スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい加減に悲しくなった巨人戦3連敗と今日のサンデースポーツ

上昇ムードだった先週と違って今週のカープは完全に沈黙、いや沈没でした。
5試合で1勝4敗、しかも巨人には3連敗でこれで今シーズンは6戦全敗です。

試合内容は6試合とも似たような試合のVTRです。途中までは接戦でいい試合をしているように見えますが、最後は惨敗という毎度お馴染みのパターン。惜しいように見えても実際は完敗です。

この3試合はカープは10得点で2本塁打に対し、巨人は25得点の8本塁打、もう見る前から戦力差が歴然としているようで、見れば見るほど悲しくなりました。

何しろカープはヒットをつないで1点取るのがやっとなのに、巨人は簡単に一発で取り返してしまう。こんな場面の繰り返しです。インターネット上では土曜日の試合の継投を批判する書き込みが多いですが(8回裏に建さんを続投させたこと)、その前にこんな戦力差では投手陣もプレッシャーが強くなるばかりでしょう。

なんでこうなるのか。カープ打線は過去2年間、20本塁打以上打った選手は栗原だけです。一方巨人は20本以上打てる選手は何人もいる。カープは巨人や阪神と違って何億も出して他球団の大砲を取ることは出来ない。外国人選手に頼るしかない。しかし、それもこの2年ぐらいは成功した選手が出ません。

分かっていますが、何とかならないでしょうか。栗原しか長打力のある選手がいない、この状況を早急に打開しないと今年も優勝どころか最下位を防ぐのがやっとでしょう。トレードなり外国人選手の補強なり、ともかくなりふり構わずやってもらうしかありません。

話は変わって今日のNHKの「サンデースポーツ」には阪神の元カープ4番コンビが出ていました。見るたびに腹が立つのですが、この2人は一体誰の苦労のおかげでいい思いをしているんでしょうかね。それはまあ、本音はカープのOBとして選手生活を終えるよりも阪神OBの方が得するでしょう。

しかし、それを知れば知るほど腹が立ちますね。こういうのを見るたびに今のカープが置かれている悲しい現状を嫌というほど思い知らされます。もっと球団も選手も、そしてファンもこの悲しい現状に腹を立てましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

やっと形になってきた先週のカープ

先週のカープは地元6連戦で5勝1敗。ようやく、地元初勝利をサヨナラ勝ちで飾ったと思ったら、重しが取れたように勝ち続けました。特に昨年13連敗を食らったドラゴンズ相手に3タテとはまさしく留飲を下げましたね、快感です。

ちなみに先週のデータはこうです。

・6試合 5勝1敗
・総得点数 26点(1試合平均4.3点)
・総失点  19点(1試合平均3.1点)
・本塁打数 4本
・盗塁数  14回企画して10回成功
・逆転勝利 3回



勝った要因は先発陣の踏ん張り、特に青木高の好投が大きいです。なにしろ中4日登板しましたから。唯一崩れたのは長谷川ですが、あれは相変わらずですので。

それより目立つのは攻撃陣です。久しぶりに二桁安打を記録したり17日の試合は6点差をひっくり返したりしましたが、先週のカープはよく走りましたね。計算したら10個も盗塁してました。特に17日の試合は4回盗塁してそれがほとんど点に結び付いています。出来過ぎかもしれませんが機動力野球がようやく身に付いたというか、気持ちいいです。

これは1,2,3番が好調というのも大きいですね。特に梵が好調でしたが、3番に入った末永も得点圏ではあまり打ちませんが、出塁率は高いです。

今週大活躍したのは赤松ですが、得点圏打率は何と10割です。昨年もそうでしたが赤松は本来はチャンスメーカーですが、どうもポイントゲッターという感じがします。左投手の時は5番にしたら面白いでしょう。

あと長谷川ですね。見るからにもともと先発適性がありません。今は先発投手が足りない状況だから仕方なく先発させたのですが、先発だと集中力がありません。しかしリリーフだといい投球をします。ちなみにジオや宮崎も同じようなタイプです。後半戦になると必ず投手陣に疲れが出てリリーフ投手が必要になりますから長谷川やジオはリリーフ専任にするべきでしょう。

あと永川勝は足を痛めてファーム落ちしましたが、この際、2軍でコントロールが良くなるまで徹底的に鍛えたほうがいいでしょう。

先週のウエスタンでは今井が3回無失点に抑えました。昨日は新外国人のスタルツが5回1失点の好投、ベイルも1回無失点と抑えました。ようやく投手陣は駒がそろってきました。あとは大竹だけです。外国人選手の競争も激しくなってきました。

梵は幸い、頭部には異常はないそうですが、右手に打撲ということで何試合かは休養するかもしれません。そうするとショートにはようやく打ち始めた小窪が入り、サードには栗原、ファーストには野村監督お気に入りだったヒューバーが入るでしょう。

今のチーム状態見たら、外国人打者はヒューバー1人で十分であとは投手でしょう。ヒューバーは結構、ランナーなしの場面で一発を打ったりするので、今のような使い方でいいでしょう。

クリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 広島情報へ
にほんブログ村

現行広島市民球場を「登録有形文化財」として保存しよう!(ネット署名運動中)

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

カープの選手は木村拓也を見習え

ここのところ時間がないので今週は簡単に済ませたいともいます。

先週、巨人のコーチだったキムタクこと木村拓也コーチがとうとう、亡くなりました。
プロ野球の現役コーチが、しかもグラウンド上で倒れるというのがあまりにも衝撃的でしたが、それにしてもショックです。
先週末には広島市内で通夜と葬儀も執り行われましたが、仕事の都合で行けませんでしたが、もしその場にいたら泣いてしまったでしょう。

さて、キムタクがカープにトレードでやってきたのは1995年です。この当時はまだ外野しか守れず、右打席でした打てませんでした。さらに実際に試合を見てみると、守備も打撃もとても1軍で使えるレベルとは思えませんでした、失礼ながら。

それから、内野もやりスイッチヒッターになり、2000年には初めて規定打席に到達してレギュラーになりました。相当な練習をしたんだろうと思います。

さてカープには伸び悩んでいる選手が何人かいますが、何が何でもキムタクを見習ってほしいと思います。


選手のカープですが6連戦3勝3敗と何とか持ち直したようです。見るからにジオと長谷川は先発向きではないようですね。長谷川は前から分かっていたことですが、先発になると集中力が欠けるようです。

新外国人のスタルツも入団したことだし今井も復帰に向けて動き始めました。あとは大竹だけです。なんとか先発陣が戻ってくるまで持ちこたえてもらいましょう。

クリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 広島情報へ
にほんブログ村

現行広島市民球場を「登録有形文化財」として保存しよう!(ネット署名運動中)

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

夕刊フジの舐めた記事とカープの体たらく

先週のカープについてはあまりにひどいので書くことがありません。
それより、こんな記事を発見しました。

セのキーマン広島、横浜 優勝には「取りこぼし」なくカモネギから貯金(夕刊フジ=ZAKZAK

==========================================================================================================
セ・リーグのペナントレースの行方を決めるのは、広島・野村謙二郎(43)、横浜・尾花高夫(52)の新監督コンビだ。戦力的にBクラスになるのは仕方ないが、予想以上の2弱ぶり。弱肉強食の世界に同情は無用。広島、横浜をしゃぶり尽くしたチームが栄冠を手にする。
==========================================================================================================

いくら不調とはいえ、始まってまだ8試合しか消化していないのに、よくもまあここまで選手をやファンを馬鹿にした記事を書けるもんですね。れっきとしたメディアなのにこれでは、インターネット上の落書き並みのレベルです。

もっとも、こんなことを書かれるのも、あまりのカープの酷さが原因です。シーズン終了後は書いた人間が丸坊主で謝罪するぐらいの奮闘をしないとファンは納得しません。

さて、昨日は今シーズン初めてマツダスタジアムで公式戦を観戦しました。観衆は今期最多の2万9千人と超満員でしたが、見事にファンの声援に背を向ける試合をやってくれました。

原因はいろいろあるでしょうが、あまりにも首脳陣、特に野村監督と大野コーチは自分のカラーや形にこだわり過ぎです。

投手陣はブラウン体制時代の「外角中心、ストライク先行」投球から、今年は「考える投球」に変えようとしましたが、やはりいきなり変えようとし過ぎでした。若い投手が戸惑っているようです。

あと、打順がやり玉に挙がっていますが、特にヒューバー。オープン戦時点で打てないわけですから、そもそも開幕1軍で使う時点でおかしい。昨日は初めてオーダーをいじって、嶋と末永を使いましたが、最初からファーストは嶋でもいいでしょう。

今日の広島テレビの「旬感テレビ派」を見ていたら、廣瀬にファーストの練習をさせているという話を聞きましたが、そこまでジグザグ打線にこだわる必要もないでしょう。別に5番嶋、6番フィオでもいいと思います。大体、廣瀬は急造1塁手だし1塁で使うなんてもったいないでしょう。あまりに形にこだわり過ぎです。

あと、2試合無失点の大島を2軍に落として毎試合投げれば打たれるの横山を残したのも理解不能です。横山は明らかに調整不足です。ファームで調整するのが先でしょう。このように野村監督は形にこだわり過ぎます。もっと臨機応変な選手起用を望みます。

クリックしていただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへにほんブログ村 野球ブログ プロ野球へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 広島情報へ
にほんブログ村

現行広島市民球場を「登録有形文化財」として保存しよう!(ネット署名運動中)

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

豪華すぎるカープ代打陣

今日の試合が中止になったので、結局のところ、カープは地元開幕3連戦で一つも勝てずに終わるという、さんざんな結果に終わりました。

それにしても阪神との2連戦は似たような試合を繰り返しました。先発投手陣が崩れるだけでなく、元カープの4バンコンビに打たれ続けるという、相も変わらず同じパターンを繰り返してます。

攻めて打たれるのならともかく、カープの投手陣は阪神相手の時、特にこの二人の時は、内角を厳しく突くなど、攻める姿勢が感じられません。見ていて闘争心がないのだから余計に腹が立ちます。

続きを読む

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。