スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「清貧球団カープ」の俗論を徹底検証する2~「新球場で試合経費が1試合平均6千万円も増加」の真偽

先日の記事に対して、こんなクレームが来たので全文掲載します。

【つまり「累積黒字が記載10球団中トップ3なのでカープは金持ち球団だ」との主張でしょうか。
だとしたら黒字額がカープを下回っているソフトバンクやロッテ、そして赤字計上の楽天やオリックスは皆カープよりも貧乏球団だと云う事になりますが、そんな訳はありませんよね。
これらの球団の殆どは親会社の広告費、又はオーナーのポケットマネーに拠って運営されているので、極端な話(実の所そんなでも無い)赤字計上されたとしても然程痛くも痒くも無いのに対し、親会社を持たないカープの場合は黒字が絶対必須、と云うこの独立採算球団としての置かれた立場に大きな違いがあります。
30数億円と言う累計黒字額は球団経営をする上で、果してそれ程に大きな金額なのでしょうか。

例えば仮に来季カープが優勝したとします。
そうすれば当然ながらこれ迄万年Bクラスのチーム成績を理由に低く抑えられて来た選手の年棒(12球団中11位)も当然他球団並みに上げてやらなければならなくなります。
そして連覇でもしようものなら、恐らくその時点でそれ迄漸く蓄えてきた累積資金もそろそろ底が見えて来る筈です。
そうなればカープ球団は黒字維持の為、年棒抑制策を練り、逆に思う様に年棒が上がらない事に不満を持つ選手側からの移籍希望も出て、一気にチームは弱体化の道を辿るでしょうね。
これが個人商店的球団の悲哀、実情です。
12球団中位以上の選手総年棒を維持しながら毎年優勝争いをするチームであり続けることが出来て初めて健全なる球団運営と言える筈。
それが事実上不可能なカープはやはり清貧球団と言わざるを得ないと思うのですが、如何でしょうか。 】


⇒憶測じゃなく、キチンとした資料を調べてから言えよ、って話。それなら各球団の売上と経費の資料を探し出して比較してみなさい。利益剰余金とは株主配当や役員報酬を差し引いた額だということを繰り返し強調します。

「カープは親会社がないから金がない」
とはカルトファンが好んで用いる論法ですが、マツダはカープ球団の株式の34パーセントを保有してますから(平成17年9月30日広島市議会本会議より)完全に独立しているというのは厳密には間違いです。他球団と違って親会社の子会社という形態をとってないだけの話です。

じゃあ松田家はボランティアでカープ球団を保有しているのか。そんな訳がない。松田家はカープ球団以外にもアストロメディア、みずま工房、カルピオなど様々な会社を所有していたり松田オーナーなどは広島テレビの取締役も務めるなど他企業の株式を多数、保有していたり役員報酬もあります。独立採算性とか言う前に、松田家の財産や事業収入も含めて全部調べろよ、って話です。

親会社があると言ったって昨今の厳しい経済状況で、しかも株式会社かつ大企業は株主や労働組合に対する説明責任もあります。親会社があるから湯水の如く金を投入できるというのは完全なる間違いであり、無知を公言するようなものです。30億円じゃ少ないというなら、じゃあ何億円あれば十分なのか、ちゃんと証明しなさい。

大体、優勝したら金がかかるから優勝しないほうがいいとか、完全に松田元の忠実な僕ですよ。だから松田元支持の多数派カープファンはカルト信者だというんです。

以前の記事にも書きましたがFA流出選手はカープが7人に対し、西武ライオンズは13人で毎年のように選手が流出しています。しかしながらライオンズが毎年のように優勝争いに参加しているのは選手の育成能力が優れているからであって、カープもそうすればいいだけの話。カープは「育成球団」を名乗りながら実際には育成する意思も能力も欠けてます。

そもそも「優勝したら金がかかるから負けろ」とか完全なる「八百長行為」ですよ。プロ野球の冒涜。こんな輩にスポーツを語る資格なし。ハッキリ言ってプロスポーツの発展に邪魔になるだけでけがわらしい。


さてカープが新球場に移転して以来、売り上げは大幅に伸びました。例えば旧市民球場時代は年平均60億円程度だったのが移転後は平均100億円前後です。しかしながら黒字額は何故か2~3億円程度にとどまっています。1)

これについて松田元オーナーは広島市民球場運営協議会に於いて
「警備費用や試合経費増加のため」

と述べています。2)

しかしながら例の如く、漠然とした物言いだけで具体的説明はありません。この説明だと新球場移転後、1試合平均の警備費用は6千万円増加したことになります。年間売り上げが40億円増加、マツダスタジアムでの公式戦が年平均70試合前後であることを考えると、そのくらいになります。

1試合当たりの試合経費が旧球場から新球場に移転してどの程度増加したのか、警備員や球団スタッフをどの程度、増やしたのか、詳細な説明は何一つありません。

広島市議会で新球場建設問題が議論された際には、カープ球団関係者が出席してカープ球団の営業報告書を基に球団経費などを詳細に説明しています。3)
が、肝心の新球場が出来てからは、そういう説明は一切ありません。

何故、具体的説明がないのでしょうか。理由は簡単で株主配当や役員報酬など、公表出来ない名目で分配している疑いが極めて濃厚だからです。

昨年、『マツダ商店はなぜ赤字にならないのか?』が出版された直後、予想通りバッシングが起きましたが、そういう人に限って実際にカープ球団及び松田一族の金の流れについて何一つ、自分で調べ物をしてないんですね。幣ブログにクレーム付けて来た信者もそうですが、恐らく松田一族の別動隊でしょう。

最後に新球場オープンの際、広島市とカープ球団との間で

「新広島市民球場の管理に関する基本協定書」

というのが締結されています。

この協定書28条

「乙(カープ球団)は、別紙4の様式の事業報告書に収支決算書を添えて、毎年度終了後30日以内に甲(広島市)に提出し、甲の承認を得なければならない」

と記されています。まだ入手しておりませんが、広島市公文書館に行けば市民でなくても誰でも開示請求が出来ます。これを見ればカープ球団の金の流れが、かなり分かるはずです。

何度も言いますがカープ球団を擁護したり批判者に文句を言うのであれば上記の資料などをキチンと読んでから言うように強く要求します。

1)広島市民球場運営協議会(広島市)各年度資料より
2)第1回広島市民球場運営協議会会議要旨6ページ
3)平成17年8月9日広島市議会都市活性化対策特別委員会

【参考資料】
・広島市民球場運営協議会(広島市)
・平成17年8月9日広島市議会都市活性化対策特別委員会

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

「清貧球団カープ」の俗論を徹底検証する1~カープは累積黒字30億円、資産58億円の金持ち球団

幣ブログでは「カープは金がない」

という俗論を徹底打破すべく様々な資料収集を行うことにしました。
その一つとして『官報』に掲載されているプロ野球各球団の決算公告書を一つ一つ当たってみました。

その結果、次のような事実が判明しました。以下は各球団の利益剰余金、平たく言うと累積黒字、そして各球団の資産額です(巨人、中日は未確認)。

carprieki20131227.jpg

(左が利益剰余金、右側が資産)

・広島     30億円           58億円

・日本ハム   39億8千万円         78億円

・阪神     55億4千万円      132億9千万円

・ソフトバンク 18億円         44億円
    
・楽天     ▲4億円        99億円

・ロッテ    4800万円          32億円

・オリックス  ▲3300万円       21億円

・西武     21億8千万円      39億円
   
・横浜     6200万円    40億円

・ヤクルト   4億3800万円       20億円    

これを見るとカープを利益剰余金でカープ上回るのは阪神、日本ハムの2球団のみであり、資産で言うと阪神、日ハム、楽天の3球団のみであり「カープは金がない清貧球団」というのは俗論、もっと言えばデマであることが分かりますね。なおカープのこの金額は2年前の数字であり、現在だと利益剰余金は35億円程度になるものと推定されます。

更に言いますと「株式会社広島東洋カープ」は今年になってからは『官報』に決算公告を掲載しておりません。昨年来、『マツダ商店は何故赤字にならないのか?』の刊行などカープ球団の金に関する疑惑が持ち上がっているためだと思われます。

因みに毎年の利益剰余金は法人税、株主配当、役員報酬などを差し引いた残りの額です。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

広島経済界がデマを飛ばしてまでサッカースタジアムに反対する理由とは?

サンフレッチェの2連覇以降、広島では益々、サッカースタジアムを求める声が高まってます。去る18日、エディオンスタジアムで開催されたサッカースタジアム協議会では市民球場跡地を押す雰囲気が高まったとも聞きます。

さて広島の月刊経済誌は2か月連続で「球場跡地へのスタジアム反対」のネガティブキャンペーンを続けています。事実上、広島商工会議所が発行している『ビジネス界』ですが10月号は

専用プロサッカー場はどこへ行く?

というもの。これ完全なるデマです。サンフレッチェなど3団体が求めているのは「複合サッカースタジアム案」であり「サッカー専用」ではないし、ましてや「プロ専用」などと誰も言ってません。

20131208 001

では何故、広島経済界はデマを流してまでスタジアムを阻止したいのか。恐らく秋葉・前市長時代に広島市と商議所の間で交わされた

「旧球場の1塁側スタンドあたりに商議所新ビルを移転新築し、それに広島市から補助金を出す」

という密約が裏で生きているのか、又は松井一實・広島市長と財界の間で選挙の時に密約が結ばれたのでしょう。前回の選挙時のインターネット情報ですが、メディアで松井氏の優勢が伝えられるや、球場跡地を緑地イベント広場(即ち商議所ビル移転)推進派が松井事務所に出入りするようになったようで。

石橋竜史市議のブログによりますと、どうも松井市長は最初から「球場跡地スタジアム反対」だったようで。
石橋りゅうじブログ

そして松井市政下で設置された市民球場跡地委員会の22名の委員の多くがスタジアム反対派で占められていた事実(つまり意図的に選任された)や、市長が球場跡地活用案から意図的にスタジアムを排除したこと、そして最近の「サンフレッチェは2位でいい」という「八百長発言」を始めスタジアム建設に否定的な最近の発言を聞くと、余りにも広島経済界の動きと連動しており、こう見ると選挙時に財界との間で「球場跡地にビル新築移転」密約があった疑いが濃厚です。

大体、こういう記事書くなら署名入りで書けよ、と言いたいところですが、匿名で書くあたり、公に出来ない事情があるのでしょう。あとスタジアムは行線負担だとかスタジアム推進派には金はないとか、市民やサポーターを馬鹿にした発言を連発してますが、公共インフラ整備はみんな行政負担です。正しく言うとインフラ整備の時は地方債を発行し、長期間かけて少しづつ返済して行きます。

地域経済振興策というのは自治体の大事な仕事の一つのはずです。スタジアムが出来ることで周辺の集客効果ということもありますが、サンフレッチェの株主やスポンサー企業への恩恵もそれなりにあります。つまりは広島の経済全体への波及効果もあるのです。スタジアム建設というのは、いろんな経済効果を考えたうえでの提案でありちゃんと意味のあること。

それを「何でもかんでもお願い・要望」とはバカバカしい限りです。広島最大の不幸は、こんなクダラナイ議論しか出来ず、広島をよくするためのまともな政策も立てられない連中が上に立っていることです。

例えば広島市中心部の現状を考えたら商議所ビルは球場跡地よりも、むしろ立町の朝日会館跡地に建てる方が有効なはず。あの辺は広島のビジネスの中心地であり、あのような一等地を平面駐車場にしておく方が余程、広島にとって損失です。街全体のことよりも自分等の利害しか頭にない連中が広島を支配しているのであるから広島がどんどん衰退するのは当然のことです。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

サンフレッチェ2連覇は旧球場の怨念である。

先週、サンフレッチェ広島が2連覇を達成しました。私は旧市民球場跡地で開かれたPVを見に行って来ました。報道では観衆は3500人と言ってましたが実際はまだいたのではないか、と思います。

さて昨日はその市民球場跡地で優勝報告会がありました。午後3時現在で7度という非常に寒い天候ながら会場には1万3千人もの市民・サポーターが詰めかけました。

P1090249.jpg

こぼれ話をすると松井一實・広島市長が登場すると場内から失笑が起きました。そして行事の最後、サンフレッチェ広島の小谷野社長が「スタジアム建設運動へのご支援をお願いします」とコメントして締めくくりました。

一番感動的だったのは森保監督による
「私は広島の皆さんが喜ぶ顔が見たいです」
というコメントでした。

サンフレが2連覇という偉業を達成出来たのは勿論、選手や関係者の努力でありサポーターの声援です。
しかし何か、「あそこにスタジアムを作れ」という因縁めいたもの、無残に壊された旧球場の怨念を感じます。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ

テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

遂にボロを出した松井市長の「八百長発言」とアンチスタジアム派

既に知られているように松井一實・広島市長がマスコミ関係者との懇談会の席上、
「サンフレッチェが優勝するとスタジアム問題で土俵際に追い込まれるので2位でいい」

と発言しました。これは立派な「八百長行為」です。
何故ならば広島市はサンフレッチェ広島の株主の一人でありスタジアムの所有者でもあります。これは八百長行為以外の何物でもありません。

因みに日本ではスポーツの八百長自体は犯罪にはなりませんが国によっては、犯罪になるケースもあります。そもそもJリーグはtotoの対象となっていますから、今回の発言は冗談で済まされる問題ではなく極めて悪質です。

ところで今回の発言で改めて明らかになったのは松井市長は広島の「アンチスタジアム派」の傀儡政権だということです。今年3月、旧市民球場跡地活用案を発表しましたが、市民の中では複合スタジアムを支持する意見が一番多く、尚且つ必要性もあるのにわざわざ、「緑地広場+文化施設」を出し、スタジアムはサッカースタジアム検討協議会で球場跡地案を採用した際に再検討すると、判断から逃げました。

今年に入ってから、特にサンフレ、県サッカー協会、サンフレ後援会の3団体が「球場跡地を複合スタジアムに」と主張し始めてからの「反スタジアム派」の言動というのは完全に暴走していて完全なネガティブキャンペーンになっています。

例えば広島の経済専門誌『ビジネス界』9月号は「片腹痛い!球場跡地スタジアム案」と題する記事を載せましたが、そこにはカープファンやサンフレサポーターを「キチガイ」呼ばわりする文言まであります。

また中国新聞には同一人物による「球場跡地は平和の場所に」という投書が3回も載りましたが、これが何と元広島テレビの制作局長というマスコミ関係者の投書でした。このように見え透いた情報操作まで行なって何が何でもスタジアムを阻止したいようです。

それならスタジアムは財政的に厳しい、それよりも常時イベントを誘致したり文化施設を建て方が効率がいいとか、いくらでもマシな言い訳があるでしょう(実際はイベント誘致はほぼ無理ですが)。

松井市長だけでなく反スタジアム派はアンチスタジアムに狂う余り、自ら墓穴を掘った、というべきでしょう。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ 女子サッカー・なでしこジャパンへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ

テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。