スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『中国新聞』が「スタジアム反対」世論を捏造していた証拠

先週25日土曜日、旧日本銀行広島支店にて「旧広島市民球場跡地を文化イベント広場に!」というシンポジウムがありましたので参加してまいりました。

そこで広島市文化協会関係者より「20日に松井一實・広島市長に面会した際、市長は『球場跡地は文化芸術の場として進めていく』と言われました」という発言がありました。他の参加者も同様の証言をしております。

これは球場跡地活用という市政の重要課題を市議会や市民の声を聞かず、市長と一団体の話し合いのみで決定したということです。しかしながらこの重大発言を広島のメディアは全く報道しておりません。

それもそのはずで、こと球場跡地とスタジアム問題について広島のメディア、特に中国新聞は事実を伝えませんし場合によっては世論捏造まで行なっています。その証拠として次の新聞投稿を紹介します。これはいずれも昨年の中国新聞の投書欄「広場」に掲載されたものです。

中国新聞20130105
2013年1月5日掲載


中国新聞20130527
2013年5月27日掲載


中国新聞20130829
2013年8月29日掲載

「無職 吉村 淳 74歳」と一見して一般人のようですが、この投稿主は広島テレビの元報道制作局長です。投稿内容も毎回、微妙に変えてはありますが趣旨はいずれも「平和の場所である球場跡地にサッカースタジアムを作るとはケシカラン」というものです(ついでに言いますと1/5と5/27の投書はいずれも「球場跡地よりも駅前と宇品地区の開発を優先しろ、と言ってます)。要するに

元マスコミ関係者による同一内容の投書を一般人を偽装して3回も掲載した

ということです。こういうのを「世論捏造」と言います。しかも5月27日投書は、サンフレッチェ等、3団体による「球場跡地にスタジアムを作ろう」というシンポジウムが行なわれた翌日という絶妙の(?)タイミングでの掲載です。更に言うと5/27及び8/29は目立つようにわざわざ、紙面の右上に持って来ています。

このインターネット時代に、こんなことをしてバレないとでも思っているのでしょうか?相当、広島市民を舐めているか、或いは余程、熾烈な政治的圧力がかかっているかの、どちらかです。

そもそも平和を語るならまずは民主主義と言論の自由を遵守するべきです。事実を捏造するという行為はマスコミが絶対にやってはならない行為です。戦争中の大本営発表も顔負けの世論捏造であり、こんなことをやっていて平和、平和とは笑止千万です。

大体、「球場跡地は平和の祈りの場」という言葉はスタジアム建設の場合だけ使われます。それ以外の文化芸術案や緑地イベント広場案に対しては向けられることはありません。その証拠に中国新聞に、そういう投書が載ることはありません。管理人も被爆三世なので身に染みて分かりますが、広島に於いては「平和」と言われたら反論出来ません。それをこのような形で宣伝するとは悪質極まりない行為です。

広島では特に球場跡地とスタジアム問題になると、世論捏造が堂々と行われており、決してマスコミ報道を鵜呑みにしてはならない、ということを教えられます。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

「清貧球団カープ」の俗論を徹底検証する4~カープ球団には金の流れを公表する法的義務がある

新球場が完成した際、広島市とカープ球団の間で「新広島市民球場の管理に関する基本協定書」という文書が交わされています。

DSC_0165.jpg


その中から主要部分だけを抜粋します(以下、「甲=広島市」「乙=広島東洋カープ」)。

第25条 乙は、毎年度甲が指定する期日までに、別と甲が定める様式により、次の各号に示す事項を記載した各年度の年度事業計画書及び収支予算書を提出し、甲の確認を受けなければならない。年度事業計画書又は収支予算書を変更しようとするときも同様とする。
(1)本業務の実施計画
(2)第三者に委託する業務内容
(3)管理施設の利用促進に係る数値目標とそれを達成するための利用促進策
(4)利用料金収入見込み及び管理経費の収支見込み
(5)アンケートの実施等による利用者ニーズの把握
(6)その他甲が支持する事項

第28条 乙は、別紙4の様式の事業報告書に収支決算書を添えて、毎年度終了後30日以内に甲に提出し、甲の承認を得なければならない。
2 乙は、甲が年度途中に於いて乙に対する管理指定者の指定を取り消した場合には、甲が指示する日までに、当該年度の開始日から指定取り消し日までの間の事業報告書及び収支決算書を提出しなければならない。
3 甲は、必要があると認めるときは、事業報告書の内容その他関連する事項について、乙に対して説明書の提出または口頭による説明を求めることが出来るものとする。

第53条 乙は、広島市議会等からの各種調査依頼について、甲からの対応の依頼があった場合には、誠実に対応するものとする。

======================================================

管理人は25条及び28条に関する文書を入手しました。これはあくまで球場の運営管理に関する文書でありカープ球団の経営実態を明らかにするものではありませんが、ともかく、球場の運営管理に関しては金の動きを報告する義務があります。

そして53条にあるように仮に広島市議会がカープ球団の経営実態解明を要求した場合には、答える法的義務があります。

また広島市議会で新球場建設を議論した際にも広島市の担当者は以下のような発言をしています。

平成17年10月4日本会議 南部盛一 都心活性化担当局長の発言
【カープ球団の経営の透明化につきましては,松田オーナーが新球場建設促進会議において,経営の透明化に努めていきたいといった発言をされております。それを踏まえた対応がなされると考えております。その中で,株式の公開といったようなこともあると思いますけれども,それは,経営の透明化や市民参画の一つの方法だとは理解してはおりますけれども,これは球団の経営にかかわることでございまして,基本的にはカープ球団において判断されることであるというように考えております。
 なお,今年度,事業計画を策定していく中で,カープ球団から将来展望についてお聞きすることにしておりまして,その中で,市民球団としての取り組みについてもお聞きをしてまいりたいというふうに考えております。】

平成18年2月21日 南部盛一 都心活性化担当局長の発言
【次に,新球場建設についてでございます。
 まず,カープ球団の将来展望等についてですが,カープ球団とは,最近では昨年12月に私がカープの取締役営業本部長と,また,昨年から今日まで数度にわたりまして山田助役が松田オーナーと,球場施設や今後の経営等の取り組み,建設費負担などについて協議しております。このほか,新球場建設担当部長と課長がカープ球団と適宜協議いたしております。
 カープ球団は,今後の経営等の取り組みについて,まず1点として,市民球団として,これまで以上に地域に密着した積極的な取り組みを行い,観客増につなげたい。今シーズンの主催試合の入場者数は130万人──昨年約105万人でございましが,130万人を目標に努力する。
 2点目は,新球場の入場者数の取り組みについては,コンペにより施設内容が具体化した段階で見込みを立てたい。
 3点目として,経営内容については,昨年の都市活性化対策特別委員会に提出した営業報告書等を毎年市に報告するといったような考え方をお持ちでございます。
 本市といたしましては,近年,カープの成績が低迷していますが,地域と一体となって各種の取り組みを進め,チーム力の強化と経営の安定化に,より積極的に取り組んでいただきたいというように考えております。】

これにあるようにカープ球団は公の場や広島市に対して「経営透明化に努める」と約束しており、経営・財務情報を開示する義務があるのは言うまでもありません。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

市民球場跡地の「緑地イベント広場利権」を斬る

20日、「広島市文化協会」が広島市長に対し「市民球場跡地は緑地イベント広場として整備せよ」という提言を行ないました。

20140121 001

この「広島市文化協会」なる団体、広島市から補助金を受け取るなど市役所と関係の深い団体です。「広島市の方針を支持」と記事にありますが、そのことをよく表しています。元々、この団体は広島市の「球場跡地委員会」で「緑地イベント広場案」を提案してきた団体であり、目新しいものはありません。

何故、このタイミングで広島市長に「緑地イベント広場整備案」を出して来たのか。やはり「複合サッカースタジアム案」が支持を拡大していることに危機感を覚えたこと、広島市議会の建設委員会で21日火曜日に球場跡地問題が議論される前にぶつけて来たのでしょう。絶妙のタイミングです。

今までは広島財界が「緑地イベント広場案」(と広島商議所ビル移転新築)を強硬に推進して来たわけですが、今度は「文化・芸術団体」という名目で出してきたのは何故でしょうか。

そこにはもはや、「緑地イベント広場利権」というべきものが存在している、と見るべきでしょう。広島市文化協会会長は広島経済同友会特別顧問でもあります。「文化だ芸術だ」といいますが、イベントをやればこの人たちは役所から補助金が出ます。

また博覧会など大型イベントの場合、役所からの持ち出しになります。そして赤字が出たからと言って法的責任は生じません。実際、昨年夏、広島県が支出した「ピースアーチ」は数億円を支出して、ほとんど人が集まりませんでしたが、たいして責任を問われていません。

また仮に数年に1度の大型イベントが球場跡地で開催されれば、イベントの実行委員会事務局は当然、商工会議所ビルに入ります。つまり広島財界や文化・芸術団体はイベントをやればやるほど金が入って来る構造になっています。更に言うと大型イベントをやれば地元マスコミには大量の宣伝広告費が入ります。勿論、普段の公園の維持管理費は全て役所の負担です。

サッカースタジアムの場合はサンフレッチェ広島やサッカー協会が使用料を払って維持費を負担しなくてはならないのとは大違いです。

それにしても松井一實・広島市長は複合スタジアムを推進する市民や団体とは一切、面会しませんが、こういう団体とは簡単に面会して意見を聞きます。以前にも書きましたが広島財界と市長の間に何らかの秘密合意が存在するのでしょう。

広島経済界がデマを飛ばしてまでサッカースタジアムに反対する理由とは?

これまではスタジアム推進派は複合サッカースタジアム案に反対する勢力を説得しようと試みてきました。しかしもはや、説得は水泡に帰しました。今後はイベント広場利権と商議所ビル移転密約の真相解明に全力を挙げるべきでしょう。

最後にもう一つ。「市民球場跡地は本来、平和を祈る場所になるはずだった」という話について。これは秋葉・前市長が「球場を解体して折鶴ホールを作る」と発表してから初めて出て来たプロパガンダであり、もっと言えばデマです。

そもそも旧市民球場を作る時に「復興の明かりが灯った」と喜ぶ人はいても、そんな暴言を吐く人はいませんでした。或いは新球場の移転を議論した際も市の検討会議でも市議会でもそんな意見は出ませんでした。そのような暴言は全て、前市長による緑地広場整備案が出てからであり、地元マスコミによる捏造品です。

例えば昨年、中国新聞の投書論には元マスコミ関係者による「球場跡地は平和の場所に」という投書が何と3回も掲載されました。日付は1/5、5/27、8/29です。

一般人が一回限りならともかく、元マスコミ関係者、しかも元広島テレビの制作局長というステータスのある人間による同一内容の投書を3回も掲載するという、これを「捏造」「デマ」と言わずして何というのでしょうか。

この問題を調べれば調べるほど広島のおかしな点が浮き彫りになります。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

サッカースタジアム検討協議会にてカープの球場建設と運営管理について言及

昨日14日、広島県庁にて「第8回サッカースタジアム検討協議会」が開催されました。
(詳しい内容は【平成26年1月14日第8回サッカースタジアム検討協議会@広島レポート】)

主な内容はガンバ大阪が建設中の新スタジアムについての説明と質疑応答、その後は各建設候補地についての意見や情報提供の要望でした。

例えばサンフレッチェの小谷野社長からは中央公園が候補地に挙がった点について、

・以前のスタジアム建設検討の時は候補に挙がってないのに今回挙がった理由は何か?
・周辺住民はどう思っているのか。広島市は調査の上、知らせて欲しい。

と事務局に要望しました。確かに以前にも書きましたが中央公園が突然、候補に挙がったのは実に胡散臭いですね。
(片腹痛い?中央公園サッカースタジアム案)

野村尊敬氏も「ピッチは南北方向でなければならない。東西方向にあるとゴールキーパーに西日が入ってやりづらい。中公園だと東西になってやりづらい」と発言してます。

そしてスタジアムの建設資金や運営管理を検討する過程で委員からは事務局に対してこんな要望も出ました。

・マツダスタジアムの建設資金はどのように調達したのか。そしてカープが指定管理者になっているが、どのような経緯でなったのか教えて欲しい。
・マツダスタジアム西側にカープの練習場が建設されることになったが、どういう経緯でなったのか。

恐らくこの発言を聞いてカープ球団の上層部は大慌てしたのではないでしょうか。スタジアム問題はカープ球団の経営問題とは直接関係ありませんが、ついに公の場でカープ球団と広島市の関係について言及されることになりました。いずれ両者の不適切の関係が明らかになることでしょう。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

「清貧球団カープ」の俗論を徹底検証する3~「カープは親会社がないから金がない」の嘘

カープ球団は他球団と違い、親会社が株式を100%保有するという子会社形式ではありません。一方で「カープはマツダの子会社」という誤解もたまに存在します。

先日の記事で「カープは親会社がないから金がない」というのは俗論、もっと言えばウソであるということを証明しました。繰り返しになりますが現実には親会社を持つ他球団よりもカープは単年度で2~3億円、累積黒字でも30億円以上と多額の金が入っています。そしてこれは株主配当や役員報酬を引いた残り額です。再度掲載します。

「清貧球団カープ」の俗論を徹底検証する1~カープは累積黒字30億円の金持ち球団

さて「カープには親会社がない」という声、しばしばカープ球団が金を出さないことを正当化する論法として使われています。ここでまずはカープ球団は誰がどのような形式で保有しているのか見てみましょう。

カープ球団の株式は株式会社マツダの創業者である松田家とマツダが保有しています。その内訳は次の通りです。1)

・マツダ株式会社34.2%
・松田元20.4%
・松田弘12.2%
・松田勢津子10.1%
・株式会社カルピオ18.5%
(2005年時点での資料)

自動車メーカーであるマツダが株式の3分の1を保有してます。更にカープのユニフォームやチケットにはマツダの広告が入ってますからマツダからスポンサー料が出ています。但し詳細な金額は不明です。そしてカルピオは松田家が実質的に所有する会社です。

次に松田一族が所有又は役員を務める企業を紹介します。カープ球団には親会社はありませんが松田家の親族は球団とは別に会社を所有していたり或いは役員を務めています。

・株式会社アストロメディア広島(映像制作会社)
DSC_0177.jpg

広島エフエム放送
広島マツダ
アンフィニ広島

【松田元オーナーが取締役を務める企業】
広島テレビ放送
みずま工房
(いずれも現在はホームページから削除)

注:みずま工房はカープグッズを制作する会社

これを見れば一目瞭然ですが松田一族はカープ球団以外の収入及び財産を所有しており「カープには親会社がないから清貧球団である」とは嘘であることが分かります。

1)広島市議会本会議、平成17年9月30日、谷口修議員の質問。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

2014年は「広島スポーツ界二大タブー」打破の年

みなさま、明けましておめでとうございます。
旧年中は大変、お世話になりました。
今年もよろしくお願い申し上げます。

今年の幣ブログは、今や広島スポーツ界のみならず広島市政にとっての「二大タブー」問題の解明を中心に取り上げていきます。即ち、

1.旧市民球場跡地には広島商工会議所ビルを広島市の補助金により移転新築し残りは「緑地イベント広場」化して商議所に独占させる。よって広島は滅んでも球場跡地にはサッカースタジアムは作らせない、とする広島市長と広島財界の密約。

2.カープは「市民球団」の看板を掲げて松田一族が永久に独占支配する。カープ球団の御用マスメディアと一部の狂信的カープファンと松田一族親衛隊を使って「カープは清貧球団」というプロパガンダを行ない、カープに関する金の流れは徹底的に隠す。

この2点です。
幸いにも真相究明の動きは徐々に支持を集めつつあります。今年こそは実を結ぶことでしょう。
ご声援、よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。