スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何度でも「市民球場解体反対」の声を上げよう!

今日6月27日、広島市議会では非常に重要な質疑が行われました。

市民球場解体の是非と球場跡地利用に関する質疑です。

質問には長年、市民球場のサッカー場化に尽力してきた新人議員の石橋議員が立ちました。しかし、市長や広島市幹部の答弁は全く問題の本質に答えておりません。

詳しくは下のURLで解説しております。
「旧市民球場についての流れのおさらい

この問題が混迷してきた原因は、特に前広島市長時代の場当たり的な街づくりにあります。もともと市民球場はサッカー場にしようといっておいて、うやむやにしたわけです。

さらに、市民に跡地利用計画について意見を募集した結果、運動施設(具体的にはサッカー場)を望む声が一番多かったのです。

しかしながら、「維持費がかかる」などを理由にして解体強行となりました。

球場を解体した後、ここに何を作って何をするかということは、何ら決まっておりません。また、定期的に一定数以上の集客ができる施設というとスポーツ施設(サッカー場)しか現時点では見当たりません。

お金かかるといいますが、もし何もできなければ、広島市中心部はどんどん寂れます。またサッカー場への改修費は広島市試算で20億円、屋根を架けると35億円ですが、これはJRの新駅を建設するのと同じぐらいの規模です。2014年開業予定の白島新駅の建設費は57億円の予定です。

さらにビッグアーチ周辺の混雑も昔から指摘されています。あのあたりもどんどん開発が進み、いずれは駐車場確保も困難になるでしょう。さらに、ビッグアーチをサンフレッチェのホーム球場にすると、かえってコンサート開催等の障害になることが判明しています。

果たしてこのままの計画そして従来通りの手法でいいのか、広島市民及び広島のスポーツファンは改めて広島の政治と経済界とマスコミに対して異議申し立てを行うべきでしょう。


-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
スポンサーサイト

テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

カープの後半大反抗はあるのか?

24日からはセパともリーグ戦が再開します。カープはまず、地元で中日と3連戦があります。

しかしあんまり試合を見に行く気がしないんですよね。

景気のいいニュースが無い。

赤松が1軍に復帰する予定。斎藤が2軍で復帰する予定。ドラ2ルーキーの中村が1軍デビュー予定。

これぐらいですか。大型トレードとか新外国人選手とか、後半戦に大反抗するような明るい話題が見つかりませんね。

それどころか、外国人選手探しが難航しているとか、早くも言い訳づくりが聞こえてきます。

もっと希望が持てるような話題を聞きたいのですが。


-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

やっぱり福井は大物じゃ。

前日とはうって変わって、非常に引き締まった試合となりました。

やはり今日の最大のヒーローは福井です。

初回、いきなり1死1,2塁のピンチを迎えましたが、何とか切り抜けました。

そして最大のピンチは何と言っても6回表でしょう。1死1塁からつまらん守備のおかげで1,2塁に。さらに固くなって小谷野を歩かせ満塁になりました。

しかし稲葉はいい当たりながらもセンターライナーで1点どまり。これが大きかった。

大概、2級戦投手を相手に打ちまくった翌日は打てないものです。特に前日のジオと異なり、福井は強気の投球でストライク先行ですから、なおさら日本ハム打線は打ちにくかったでしょう。

今のカープは投手の方はヒーローがいます。後は打者の方です。


-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

恥ずかしい、これでもプロか?

昨日はマツダスタジアムで観戦しましたが、またもやお粗末な試合を見せられる羽目になりました。

試合前に書いた記事では永川を褒め称えましたが、こういう結果になりました。

それよりも、今のカープは本当にプロの1軍と言えるのでしょうか。パ・リーグのチームと比べて投手力・攻撃力どれをとっても差が歴然としてます。

プロとアマ、1軍と2軍ぐらいの差があります。

9-1のスコア。これが全てを物語っています。こんな試合を高い金を取って見せる今のカープ、いやプロ野球って一体何なんでしょうか。

プロ野球もJリーグみたいに球団数を増やし、例えば四国アイランドリーグや北信越BCリーグにもプロ野球加盟を認め、代わりにJ1・J2制度を導入したらどうか、そう思います(当然今のカープはJ2です)。

現状ではいくら、チーム強化を訴えても変わることはありません。

P1040253.jpg


-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

今年の永川は何故好調か?

カープは打つ方は完全に重症ですが、投手陣はそこそこやってます。

特に永川は怪我で出遅れましたが、今年はここまで防御率0点です(西武戦での負けは梵のエラーのため)。

永川に関しては前からファンの中にアンチが多く、「永川イラン」という声をよく聞きました。

しかし、私は以前から、「プレッシャーのかからない場面での登板や配置転換をすれば、それなりに抑える」と言い続けてました。

その訳は、私の友人のある証言です。その友人は広島県山県郡の新庄高校で永川と同級生でした。彼は高校時代、ブラスバンド部に所属していて、当然のように野球部の試合には球場へ応援に行ったそうです。

証言によると、永川は昔からピンチになると緊張しやすい性格だったそうです。つまりストッパー向きの性格ではないということです。

永川は山本浩二監督時代、そしてブラウン政権の初期にはベイルの前を投げるセットアッパーでした。その時は安定した成績を残してました。

問題はベイルが辞めて、ブラウンが永川をストッパーにしてからです。連日のように打たれ続けましたが、それでも頑固に使い続けました。

しかしこれは、カープに抑えが務まるような人材がいないためで、どうしようもありません。

そして今年、サファテがストッパーに定着したことで、永川は抑えのプレッシャーから解放されました。そのため、安定した成績を残してます。

永川に関してはフォームがどうとか言う人がいましたが、本当に性格上の問題です。

しかし、問題なのはカープというチームは相手に向かっていく攻撃的な選手が本当に少ないな、ということです。

まだピッチャーはマエケンがいます。福井もそうです。しかし打者は?そういう選手がいません。カープを強くするためには攻撃的な性格の選手を獲得するか育成することです。


-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

阪神阪急HD株主総会で阪神オーナーに辞任要求が出たんだって!

今年10回目の完封負け(交流戦だけで8回目)、借金8、5位転落…ひど過ぎてあんまりカープについて語る気が起きないんですが、このような記事を発見。

阪神オーナーに辞任迫る、株主から厳しい声(デイリースポーツ)


これ、プロなら普通でしょ。阪神はあれだけ客入ってあれだけ金つぎ込んであの成績ですから。逆になんで広島ではこういう声が出てこないのか。厳密には圧殺しているわけですが。

よく誤解されますが、マツダはカープのオーナー会社ではありません。あくまでスポンサーです。しかし、もし親会社であったならば、株主総会でこういう声が出るのは当然でしょう。

カープは金ないと言われてますが、これ騙されてます。本拠地が市民球場の時は球団の売り上げは年間60億円でしたが、いまは100億円です。

もともと、新球場建設運動が行われた理由は、新球場作ってカープの経営を豊かにするためでした。しかし、現状は儲かったお金がどこに消えているか分からないわけです。

このままいくと、今年は最下位になりそうな勢いですが、ファンが声を上げない限りオーナー殿は来年も性懲りもなく、「選手を育成する」と言い続けるでしょうね。現に何年もそうですから。

-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

二軍戦に赤松とシュルツ登場。

昨日11日土曜日は、珍しくマツダスタジアムでカープの2軍戦がありましたので見に行って参りました。

試合内容はボロボロでしたので、敢えて触れません。見に行ったのはお目当ての選手や1軍クラスの選手を見るためです。

カープの1番センターは赤松でした。

続きを読む

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

「繋ぐ野球」がカープを弱くする。

さて昨日は珍しくマツダスタジアムでウエスタンリーグの試合があったので見に行って参りましたが、阪神相手に9-2で惨敗しました。

同じ頃、1軍の方は千葉でロッテ相手に試合をしましたが、もう話になりません。10-1で大敗、打線は僅か5安打で9回表に1点を返すのが精一杯。唯一明るい話題らしきものは、安部がプロ初スタメンで初ヒットぐらいですか。

先週月曜日は今シーズンワースト1の試合をやらかしましたが、1週間で早くもワースト2の試合です。

カープが勝てない理由は言うまでもなく、打てないせいです。では打てるためには、どうしたらいいか。まず最初に「繋ぐ野球」をやめることです。

評論家もファンも打てないと「繋ぐ野球をしろ」といいます。新球場が出来てからカープは打てません。それで「繋ぐ野球」とみんなは盛んに言います。

実はこれがカープを弱くする元凶です。「繋ぐ野球」を捨てない限り、カープは優勝どころかAクラス入りも無理です。

要するに今のカープには「一発で試合を決めることが出来る」選手がいないだけの話です。あるいは、「繋ぐ野球」をしていたら、「自分が打って試合を決めてやろう」と選手は育ちません。

今のカープ打線は、リーダー不在、柱となる選手がいません。こういうチームは必ず厳しい状況になると負け始めます。

今のカープで「一発で試合を決められる」だけの能力を持った選手は栗原しかいません。しかし残念ながら、ほとんど力を出していません。トレーシーも岩本も期待外れです。

東出や梵は繋ぎに徹していればいい。彼らは四球を選んで塁に出たりランナーを進めることが仕事です。しかし、栗原や岩本がそれでは困る。一発で仕留めるのが仕事です。

私は今年のカープの貧打に関しては野村謙二郎支持派ですが、その理由は決して間違った選手起用をしているとはいえないからです。

今のカープには一人で試合を決められる選手がいません。そういう選手がいないチームは勝てない。したがって、栗原や岩本や松山らを育てるために我慢して起用するのは当然のことです。

また、左右に極端にこだわるにもどうかとは思いますが、これもレギュラーメンバーを固定できるだけの戦力がないからです。

昨年、野村監督はレギュラー固定化構想を打ち出しましたが、チャンスを与えられた天谷や小窪は2割そこそこの打率しか残せませんでした。

そもそも最近のプロ野球で監督采配や「繋ぐ野球」だけで打てるようになり強くなったチームなど聞いたことがありません。どこのチームもシーズン中もシーズンオフも関係なく、打者の補強をやってます。

カープが打てない原因はフロントが打線の補強をしないためです。今のカープ打線では選手層が薄く、チーム内の競争もない。これでは選手が育つわけがありません。監督采配以前の問題です。

昔のカープが強かった理由は何か。よく機動力野球と言われますが、本当の理由は山本浩二、衣笠、水谷と「一人で試合を決められる」選手が揃っていたためです。

私がカープの試合を見ていた頃は山本浩二も衣笠も40近くでしたが試合を決めるだけの気迫もパワーもありました。例えば3打席ノーヒットでも最後の1打席で一発を打って試合を決める、そんな試合が年間に何十回もありました。

今のカープに必要なのは「繋ぐ野球」などではなく、そういう選手です。


-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

李忠成選手が自身のブログで市民球場とサッカー場への思いをつづる

一度は解体(消滅)へ向かって突っ走り始めた広島市民球場。しかし、市長が変わってから何かが違う兆しが見えています。

例えば先日、チュンソンこと李忠成選手がブログでこんな発言を。

市民球場


<解体中の広島市民球場。。写真じゃわかりづらいけど、解体途中でなんだか淋しい姿…。


広島でサッカーに携わってる人ならば誰もが『ここがサッカー場になればなぁ…』と夢観てしまうほどの立地帯にある旧市民球場。

ここに二万人収容スタジアムがあれば毎試合満員の中プレーができる。。
なんて幸せなんだろう(゜o゜) ☆

色々と政治的な話があると思うけど、いつの日か平和とスポーツの街広島にもサッカー専用スタジアムができたら、、、

みんな幸せな週末の試合を迎えられるんだろうなぁ。。。 >



「市民球場を残してほしい」「市民球場サッカー場にしよう」という声は、いろんなところから、ありました。しかし、行政や財界、マスコミなどをはばかって、選手個人や広島スポーツ界からストレートに、声が上がることはありませんでした。

選手個人から声が上がったというのも画期的なことではありますが、元々、広島の人間ではないチュンソン選手から、声が上がったというのが素晴らしいことであります。

これをきっかけに、サンフレッチェ選手会やクラブ、サポーターから強い声が上がれば、と期待してます。

さらに、広島市内部からこのような驚くべき発言もあります。広島市の広報誌からの発言です。

ひろめーる第197号


やっぱり何かが変わり始めているのは間違いありません。


-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

やっぱり一発ですよ、一発。

カープはやっと、10連敗の長い長いトンネルを脱出しました。

この間、本当に長かったですね。いつになったら勝つのか、気の遠くなるような長い連敗でした。

しかしこれで借金5に戻し、4位維持。3位巨人とも0・5ゲーム差です。

さて今日の試合、10連敗中で打線が低調という中で、相手は西武のエース、涌井でした。この連敗が始まった時の主です。

なので普通なら勝てるとは思えません。しかし5点も取りました。しかも打ったのが打率2割そこそこの石原ですから、面白いもんです。

しかし今日の最大のヒーロー7回1失点で抑えたバリントンではなく松山でした。

プロ入り4年目にしての一発、実に感慨深いものがありました。

本人もヒーローインタビューでこみ上げるものがあったようです。

西武のエース涌井から打ったというのがデカイですよ。

やっぱり一発の威力というのは大きい。繋ぐ野球も大事ですがやっぱりホームランです。

これで廣瀬が復帰するまで持ちこたえて、新外国人選手が活躍すれば…まだ行けます。


-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

今から何とかすればカープは必ず強くなる。

やはりというか、カープが新外国人選手を探しているというニュースは、あちこちで出回っていますね。

チームがボロボロになる前に、1日も早く獲得してもらいたい。

長打力のあるバッターを2人獲れば、カープは間違いないくAクラス入り出来ます。

勝てない原因は貧打にあり、打てない原因は長打力のあるバッターが全くいないことにあります。

カープが中々強くなれない原因は、時代の流れから遅れているためです。

今のプロ野球は、フロントがチーム設計をして、選手を獲得して戦力を整備して、それを監督に与えるというシステムになっています。昔のように監督の采配や手腕が占める比重は低下しています。

カープのやり方は、残念ながら監督の手腕や選手の練習量だけに頼るといった、昔ながらのやり方が抜けてないように思えます。

今のカープの戦力、特に打撃陣は誰が監督やっても同じです。カープの貧打はここ数年間の慢性的なもので、監督の采配以前の問題です。

勿論、カープも徐々に変わりつつはありますが、それにしても変化のスピードがあまりにも遅すぎる。ヤクルトが時速100キロとするならば、カープは時速30キロぐらいではないでしょうか。

しかし愚痴るばかりでは駄目で、今すぐ変わってもらうしかない。今すぐ変えれば、今からでも逆襲は可能です。


-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

ひどい、とにかくひどい、あまりにひど過ぎるカープの惨状

今日こそは連敗ストップすると意気込んで球場に行って参りました。

先発予想は、ここまで好調の福井。今日こそは勝つぞ、と期待して見に行ったのものの、結果は17-2というトンデモナイ試合に終わりました。

これで10連敗です(それでも借金6で4位というのが不思議です)。

ずっと下にいたはずの横浜が忍び寄ってきます。

それにしても…あまりにヒドイ。論評のしようがありません。選手がどうの、采配がどうのという以前の問題です。

残念ながらこの辺が、カープというチームの弱点でしょう。若い選手が多いため勝つ時はいいが、負け始めるとあまりにも脆過ぎる。

強心臓と言われる、さすがの福井もプレッシャーに負けたんでしょう。相手はパ・リーグ最強のソフトバンク打線です。

そして投打ともに、チームリーダーというか柱がいないというのも弱点です。

この期に及んでも松田オーナーは

金をかけないで選手を育てる

というのでしょうか。そろそろ、現実に気がつかないといけないでしょう。

ファンはもっと楽しく野球を見たい、願いはそれだけです。

現状を打開するには、新戦力の獲得しか手が無いわけですが、新外国人の獲得とかトレードとか、楽しみなニュースを提供して欲しいものです。

怒りを込めてこのような動画を載せました。↓

続きを読む

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

今だからこそ敢えて野村謙二郎支持

昨日もカープは1-0で負けてついに9連敗となりました。見たこともないような貧打です(1-0の負けが5試合もあるというのは異常過ぎる)。

ファン中からは既に野村謙二郎解任論が飛び出てます。

しかしこの貧打は果たして監督のせいでしょうか。この打撃陣では誰が監督やっても同じです。

私も去年は多くのファンと同様に野村謙二郎否定派でしたが、今年は敢えて支持します。

そもそも、この貧打はここ数年来、特に新球場がオープンしてからの慢性的なものです。

それに対してフロントはバッターの補強をろくにやってません。元々打てないというのは分かっていたことです。

昨年オフも、横浜からFA宣言した内川を獲得しようとして失敗しましたが、それに代わる打者の補強はありませんでした。オープン戦を見てもあんまり打てそうな感じはしませんでした。案の定、こういう事態になりました。

監督の采配とは無関係にいい打者さえ獲得すれば貧打は解消できます。その証拠に、新球場元年の2年前、カープは春先から1試合平均の得点が2点という深刻な貧打に見舞われました。

しかし、シーズン入りしてからマクレーン、フィリップスを獲得したところ、何とか打てるようにはなりました。

要するに打てる打てないは監督の采配ではなく、戦力の問題です。特にカープみたいにFAによる大型補強が不可能なチームはなおさら、外国人選手の働きが重要になります。

監督の首を挿げ替えても何にもなりません。評論家や多くのファンはブラウン監督時代、貧打の理由を監督による練習制限のせいだと言いました(私もその一人ですが)。

で、野村謙二郎に監督が交代して練習量を増やしましたが、貧打は全く変わってません。貧打は監督の采配ではなくチーム編成の問題です。

どうもカープというチームは補強を嫌いますね。三村敏之監督時代、打線は12球団1でしたが、反面、投手陣はリーグ最弱。なのにろくに投手陣の補強をしませんでした。結果として、シーズン前半は打線が打ちまくって突っ走るが、夏場になると投手陣が崩壊して失速するというパターンを繰り返します。

反対にブラウン監督時代は投高打低でしたが、今度はろくにバッターの補強をしませんでした。今になってその反動が出てます。

これもカープのフロントのおかしな点ですが、チームがボロボロになる直前に補強すればいいものを、ボロボロになってから言い訳みたいに値段の安い外国人選手を補強したりします。

4年前、交流戦で5勝18敗とチーム崩壊したことがありましたが、この時もリーグ戦が再開してからアレックスを獲得してます。

新球場元年でも、シーズン最初からマクレーン、フィリップスの2人を獲得していればAクラス入り出来たでしょう。

選手を使うのは監督の仕事ですが、選手の獲得はフロントの仕事です。今のカープは長打力のある選手ゼロ、クリーンアップを打てる選手もゼロです。

現代野球はチームの戦力によってほぼ順位が決まってしまいます。野村克也監督ですら、阪神監督時代は3年連続最下位、楽天監督時代も4年間で一度も優勝できず、Aクラスは1度だけでした。

もはや監督の采配や手腕だけでチームが勝つ時代ではありません。そういうところをファンも分かるべきではないでしょうか。

ちなみに9連敗したと言ってもまだ借金5で4位で41試合しか消化してません。しかも長打力のあるバッターが全然揃っていない。これで監督解任とはいくらなんでも気が早過ぎるでしょう。

今のカープの戦力、特に攻撃陣では死力を尽くしても勝率5割がやっとではないでしょうか。

無論、優勝あるいはAクラスを狙えるだけの戦力を与えてBクラスに終わるようなら、その時は野村謙二郎解任も止む無しだと思います。

個人的には今のうちに他球団で余っているホームランバッター、例えば西武のGG佐藤であるとかソフトバンクのオーティズであるとかを獲得したらどうかと思います。チームがボロボロになってから獲得するのは勘弁してもらいたい。


-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

ついにカープ8連敗…マエケンとT-岡田、対決動画

昨日はマツダスタジアムで現地観戦しました。
前日にようやく得点して、やっと上昇の兆しが見えたかと思いきや、やっぱり打線の低調は相変わらずでした。

1安打で幸先2点良く先制したものの、その直後にマエケンが打たれてアッサリ逆転。その後、打線はチャンスは作れど点は入らずという、相変わらずのパターンの繰り返しです。

マエケンの突然の乱調ですが、どうも打った際に手がしびれたらしいです。3回表以外は抑えただけに心配ないと思いますが…。

何度も言った通り、根本的な原因は打力不足です。昨年は盗塁数こそリーグトップながら、チーム打率、得点数は4位、ホームラン数は最下位でした。しかも7月に4試合連続完封負けを食らうなど年間で実に14試合も完封されています。

打てないのが目に見えているのに、打線の補強は新外国人のトレーシー、ただ一人です。オープン戦でも打てないケースが目に付きました。

こんな状態でもオーナーは中国新聞のインタビューで「打てるばかりの選手を集めても面白くない」とまで言ってました。トップがこんなことでは打てないのも当然でしょう。

状況を打開する方法は新外国人の獲得や緊急トレードしかありません。もしそれが出来ないのであれば、若手を我慢して使うしかありません。

今年の野村監督とは、昨年までとは違い、結構ファームから選手を頻繁に上げては即起用したりしてます。我慢して若手選手を起用することも必要ではないでしょうか。

気を取り直して昨日のマエケンと「浪速のゴジラ」ことT-岡田の対決動画でもご覧ください。

続きを読む

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

重ねて広島市中心部へのサッカー場建設の必要性を訴える

今朝の中国新聞にこんな記事が載っておりました。


20110604 001


シーズン当初から8月13日の名古屋グランパス戦は主催者と調整中と書かれてましたが、最終的には広島スタジアムで仮設スタンドを設置して開催という方向になりました。

市民球場解体論やサッカー場反対論の大きな論拠は

ビッグアーチはどうするのか?

というものでしたが現実に、ビッグアーチが使えない、という事態が発生し得ることが明らかになりました。

そしてよくある誤解ですが、そもそも市民球場をサッカー場にしようと言いだしたのは、秋葉忠利・前広島市長です。

元より、広島ビッグアーチは、問題が大きいことから、広島市中心部にサッカー場を作ろうという動きがありました。それで2003年の市長選挙で、秋葉市長はサッカースタジアム建設を公約に掲げ、当選後は、官民一体のサッカースタジアム推進プロジェクトを発足させました。

そしてそこで出た結論は、市民球場改修が一番よい、ということでした。他の場所だとアクセスが悪い、立地条件が悪い、土地購入代が掛かる、何より新規スタジアム建設は100億円以上かかる、という点で市民球場改修案が最有力になりました。

本来なら貨物ヤード跡地に球場が移転した後は、市民球場はサッカー場になるはずでした。

しかし、この話はうやむやになり、今日に至るまで迷走を続けております。

そして建設費の問題。広島市の試算では改修には20億円、屋根をかけた場合には35億円としております。

財源ですが、あるんです。以前にも書きましたが広島市民球場保存基金というのがあります。これが10億円です。

次に広島市は2020年のオリンピック立候補を断念しました。広島市の招致活動の負担は25億円としておりました。

それから広島市西飛行場も廃港が決定しました。年間の維持は毎年5億円以上です。

そして折り鶴ホール建設と折り鶴永久保存も辞めることになりました。

何より、市民球場跡地には商工会議所ビルを移転することになっていましたが、その建設費用の一部は広島市が補助金として出すことになっていました。

要するに財源は用意してあります。

そして現段階では、市民球場とカープの試合に代わる集客施設と賑わいの方法は見つかっていません。確実に集客が出来るのはサッカー場だけです。

サッカー場建設及び市民球場のサッカー場化について本格的に検討すべきでしょう。


-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : サンフレッチェ広島
ジャンル : スポーツ

7連敗でも連続無失点記録ストップで何故か一安心

今日もカープは6-3で負けて7連敗になってしまいました。

しかし連続無失点記録はセ・リーグワーストの50イニングまで伸びたものの、記録はストップして、最終回にも1点返しました。

正直言いますと、私は3試合連続で1-0で負けるような展開でも腹は立ちませんでした。

この戦力では誰が監督やっても、似たような結果になるでしょう。

昨年は栗原の15本塁打がチーム最多という迫力ない打線にも関らず、大した打者の戦力補強をしてないし、オープン戦でもあんまり打てそうな気配がしませんでしたから、ある意味当然の結果かなあと。

これでもまだ借金は3に過ぎません。

明日は3塁側指定席で観戦予定ですが、点が取れることが分かったのでちょっとホッとしてます。

それより、二軍では河内が少しづつ、復帰登板を続けております。何とか今年中には1軍に間に合って欲しいものです。

-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。