スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンフレッチェ赤字経営の根本的な原因はビッグアーチ使用にあり

先日28日の中国新聞に「サンフレ赤字転落 10年度 スポンサー収入減」という記事が出てました。


20110428 001


記事によると2010年度は2億6500万円の赤字。スポンサー収入が1億2300万円、移籍金収入が6500万円減少したことが響いた、とのことです。

しかし、原因は果たしてスポンサー収入の減少だけでしょうか。根本的な原因はやはり、広島ビッグアーチの使用、もっと言えば使用せざるを得ない点にあります。

スポンサー収入が減っているということですが、サンフレッチェは営業努力はかなりしています。最近は、広島の街のあちこちに紫の幟を見るようになりました。少なくともカープよりは営業努力はしています。

根本的な原因はやはりビッグアーチ。ビッグアーチではどうやっても観客が伸びない。繰り返しになりますが、市内から遠いしバスやアストラムの料金も高過ぎる。そして試合帰りは行列する。あれでは家族連れや高齢者は不便です。

私も2年前に見に行った際に、雨の中を20分以上、シャトルバスを待たされた経験があります。

そしてビッグアーチは雨が降ると極端に観客が減ります。屋根が無いためです。屋根をつけようにもビッグアーチに屋根をつけたら100億円以上かかる。まず無理です。

平日は観客が1万人超えることがありませんが、昨年7月には雨の日に6000人ということもありました。ここまで少ないと試合をやるだけで経費が掛かって赤字になる危険性もあります。

実際、入場料収入はほとんど伸びていません。そしてこの記事には書いていませんが、シャトルバスの運行経費も赤字の原因の一つです。

さらに試合後はビッグアーチ周辺が交通渋滞するという問題もあります。

根本的な原因解決にはサッカー場を広島市中心部、それも市民球場跡地に移転するしかありません。現実問題として広島市中心部にスタジアムを建設するとしたら、市民球場跡地以外に用地が存在しません。過去50年以上、プロスポーツの興業が行われたという実績がありますし、交通機関など周辺のインフラも整備されています。また、現在は球場は解体途中ですが、既存の施設を活用すれば建設費は安く抑えることが出来ます。

新型スタジアムを建設すると80億円以上かかりますが、市民球場改修なら30億円程度で済みます。参考までに言うと、平和公園内の原爆資料館の補強改修工事に入る予定ですが46億円、2014年開業予定のJRアストラム乗り換えの白島新駅は57億円だそうです。また、JRの新駅を新規に建設すると20億から30億円程度掛かります。

これを考えると30億円という数字はそんなに巨額ではありません。ビッグアーチ試合前後の交通渋滞という問題を解決して、広島市内に経済効果をもたらすというメリットもあります。

ビッグアーチは本来、アジア大会のメイン会場として作った巨大陸上競技場です。サッカー場ではありません。それをJリーグの本拠地とすることに無理があります。広過ぎてサッカー観戦に向いてないという問題もありますが、1チームが独占することで他の競技や大型イベントに使えないという問題があります。

Jリーグの規定で試合会場は座席だけで1万5000人以上でないといけない、と決まっているため定員1万3500人の広島スタジアムは使えません。サンフレがビッグアーチを使わせてくれと言ったわけではなく、仕方なく使っているに過ぎません。

サンフレのスポンサー収入が伸びない原因の一つはいくらビッグアーチで試合をしても広島市中心部は儲からないからです。しかし市民球場で試合をすれば儲かります。だからスポンサー収入は伸びるはずです。

ここで問題はサッカー場を作ると言っても、どういうスタジアムを作るかということです。あそこは国有地で都市公園法の制約などがあり、巨大スタジアムは無理です。

またサッカー場を作ったら、他の施設を作れないわけではありません。スタンドを縮小したり改修すればスタジアム内外に他の施設も作れます。つまりサッカー場を建設した場合でもいろんな施設を詰め込むことが可能だし、その必要があります。

市民球場跡地問題については、一番要望が多かったのはスポーツ施設、それもサッカー場でしたが、それ以外に「子供が遊べる公園が欲しい」「イベント広場が欲しい」「音楽ホールが欲しい」「博物館や美術館などが欲しい」という要望もいろいろありました。

サッカー場内外にそれらを詰め込むことは可能で実際にそういう提案は市民団体から市議会に出されました。

ALL FOR HIROSHIMAの提案

つまりサッカー場を作ったとしてもサッカーファン、スポーツファンだけでなくそれ以外の人も楽しめる場所づくりは出来るし、試合が無くとも1年間365日フル稼働させることは可能なのです。

この点は大事な点です。この問題になるとどうしても「球場か広場か」という対立になりますが、2者択一ではなく両立させることは可能なのです。

-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ
スポンサーサイト

テーマ : サンフレッチェ広島
ジャンル : スポーツ

祝!阪神戦2連勝

阪神3連戦は27日水曜日の試合が雨天中止となったため、2試合になりましたが、幸運にも2連勝しました。

ヤクルト戦では5点差を追いつかれたり、終盤で逆転されて連敗するなどイヤーな雰囲気だったので、この連勝は非常にいい感じですね。

まずは26日火曜の試合。

一度はマエケンが新井(兄)の逆転2ランを浴びてリードを許しましたが、7回に再逆転。3-3の同点に追いつくと、廣瀬が能見から決勝3ランを放ちました。

見たところ打った球は高めのボール気味の球ではないでしょうか。しかも天敵能見から打ったのは非常に勝ちある一発です。

実は4年前の今頃の時期、旧市民球場時代の阪神戦、廣瀬はやはり能見からセンターバックスクリーンへ満塁ホームランを打ったことがあります。その試合は内野2階席1塁側から現地観戦してました。

やはり相性との良さというのはあるんですね。前にも書いた通り、つなぐ野球もいいですが、やはり長打力というのは必要です。一発の威力はデカイです。

そして、今年のカープは結構点を取ってます。14試合消化して(28日現在)得点はヤクルトに次ぐ56点を取ってますが、廣瀬の3番定着というのが大きいです。

今までのカープは3番打者不在に泣いてきました。いくら機動力野球や繋ぐ野球を掲げてもランナーを返せる打者がいなければ話になりません。1・2・3番が固定できるようになったというのも大きいです。

廣瀬はここまで15打点で横浜のスレッジと並んでトップですが、もしかしたら今年は大ブレークしてタイトルも獲れるかもしれませんね。

それにしてもマエケンは相変わらず強運の持ち主ですね。この日も打線が逆転して勝利投手となり2勝目を挙げました。去年前半戦の酷使のせいか、球威がイマイチで打たれるケースが多いですが、それでも3点で抑えるわけですからさすがエースです。

そして28日は篠田が好投して7回1失点で今季2勝目。ここでも阪神戦での相性の良さを見せつけました。

篠田の阪神戦での勝利も2回見たことがあります。1回は旧市民球場時代の2008年9月、2回目は2009年4月です。

1回表はいきなり1死1、3塁のピンチで打者が好調の新井(兄)でしたが、併殺打で討ち取るとその後はスイスイと抑えました。これも相性の良さですかね。

サウスポーで言うと昔、現在は巨人の投手コーチである川口和久が阪神キラーと鳴らしたことがあります。強い時代のカープにはサウスポーのエースがいただけに、篠田が独り立ちすれば、カープ投手陣はかなりのレベルになるのではないでしょうか。

-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

最後に出たカープとスワローズの長打力の差

今日の試合は現地観戦しましたが、終わってみればスコアは8-3という一方的なヘボ試合。

途中までは緊迫した接戦で一度は逆転しただけに、何とも疲労感だけが残る試合となりました。

7回表、カープが1点リードした場面で青木が、2アウトまで取りながら畠山に逆転2ランを浴びました。

ここまで無失点だった青木が一発を打たれたことで全てが崩壊したように、出るピッチャー出るピッチャー、みんな打たれて討ち死にしました。

気がつくと終盤の7・8・9回はきれいに2点づつ取られました。

こうなった原因は何でしょうか。広島とヤクルトの打力、特にクリーンアップの長打力の差です。

ここまでカープのチーム本塁打数は12試合で僅か4本、内訳は丸2本、廣瀬と梵が1本づつです。

一方、スワローズは今日のホームランで畠山一人で5本でカープのチームホームラン数を超えています。

やはり一発の力が相手投手に与える恐怖感はかなりのものです。実際、カープのどの投手も畠山、バレンティンが出るとボールが先行しました。

一方カープの主軸ですが、トレーシー、栗原、岩本、3人揃ってホームランゼロです。

6回裏には集中打で一度は逆転しました。しかし、その後のひと押しが無かったことが響きました。逆転してなおも1死2・3塁の場面で岩本はセカンドゴロに倒れました。

さらにいうとそれ以外の場面ではこの3人はサッパリでした。それだけ相手に対する威圧感が無いということです。

2回裏に岩本が右中間へ大きな飛球を打ちましたが、最後はフェンス前で取られてしまいました。さらに石原もレフトへ大きな飛球を打ちあげましたが、これもフェンス前失速しました。

この日は、上空はバッターの追い風だっただけに、入るかと思いましたが、ああいうところに今のカープ打線の限界を感じてしまいます。

ホームランというのは中々出るものではないですが、早く中軸の3人に一発が出るようにならないと、今後もカープは厳しいでしょう。一発が出るのを祈るばかりです。

-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

2011年4月17日、福井優也プロ初登板初先発の動画

先週17日、ドラフト1位黄金ルーキー福井優也のプロ初登板を見ました。その時撮影した動画です。


・試合前のスタメン発表

・坂本へのプロ第1球

・小笠原への投球

・ラミレス三振

・ゴンザレス暴投(打者:福井)

・梵、勝ち越し2ランホームラン

・カープ勝利の瞬間(福井プロ初勝利)



おそらく今日24日も間違いなく福井が先発するでしょう。今日も観戦の予定ですが、どんなピッチングをするか楽しみです。

-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

シーズン終盤のために目先の1試合を捨てた今日の試合

今日の試合は一時は5点差リードしながら最後は追いつかれて引き分けに終わりました。

やはりこれが好調なチームとの戦いというものでしょう。リリーフ陣が踏ん張っただけに残念ではありますが、そう簡単には勝たせてくれません。

それより今日は中田廉のために敢えて1試合捨てたと言える試合でした。

5回表、中田は完全にバテてました。6-3か6-4の時点で交替させていれば、恐らくそのままカープは逃げ切ったでしょう。しかし、ベンチはそうはせず続投させました。

目先の1勝だけにこだわるのであれば、交替でもいい。しかし、1年間を見据えて戦うのであれば我慢して先発投手を育てないといけない。そういう意味で今日は中田一人のために試合を捨てた試合でした。

やはり打線の主軸に長打が出ないと勝てないでしょう。4-6番が11試合を消化して未だ、ホームラン0本、打率は2割台前半でもこれだけ打つんですから、去年までに比べたら一歩づつ打力は向上していると言えます。

あとは主軸に長打が出るのを待つだけです。

-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

松井一実広島市長は市民球場解体を見直す方針

さて今月10日には注目の広島市長選挙が行われました。

個人的に支持していた大原邦夫氏は残念ながら3位に終わり、自民・公明の支持を得た松井一実氏が当選しました。

早速、公務を開始しています。

さて、市民球場の問題ですが、跡地利用計画については緑地広場化の予算も削除になり白紙に戻して、検討委員会を作って、1年半から2年かけて議論をして

若者を中心とした賑わいの場を作る

と言ってます。そして検討委員会の構成メンバーについては、先週RCCで放送の「広島Eタウン」に出た際、

辛口の人、甘口の人、夢を語る人、若者から年の人までいろんな人で構成する

と発言しました。

ところで松井市長は「解体予算は成立しているので解体工事は続行する」と発言していました。これが報じられるや、私も含め、多くの人がツイッター等で

解体するぐらいなら予算をもっと有効に使え

と叫び始めました。すると先日14日の就任後最初の記者会見で球場解体を見直す趣旨の発言をされました。

(引用開始)
記者 球場の方は解体するということなんですけども、今、解体計画を見ますとですね、ライトスタンドの一部を置いておく、保存するという形で置いていく形になるんですが、にぎわいづくり研究会という、跡地でのイベント等を考える研究会がありまして、市が主催した。ここでは、この右翼席はむしろイベント等の邪魔になるから、ない方がいいという逆の結論が出てるんですが、いずれ解体するにしましても、どこをどう解体して、どこをどう残すかという、また違う議論になるかと思うんですが、いかがでしょうか。

市長 ありえますね。それはちゃんとやっぱり議論してもらいたいですよ。一回壊したら、作れんけえね。今んとこで残す分の状況にしといて、もう一遍どうするかをね、今言った検討の場でやってもらいたいと思います。正にそこを議論してもらいたいと思いますよ。

記者 すいません。もう一つ。解体するのは、今すぐというわけじゃなくて、その議論を含めた上で、全部取っ払って、(平成)25年の菓子博に挑むとこういう形になるんですか。

市長 いや、今できてる予算がですよ、全部取っ払うための予算なのか、一部残す予算なのか、見にゃあいかんのです。その予算によると思うんです。多分、一部は残しといて良いという予算であれば、その状況にしておきたいと思うんですよ。新たな展開はもう一遍、議論するということにしたいんですけどね。それで菓子博はできると思うんですけどね。
(引用終了)


要するに「球場のうち、どこを残してどこを解体するかは、これから検討して決めますよ」ということです。

どういうことかというと、広島市民や広島のスポーツファンが声を上げれば、市長だって考え変わりますよ、ということです。

さらにこういう運動も始まっております。皆さんもご協力お願いします。

最後のお願い(広島市民球場フォーラム)

"ミニ住民投票"が始まります(広島市民球場の歴史と未来を守る会)

-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島
ジャンル : 地域情報

驚いたカープ6連勝で単独首位。

これは現実です。

まだ4月で9試合消化時点とはいえ6勝2敗1分けでカープ単独首位です。

この時期に単独首位なんて一体、何年ぶりでしょうか。

私が学生の時以来の気がします。

好調の要因について。

まあ、いくらなんでも去年のような投壊はないだろうと思ってました。

しかし、ピッチャー出来過ぎですね。

今のところ先発投手がKOされたのは開幕戦のマエケンだけです。

青木高広…これは追々書いていきますが、無失点とは出来過ぎです。

もちろん、先発投手の頑張りとか打線の繋がりがいいとか、いろんな要因はありますが、外国人選手の活躍が大きいと思います。

やはり優勝狙うには外国人選手の活躍は必要不可欠ですが、去年は助っ人がほぼ全滅でした。

しかし、今年はここまでほぼ全員が期待通りの活躍してます。特にバリントンとサファテです。シュルツも戻ってきました。トレーシーはまだまだでしょうが。

前半戦は5割狙いでいい、ぐらいに見てましたが、こうなったら勝てる時に勝って貯金を稼いでもらいましょう。

他球団のファンから強過ぎて面白くない、負けろ、と言われるのが楽しみになってきました。まだ気が早いかな?

-----------------------------------------------------------

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。