スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「清貧球団カープ」の俗論を徹底検証する6~旧市民球場時代のカープは「貧乏球団」ではなかった証拠。

「カープは金を持っているのではないか?」という疑念は新球場に移転してから幣ブログのような反対体制派カープファンの間から浮上しました。幣ブログでも、カープ球団の金の流れについて深く調べ始めたわけです。

そこで浮かんだ新たな疑惑ですが、そもそもカープって旧市民球場の時、本当に貧乏だったのか、という点です。これが調べ始めると全く無根拠だったことが判明しました。旧市民球場時代の賃借対照表及び球団の報告から読み解きましょう。

カープ賃借対照表2006~2011

【数値は左から資産額、負債額、株主資本(=純資産) 自己資本比率
※カープ球団の資本金額は3億円

・平成16年度 48億円    24億円     24億円     50.0%
・平成17年度         資料なし
・平成18年度 48億2千万円  24億7千万円  23億5千万円  48.7%   
・平成19年度 46億円     22億7千万円  23億3千万円  50.6%
・平成20年度 49億7千万円  24億3千万円  25億4千万円  51.1%
・平成21年度 66億7千万円  37億6千万円  29億1千万円  43.6%
・平成22年度 56億1千万円  24億4千万円  31億7千万円  56.5%
・平成23年度 58億1千万円  24億8千万円  33億3千万円  57.3%

(出展:『官報』平成24年4月17日、平成23年4月18日、平成22年4月14日、平成21年4月14日、平成20年4月14日、平成19年4月12日、平成17年8月9日広島市議会都市活性化特別委員会より)

自己資本比率とは資産額に対する純資産の割合、平たく言えば手持ちの金がいくらあるかを示します。これが高いほど借金への依存度が低い健全経営であり財政基盤が健全であることを表します。カープは旧市民球場時代から常時、50パーセント前後でした。これがどの程度高いかと言うと資本金額が1億円~10億円の企業の平均値は26.2%ですからカープは旧市民球場時代から「超優良企業」だったことが分かります。他にも証拠があります。

20140218 001

民間情報会社による信用格付け調査によるとカープの格付け概況は常にAでした。評価コメントにも「「放映権料の減少から売上高は落ち込んでいるが、資本構成は充実、無借金経営を続けている」とあります。これを見てもカープは以前から「富裕企業」だったことが証明されています(出展:東京商工リサーチ『東商信用録 中国版』各年度版)。

カープの財政がどれだけ健全だったかというと、新球場元年の平成21年度を見てください。普段より、負債額が13億円ほど増えていますが、これは新球場の設備投資のために借金したためです(後述)。しかしこれでも球団経営にはほとんどダメージはないんですね。

一般的にカープの経営状況について伝える場合、毎年3月に「中国新聞」に発表される前年の売上高と純利益で計られます。例として21世紀以降の数字を引用してみます(左:売上高、右:純利益)。

2000年66億5880万円  9811万円
2001年63億8836万円  8848万円
2002年67億8219万円  8347万円
2003年65億4381万円  8281万円
2004年62億9606万円  6677万円
2005年61億7100万円  5100万円
2006年56億8067万円  1442万円
2007年62億0912万円  1714万円
2008年71億0044万円  2億2082万円
2009年117億1697万円  4億101万円
2010年98億4714万円  2億9602万円
2011年96億5006万円  2億313万円
2012年103億706万円  2億5221万円

これだけ見ると松田元オーナーが就任した2002年7月以降、売上高は落ちています。しかしこれだけでは現実の企業財務と経営状態は分からないのです。

では何故、「カープ=清貧球団」というイメージが先行しているのでしょうか。まずは外国人選手を除く選手年俸の総額が最近10年間、12球団中11位以下ということが大きく影響してます(出展:日本プロ野球選手会による毎年の年俸調査。4月又は5月の新聞に調査結果あり)。

そして大きいのは地元メディア、特に「中国新聞」の記事です。例えば2009年3月31日のこの記事です。

20090331 001

「2004年6月、近鉄とオリックスの球団合併は1リーグ制移行論議へと急展開した。親会社を持たず、財政基盤の弱いカープは『球団消滅』の危機にさらされた」

という記事を1面に持って来ています。「親会社がない=貧乏」という先入観(というよりイメージ戦略)で報道してますね。「貧乏球団であるカープを救うために市民が立ち上がり募金活動を始めた」という美談を無理やり作り上げていることが分かります。

又は2005年3月25日付のこの記事です。

20050325 001

上記のようにこの時期のカープ球団の売上は落ち込んでいましたが財政状況は健全そのものでした。球団発表の売上額だけを見ても何も分からないのです。逆に売上高と純利益は増えても負債額つまり借金額は増えている、ということも有りうるのです。

「カープは金がない」が嘘であることは、5年前、地元金融機関がカープ球団に対し、新球場の設備投資の資金として22億円を融資した、という事実一つを見れば簡単に見破られます。

20090328 001

(出展:「中国新聞」2009年3月28日)
リーマンショック直後の不況下のこの時期に返済能力のない企業に22億円も融資する銀行など常識的に有り得ませんよね。常識的にあり得ないウソが広島では堂々と通用するのです。

ということで「市民球場時代、カープは経営危機だった」「カープは貧乏球団」というのはマツダ一族と中国新聞によるプロパガンダの見事な成果あることが分かります。

プロ野球10球団賃借対照表

2009年度マツダスタジアム収支報告書

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

「清貧球団カープ」の俗論を徹底検証する5~球団が試合経費を大幅に水増し報告

新球場元年の2009年、カープは入場者数187万人(うちマツダスタジアムでは178万人)という球団新記録を達成。そのおかげもあって、球団の年間売上げは前年度の71億円から46億円増の117億円を記録しました。しかしながら黒字額は僅か2億円増の4億円に止まりました。

これには広島市民球場運営協議会でも委員から疑問の声が上がりました。これに対して松田元オーナーは協議会で「警備費用など試合経費が相当かかった」と説明してます。1)

では、実際の試合経費はどのくらいかかっているのでしょうか。実はこれが表に出て来ません。新球場に移転して以降、カープ球団は毎年、広島市に対して事業報告書を提出する決まりになっていますが、この度それを入手しました。
20140211 001

DSC_0220_20140221202559ccc.jpg


それによりますと球団職員人件費、警備費用、光熱費など全ての試合経費を含めた年間球場維持費は2億3千万円に過ぎませんでした。念のため、毎年の維持管理費を表記します。

・平成21年度 2億2800万円
・平成22年度 2億3500万円
・平成23年度 2億1800万円
・平成24年度 2億2900万円

しかも年度初めにはカープから広島市に対して事業計画書を提出することになっていますが、そこでは毎年、2億4600万円で計画しているんですね。ということで相当な「水増し報告」をしているとことが分かります。

補足しますと旧市民球場時代はカープは年間4~5億円の使用料だけを払い、球場維持費は広島市が負担していました。一方、新球場になってからは球場使用から維持管理費を差し引いた残額を広島市に納付する仕組みに変わっています。因みに毎年の利用料収入は以下の通りです。

・平成21年度 5億4400万円
・平成22年度 4億9200万円
・平成23年度 4億9800万円
・平成24年度 5億1000万円

一部で「新球場移転の際、設備投資をしたのでお金がかかった」という声があります。新球場移転の際、球団は22億円かけて球団が使用する施設の整備をしています。1)その資金は地元金融機関から融資を受けています。
20090328 001
(「中国新聞」2009年3月28日)

これについては松田オーナーも運営協議会で「繰り上げ返済をしている」と返答しています。毎年、カープ球団が公表している決算公告を基に各年度の賃借対照表の一部を紹介しますと、そのことが裏付けられています。1)

【数値は左から資産額(うち流動資産)、負債額、株主資本(=純資産) 自己資本比率】

・平成18年度 48億2千万円(23億7千万)     24億7千万円  23億5千万円  48.7%   
・平成19年度 46億円(23億6千万)        22億6千万円  23億3千万円  50.6%
・平成20年度 49億7千万円(25億9千万)     24億6千万円  25億4千万円  51.1%
・平成21年度 66億7千万円(34億1千万)     37億5千万円  29億1千万円  43.6%
・平成22年度 56億1千万円(26億7千万)     24億4千万円  31億7千万円  56.5%
・平成23年度 58億1千万円(29億3千万)     24億7千万円  33億3千万円  57.3%

平成21年(2009年)度は例年より負債額が増加していますのでオーナーの言うことが一応は裏付けられています。また翌22年度(2010年度)には資産額が減少してますが、その中でも流動資産(1年以内に現金化出来る資産)が34億円から26億7千万円まで減少してますので恐らく、借入金の返済に充てたものと考えられます。

しかし、負債額は毎年24億円で旧市民球場時代と変わっていません。本当に経費が増えたのであればそれはどこかに反映されているはずです。例えば商品仕入れ等が大幅増加したのであれば負債額が増加しているはずです。

更に賃借対照表からは旧広島市民球場時代からカープの経営は安定していた、ということが読み取れます。自己資本比率つまり総資産額に対する純資産の割合は以前から50パーセント前後、近年では約6割に上ってます。この数字が高れば高いほど借金に依存しない健全経営であることを意味します。日本における資本金1億~10億円の株式会社の平均値は26.2%と言いますから(カープは3億円)、カープ球団は「超優良企業」であることが証明されています。

また旧市民球場時代に比べると球団の従業員数は50人ほど増加しています。参考までに毎年の従業員数を掲げておきます。 1)

・2005年 241人
・2006年 237人
・2007年 229人
・2008年 237人
・2009年 253人
・2010年 263人
・2011年 285人
・2012年 285人

しかし、サラリーマンの給料は年間数百万程度なので50人増えても2億円程度でしかありません。設備投資のための借入金返済は説明出来ても、では残りの30億円はどうなったのか、ということは全く説明出来ません。

1) 広島市民球場運営協議会より(広島市ホームページ)

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

「清貧球団カープ」の俗論を徹底検証する4~カープ球団には金の流れを公表する法的義務がある

新球場が完成した際、広島市とカープ球団の間で「新広島市民球場の管理に関する基本協定書」という文書が交わされています。

DSC_0165.jpg


その中から主要部分だけを抜粋します(以下、「甲=広島市」「乙=広島東洋カープ」)。

第25条 乙は、毎年度甲が指定する期日までに、別と甲が定める様式により、次の各号に示す事項を記載した各年度の年度事業計画書及び収支予算書を提出し、甲の確認を受けなければならない。年度事業計画書又は収支予算書を変更しようとするときも同様とする。
(1)本業務の実施計画
(2)第三者に委託する業務内容
(3)管理施設の利用促進に係る数値目標とそれを達成するための利用促進策
(4)利用料金収入見込み及び管理経費の収支見込み
(5)アンケートの実施等による利用者ニーズの把握
(6)その他甲が支持する事項

第28条 乙は、別紙4の様式の事業報告書に収支決算書を添えて、毎年度終了後30日以内に甲に提出し、甲の承認を得なければならない。
2 乙は、甲が年度途中に於いて乙に対する管理指定者の指定を取り消した場合には、甲が指示する日までに、当該年度の開始日から指定取り消し日までの間の事業報告書及び収支決算書を提出しなければならない。
3 甲は、必要があると認めるときは、事業報告書の内容その他関連する事項について、乙に対して説明書の提出または口頭による説明を求めることが出来るものとする。

第53条 乙は、広島市議会等からの各種調査依頼について、甲からの対応の依頼があった場合には、誠実に対応するものとする。

======================================================

管理人は25条及び28条に関する文書を入手しました。これはあくまで球場の運営管理に関する文書でありカープ球団の経営実態を明らかにするものではありませんが、ともかく、球場の運営管理に関しては金の動きを報告する義務があります。

そして53条にあるように仮に広島市議会がカープ球団の経営実態解明を要求した場合には、答える法的義務があります。

また広島市議会で新球場建設を議論した際にも広島市の担当者は以下のような発言をしています。

平成17年10月4日本会議 南部盛一 都心活性化担当局長の発言
【カープ球団の経営の透明化につきましては,松田オーナーが新球場建設促進会議において,経営の透明化に努めていきたいといった発言をされております。それを踏まえた対応がなされると考えております。その中で,株式の公開といったようなこともあると思いますけれども,それは,経営の透明化や市民参画の一つの方法だとは理解してはおりますけれども,これは球団の経営にかかわることでございまして,基本的にはカープ球団において判断されることであるというように考えております。
 なお,今年度,事業計画を策定していく中で,カープ球団から将来展望についてお聞きすることにしておりまして,その中で,市民球団としての取り組みについてもお聞きをしてまいりたいというふうに考えております。】

平成18年2月21日 南部盛一 都心活性化担当局長の発言
【次に,新球場建設についてでございます。
 まず,カープ球団の将来展望等についてですが,カープ球団とは,最近では昨年12月に私がカープの取締役営業本部長と,また,昨年から今日まで数度にわたりまして山田助役が松田オーナーと,球場施設や今後の経営等の取り組み,建設費負担などについて協議しております。このほか,新球場建設担当部長と課長がカープ球団と適宜協議いたしております。
 カープ球団は,今後の経営等の取り組みについて,まず1点として,市民球団として,これまで以上に地域に密着した積極的な取り組みを行い,観客増につなげたい。今シーズンの主催試合の入場者数は130万人──昨年約105万人でございましが,130万人を目標に努力する。
 2点目は,新球場の入場者数の取り組みについては,コンペにより施設内容が具体化した段階で見込みを立てたい。
 3点目として,経営内容については,昨年の都市活性化対策特別委員会に提出した営業報告書等を毎年市に報告するといったような考え方をお持ちでございます。
 本市といたしましては,近年,カープの成績が低迷していますが,地域と一体となって各種の取り組みを進め,チーム力の強化と経営の安定化に,より積極的に取り組んでいただきたいというように考えております。】

これにあるようにカープ球団は公の場や広島市に対して「経営透明化に努める」と約束しており、経営・財務情報を開示する義務があるのは言うまでもありません。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

「清貧球団カープ」の俗論を徹底検証する3~「カープは親会社がないから金がない」の嘘

カープ球団は他球団と違い、親会社が株式を100%保有するという子会社形式ではありません。一方で「カープはマツダの子会社」という誤解もたまに存在します。

先日の記事で「カープは親会社がないから金がない」というのは俗論、もっと言えばウソであるということを証明しました。繰り返しになりますが現実には親会社を持つ他球団よりもカープは単年度で2~3億円、累積黒字でも30億円以上と多額の金が入っています。そしてこれは株主配当や役員報酬を引いた残り額です。再度掲載します。

「清貧球団カープ」の俗論を徹底検証する1~カープは累積黒字30億円の金持ち球団

さて「カープには親会社がない」という声、しばしばカープ球団が金を出さないことを正当化する論法として使われています。ここでまずはカープ球団は誰がどのような形式で保有しているのか見てみましょう。

カープ球団の株式は株式会社マツダの創業者である松田家とマツダが保有しています。その内訳は次の通りです。1)

・マツダ株式会社34.2%
・松田元20.4%
・松田弘12.2%
・松田勢津子10.1%
・株式会社カルピオ18.5%
(2005年時点での資料)

自動車メーカーであるマツダが株式の3分の1を保有してます。更にカープのユニフォームやチケットにはマツダの広告が入ってますからマツダからスポンサー料が出ています。但し詳細な金額は不明です。そしてカルピオは松田家が実質的に所有する会社です。

次に松田一族が所有又は役員を務める企業を紹介します。カープ球団には親会社はありませんが松田家の親族は球団とは別に会社を所有していたり或いは役員を務めています。

・株式会社アストロメディア広島(映像制作会社)
DSC_0177.jpg

広島エフエム放送
広島マツダ
アンフィニ広島

【松田元オーナーが取締役を務める企業】
広島テレビ放送
みずま工房
(いずれも現在はホームページから削除)

注:みずま工房はカープグッズを制作する会社

これを見れば一目瞭然ですが松田一族はカープ球団以外の収入及び財産を所有しており「カープには親会社がないから清貧球団である」とは嘘であることが分かります。

1)広島市議会本会議、平成17年9月30日、谷口修議員の質問。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

「清貧球団カープ」の俗論を徹底検証する2~「新球場で試合経費が1試合平均6千万円も増加」の真偽

先日の記事に対して、こんなクレームが来たので全文掲載します。

【つまり「累積黒字が記載10球団中トップ3なのでカープは金持ち球団だ」との主張でしょうか。
だとしたら黒字額がカープを下回っているソフトバンクやロッテ、そして赤字計上の楽天やオリックスは皆カープよりも貧乏球団だと云う事になりますが、そんな訳はありませんよね。
これらの球団の殆どは親会社の広告費、又はオーナーのポケットマネーに拠って運営されているので、極端な話(実の所そんなでも無い)赤字計上されたとしても然程痛くも痒くも無いのに対し、親会社を持たないカープの場合は黒字が絶対必須、と云うこの独立採算球団としての置かれた立場に大きな違いがあります。
30数億円と言う累計黒字額は球団経営をする上で、果してそれ程に大きな金額なのでしょうか。

例えば仮に来季カープが優勝したとします。
そうすれば当然ながらこれ迄万年Bクラスのチーム成績を理由に低く抑えられて来た選手の年棒(12球団中11位)も当然他球団並みに上げてやらなければならなくなります。
そして連覇でもしようものなら、恐らくその時点でそれ迄漸く蓄えてきた累積資金もそろそろ底が見えて来る筈です。
そうなればカープ球団は黒字維持の為、年棒抑制策を練り、逆に思う様に年棒が上がらない事に不満を持つ選手側からの移籍希望も出て、一気にチームは弱体化の道を辿るでしょうね。
これが個人商店的球団の悲哀、実情です。
12球団中位以上の選手総年棒を維持しながら毎年優勝争いをするチームであり続けることが出来て初めて健全なる球団運営と言える筈。
それが事実上不可能なカープはやはり清貧球団と言わざるを得ないと思うのですが、如何でしょうか。 】


⇒憶測じゃなく、キチンとした資料を調べてから言えよ、って話。それなら各球団の売上と経費の資料を探し出して比較してみなさい。利益剰余金とは株主配当や役員報酬を差し引いた額だということを繰り返し強調します。

「カープは親会社がないから金がない」
とはカルトファンが好んで用いる論法ですが、マツダはカープ球団の株式の34パーセントを保有してますから(平成17年9月30日広島市議会本会議より)完全に独立しているというのは厳密には間違いです。他球団と違って親会社の子会社という形態をとってないだけの話です。

じゃあ松田家はボランティアでカープ球団を保有しているのか。そんな訳がない。松田家はカープ球団以外にもアストロメディア、みずま工房、カルピオなど様々な会社を所有していたり松田オーナーなどは広島テレビの取締役も務めるなど他企業の株式を多数、保有していたり役員報酬もあります。独立採算性とか言う前に、松田家の財産や事業収入も含めて全部調べろよ、って話です。

親会社があると言ったって昨今の厳しい経済状況で、しかも株式会社かつ大企業は株主や労働組合に対する説明責任もあります。親会社があるから湯水の如く金を投入できるというのは完全なる間違いであり、無知を公言するようなものです。30億円じゃ少ないというなら、じゃあ何億円あれば十分なのか、ちゃんと証明しなさい。

大体、優勝したら金がかかるから優勝しないほうがいいとか、完全に松田元の忠実な僕ですよ。だから松田元支持の多数派カープファンはカルト信者だというんです。

以前の記事にも書きましたがFA流出選手はカープが7人に対し、西武ライオンズは13人で毎年のように選手が流出しています。しかしながらライオンズが毎年のように優勝争いに参加しているのは選手の育成能力が優れているからであって、カープもそうすればいいだけの話。カープは「育成球団」を名乗りながら実際には育成する意思も能力も欠けてます。

そもそも「優勝したら金がかかるから負けろ」とか完全なる「八百長行為」ですよ。プロ野球の冒涜。こんな輩にスポーツを語る資格なし。ハッキリ言ってプロスポーツの発展に邪魔になるだけでけがわらしい。


さてカープが新球場に移転して以来、売り上げは大幅に伸びました。例えば旧市民球場時代は年平均60億円程度だったのが移転後は平均100億円前後です。しかしながら黒字額は何故か2~3億円程度にとどまっています。1)

これについて松田元オーナーは広島市民球場運営協議会に於いて
「警備費用や試合経費増加のため」

と述べています。2)

しかしながら例の如く、漠然とした物言いだけで具体的説明はありません。この説明だと新球場移転後、1試合平均の警備費用は6千万円増加したことになります。年間売り上げが40億円増加、マツダスタジアムでの公式戦が年平均70試合前後であることを考えると、そのくらいになります。

1試合当たりの試合経費が旧球場から新球場に移転してどの程度増加したのか、警備員や球団スタッフをどの程度、増やしたのか、詳細な説明は何一つありません。

広島市議会で新球場建設問題が議論された際には、カープ球団関係者が出席してカープ球団の営業報告書を基に球団経費などを詳細に説明しています。3)
が、肝心の新球場が出来てからは、そういう説明は一切ありません。

何故、具体的説明がないのでしょうか。理由は簡単で株主配当や役員報酬など、公表出来ない名目で分配している疑いが極めて濃厚だからです。

昨年、『マツダ商店はなぜ赤字にならないのか?』が出版された直後、予想通りバッシングが起きましたが、そういう人に限って実際にカープ球団及び松田一族の金の流れについて何一つ、自分で調べ物をしてないんですね。幣ブログにクレーム付けて来た信者もそうですが、恐らく松田一族の別動隊でしょう。

最後に新球場オープンの際、広島市とカープ球団との間で

「新広島市民球場の管理に関する基本協定書」

というのが締結されています。

この協定書28条

「乙(カープ球団)は、別紙4の様式の事業報告書に収支決算書を添えて、毎年度終了後30日以内に甲(広島市)に提出し、甲の承認を得なければならない」

と記されています。まだ入手しておりませんが、広島市公文書館に行けば市民でなくても誰でも開示請求が出来ます。これを見ればカープ球団の金の流れが、かなり分かるはずです。

何度も言いますがカープ球団を擁護したり批判者に文句を言うのであれば上記の資料などをキチンと読んでから言うように強く要求します。

1)広島市民球場運営協議会(広島市)各年度資料より
2)第1回広島市民球場運営協議会会議要旨6ページ
3)平成17年8月9日広島市議会都市活性化対策特別委員会

【参考資料】
・広島市民球場運営協議会(広島市)
・平成17年8月9日広島市議会都市活性化対策特別委員会

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ

テーマ : 広島カープ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

sakochi2634

Author:sakochi2634
小学4年生だった1983年からずっとカープファンですが最近のカープは褒めると負けるので極力、褒めません。貶すとたまに勝ちます。最近はサンフレッチェやアンジュヴィオレも見てます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。