる選手の登場が必要となります。

そしてマエケンにアクシデントが発生しました。右腕に痛みがあるということです。現時点では無理をするべきではないです。場合によっては登録抹消も致し方ないでしょう。

その場合の先発投手陣の編成ですが、やはり今後のことを考えてキッチリ中6日ローテーションを守るべき。恐らく代わりの先発投手を2軍から上げることとなりますが、その場合は何試合かは我慢して使うべき。昨年までのように強力打線の巨人戦に若手投手をぶつけて四球を出したら即交代2軍落ち、というような使い方は絶対にやめるべきです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

堂林の「出会い頭の一発(?)」に救われた試合と大瀬良の投球の問題点

昨日のカープの試合は大瀬良のプロ初登板ということで思い立って現地観戦しました。
打線は4併殺、特に延長戦に入ってから2イニング連続併殺など決して褒められた内容ではありませんが結果的には堂林の「出会い頭の一発」に救われました。
これも結果オーライです。延長戦に入ってから絶対にエラーが許されない場面。守備に難がある堂林をサードに入れる自体が冷汗ものですが、結果的に勝ったのですから良しとます。



それより気になったのは大瀬良の投球です。確かに大瀬良の投球は安定していて制球も良かったです。最後の方は握力が落ちたせいか、ボール球が増えて四球も1個出しましたが前半はボール球はほとんどありませんでした。反面、奪三振は僅か2です。MAXは147キロでストレートの多くは140キロ台前半でした。





言い換えると小さくまとまった、ということです。大瀬良は本来、速球投手であり、ストレートで押して三振を取るタイプの投手のはずです。

考えられるのは野村謙二郎の指令でしょう。ノムケンは過剰なまでに若い投手の四球を嫌い、全部の投手に対して前田健太や野村祐輔のような「まとまったタイプ」の投手になることを要求します。

勿論、時と場合によっては投手の持ち味よりも勝つことを優先する投球も必要でしょうが、最初から大物投手の素質がある投手を小さくまとめるようでは、才能の芽を摘むことにしかならないでしょう。非常に心配です。こういう大器はもっと大きく育てて欲しいものです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。