スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島市中心部にこれ以上、公園が必要ない理由。

先日幣ブログにて

「球場跡地にサッカー場はいらん」と言われたらこう言い返せ。

という記事を書いたところ、かなりの反応があった半面、誤解もあったようです。念のため言いますと、私の意見はあくまで個人の見解に過ぎません。

広島では以前からサッカー専用スタジアムを渇望する声や、市民球場をサッカー場に改造するよう求める声が根強くあり、私はそれらを支持して来ましたし、今でもいろんな形で支援しています。だからと言って、私のブログは、それらを代表するものではありません。

即ち「私の意見=広島に於けるサッカー場推進派の主張」と括られるのは迷惑ですし運動を推進する人にとっても迷惑なことです。その点を強調したいと思います。

さて本題に入りますが、私の言わんとすることは、

これ以上、広島市中心部に緑地広場又は巨大公園は必要がない

ということです。実際、航空写真で広島の都心を見てみましょう。





市民球場跡地周辺には公園や緑地広場がいくらでもあるということが一目瞭然です。平和公園、中央公園、広島城公園などです。球場跡地周辺にも緑地がいっぱいありますよね。そして問題はそれらが、どれほど活用されているのでしょうか。

休日に平和公園や中央公園に行ってみますと、平和公園北側や中央公園にはほとんど人通りがないんですね。さらに平和公園にしろ広島城公園にしろ、夜になると全くと言っていいほど人通りがありません。これは私が実際に見て確認したことです。

広島市内には緑で覆われた平和大通りがあり、また6本の川がありますが川の両岸は全て緑地化されています。他の政令指定都市と比較しても広島市は緑化率が高いという資料もあります。

仮に球場跡地をイベント用の緑地広場にすると、今度は中央公園が無用の長物になります。要するに

球場跡地の緑地公園化⇒広島市内に空地を増やす

ことでしかないのです。残念ながら、前市長時代の広島市役所内の審議会にしろ、あるいは民間主催のシンポジウムで出てくる公園案にしろ、こういう具体的な事実に基づいて話をしてないんですね。

何故、サッカー場が必要かといえば、広島市中心部ににぎわいを取り戻し、広島のいろんな問題を解決するために、最も効果的だというのは、何度も言いました。

現在、広島市役所では球場跡地検討委員会が開かれていますが、広島に何が必要であり何が可能なのか、何より重要なことは市民が何を必要としているのか、客観的事実に基づいて建設的な議論をされるよう、委員の皆さんには強く望みます。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
スポンサーサイト

テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

「WBC不参加でも日本野球は孤立せず」及び「マスコミは真意を説明せよ」

第3回WBC(ワールドベースボールクラシック)参加問題に揺れる日本野球界ですが、マスコミ報道からは決まって

①このままでは日本は世界の野球から孤立する
②日本の野球人気低下につながる


という恐怖アピールがなされます。いずれも誤りです。

先ず①について言いますと、そもそも世界の野球界は国ごと地域ごとにバラバラなのです。これがサッカーはじめ他のスポーツとは違う点です。

サッカーだと頂点にFIFAがあり下に各大陸ごとのサッカー連盟があります。そして日本サッカー協会があり、その下にJリーグやなでしこリーグがあり、各都道府県別サッカー協会が存在します。

しかし野球界というのは日本国内ですらプロ野球とアマチュア野球は別々の組織です。プロ野球にしてもセ・リーグとパ・リーグに分かれていますしアマチュア野球も学生野球と社会人野球に分かれています。

要するに世界の野球界及び各大陸ごとの野球界を統括する組織は存在しません。「WBCに参加しないと日本は世界の野球から孤立する」と恐怖キャンペーンを行なうマスコミ人は、野球の実態を理解していないかMLB=世界の野球だと錯覚しているだけのことです。

次に②の問題について述べましょう。確かに次回の大会を日本がボイコットしたら一時的には、日本国内の野球人気低下につながることでしょう。

しかしながら、現在のWBCが本当に日本を始め世界の野球人気向上につながるかどうかは全く不透明です。結論から言いますと中長期的に見たら野球人気向上にはつながりません。

MLBは儲からなくなったらWBCを必ず廃止します。これは五輪での野球・ソフトボール存続問題への米国の対応を見れば明白です。米国は野球の祖国と言いながら五輪の野球参加及び競技存続には消極的且つ冷淡な態度を取り続けて来ました。

理由はMLBにとって五輪など利益にならないからです。MLBは自分たちの利益にならない組織や大会には全く興味がないということが証明されています。

言い換えればMLBは「マネー」に興味あっても「世界の野球人気向上」といった「理念」など持ちません。現在はWBCがマネー及び日本市場の開拓という「おいしい収入源」です。しかし儲からなくなったら廃止することが目に見えています。

そして幣ブログで再三、指摘して来たことですが、マスコミは選手会を悪者にしたキャンペーンを続けていますが実際のファンの反応は「不参加支持」つまり「選手会支持」が多数を占めています。

緊急アンケート 7割がWBC不参加支持(日刊スポーツ)
緊急アンケート「支持する」54%(デイリースポーツ)
「WBC不参加、納得できる」 ファンは選手会支持多く(J-CASTニュース)

もしマスコミが公正な報道に努めていたならば、選手会支持の意見はもっと上昇したはずです。このことをマスコミは重く受け止めるべきでしょう。

繰り返しになりますが世界の野球人気向上のためには公正なルールに基づく国際大会及び国際組織は必要です。しかしながら現在のWBC及びWBCI(WBC運営会社)は公正ではありません。

何故にWBCIの運営の問題点を指摘せずにMLBに追随し選手会攻撃を繰り返すのか、マスコミは野球ファンにきちんと説明するべきです。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

再度、メディアのWBC報道に物申す。

今朝になっても日本プロ野球選手会の第3回WBC(ワールドベースボールクラシック)参加問題でメディアが騒いでいます。

ここで気になるのは

世界から孤立
世界と断絶


という恐怖アピールを連発していることです。
確かに現状ではWBCに代わる世界大会は存在せず、日本野球の実力をアピールする場は存在しません。

では、現状のWBCが真に世界一を決定するための公正なルールに基づく大会と言えるのか、あるいは世界全体の野球人気向上のために機能しているのか、ちゃんと検証しているとは言えません。

WBCの実態は日本プロ野球に所属する選手の為の見本市であるということ。そして実際にWBCで盛り上がっているのは日本や韓国など一部の国だけであり、肝心の米国は全く盛り上がっていないという事実について、日本のメディアは全く触れていません。

現実には日本市場を狙うMLBと日本のマスコミの利害が一致しているからこそ、メディアは選手会の参加ボイコットを批判するのでしょう。

マスコミは選手会を批判するのであれば、今書いたような裏事情についてもきちんと報道するべきでしょう。そもそも選手会の主張は

スポンサー料がサッカーの場合と同様、直接、日本野球機構に払えるようにしろ
と言っているのであり、自分たちに金を寄こせと言っているわけではありません。この点について触れないのは明らかな偏向報道です。

勿論、野球人気向上のためには野球の国際化は必要です。日本が主導して公正なルールに基づく真の野球W杯の創設も検討する必要があるでしょう。

MLBが支配するイベントに参加することだけが「野球の国際化」「野球人気向上」ではありません。

P2012_0721_092904.jpg


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

WBC問題の本質を報道しない日本マスコミ

選手会の来年開催予定の第3回WBC(ワールドベースボールクラシック)不参加表明を知ったのは今日午後3時のNHKニュース。個人的にはカープの倉が新井の左側に座っていたのが、驚きだったが…。

案の定、夜7時のNHKニュースを始めとして、マスコミ報道は選手会の決断に批判的なものが圧倒的だった。ファンへのインタビューも不参加を批判するものばかり。

それはマスコミサイドから見れば当然で、日本不参加となれば売り上げが落ち込むから。WBC日本ラウンドの主催者は読売新聞社、テレビ放映権はテレビ朝日、本大会の放映権はTBSと言うようにマスコミ間の利益分配は既に出来ている。

マスコミ報道は非常に偏っていて、あたかも選手会が「金を寄こせ」と主張していると言わんばかりの報道に終始している。しかしこれは選手個人のポケットに入る物ではなくNPB(日本野球機構)に入る物なのである。選手会批判派にはこの点を誤解している人が多い。

WBCの本質はMLBとMLB選手会によるイベント。収入の3分の2は運営会社であるWBCIに自動的に入る仕組みになっている。これではMLBが本気で試合するわけがない。

WBCの財布は全てMLB側が握っている。つまりこれを変えない限りは、球数制限や日韓が5試合も対決するなどMLBに都合のいいルールは変更させることは出来ない。またWBCと言いながら次回もアメリカで開催することになっているが、これも永久に変わることはない。

更にWBCには日本選手の見本市という側面もある。全てはMLBの為のイベントである。

確かに日本野球の人気向上及びレベルアップのためには野球の国際化は必要。しかし今のWBCは本当に国際大会と言えるのか。

WBCの財政制度を変えないと、日本プロ野球選手会が参加しようとしまいと、いずれWBCの大会意義そのものが問われるのは間違いない。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

「球場跡地は緑地広場・文化施設に絞る」は「中国新聞」の捏造記事。

昨日12日付の「中国新聞」によりますと、旧広島市民球場跡地の利用方法を議論する「球場跡地検討委員会グループ会議」に於いて、検討案は「緑地広場」と「文化施設」の2案だけに絞られたかのような記事が載っています。

しかし、これは傍聴した人や石橋竜史・広島市議のブログによりますと、それら二案が大勢を占めた(正確に言うと何が何でもサッカー場はダメと言う人が多い)ということであり、事実ではありません。

石橋竜史ブログ
平成24年7月11日第4回旧広島市民球場跡地委員会検討グループ会議

更に言うと会議に於いても球場跡地にサッカースタジアム建設を提案する資料も提出されております。

第4回検討グループ会議に於ける岡野委員提出資料

「中国新聞」の記事は完全なる「捏造」です。

P2012_0713_032759.jpg

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。